漫画書庫 み〜

<ページ内ショートカット>
○ 「美鳥の日々」
○ 「みなみけ」
○ 「源君物語」
○ 「ミリオンシャンテンさだめだ!!」



「美鳥の日々」1〜3巻

(作) 井上和郎
(刊行) 小学館
(ジャンル) 異色学園ラブコメ
(ランク) Bクラス
(付記) まずは設定の勝利か。絵は上手いとはいえないが、どこか温かみがあって、そつがなくまとまっている。女性キャラの魅力はなかなかだと思う。正直結構ツボに入った。美鳥ももちろん好きだが、実は貴子がかなり好み。この設定でどこまで話を膨らませられるか、ストックとの勝負だろう。……予想範囲内の結末だった。



「みなみけ」1〜11巻

(作) 桜場コハル
(刊行) 講談社
(ジャンル) 三姉妹の平凡な日常
(ランク) Bクラス
(付記) 「今日の5の2」でやや一世を風靡した作者が挑んだ、ゆる〜い新境地。極端な萌えやエロネタに走らず、ひたすらにまったり描写にこだわっている点は評価できる。「癒し系」とは決して呼べないが。キャラ作りは狙ってはいるが、あざとさは感じない。TVアニメから入った人も違和感はあまりないだろう(リアル顔演出はアニメの方が多い)。一番気になったのは背景の白さだが、それもきっと味なのだろう。



「源君物語」1〜4巻

(作) 稲葉みのり
(刊行) 集英社
(ジャンル) 現代光源氏プロジェクト
(ランク) Cクラス
(付記) 「美叔母×同居×恋愛指南!」というコピーで、美少女にしか見えない主人公が将来14股かける事を目標にする物語。1週間に8Pにしか進まないらしいが、そこまで行くのに一体どれほどかかるのだろうか。終盤はダイジェストになってしまわないだろうか、と不安は尽きない。どう見ても今の所美叔母ががメインヒロインだが、今後幼なじみ以外にも粒揃いのヒロイン達が現れるのだろうか。個人的に若紫ポジションのヒロインがどんな物か気になる。どの女性キャラも貞操観念が希薄なのはエロ漫画を目指しているから仕方ないのか。



「ミリオンシャンテンさだめだ!!」全4巻

(作) 片山まさゆき
(刊行) 竹書房
(ジャンル) コメディータッチ麻雀漫画
(ランク) Cクラス
(付記) ヒロインの名前は「めろん畑桃実」(超絶巨乳)!!そんなのありか!片山作品には珍しく、ツキのない主人公が報われる。メイン男性キャラの麻雀スタイルがみんなカッコ良いので、ついつい真似したくなってしまう。。意外にも女性ファンが多い漫画。



トップへ
トップへ
戻る
戻る