PC18禁 め〜

<ページ内ショートカット>
○ 「めがちゅ!−Megamisama Chuuihou−」
○ 「めぐり、ひとひら。」
○ 「めじょく〜復讐学園〜」
○ 「牝トロ痴漢線〜快楽嬢射案内〜」



「めがちゅ! −Megamisama Chuuihou−」

(ブランド) FrontWing
(ジャンル) 女神様同居恋愛コメディADV
(発売日) 2006年9月29日
(スタッフ) プロデューサー=山川竜一郎。原画&キャラデザ=空中幼彩。シナリオ=反転星、橘ぱん、鳴海瑛二、かづや。歌&BGM=U。OPムービー=RMG。
(声優) 青山ゆかり(友永朱音)、海原エレナ(氷青、横手久美子)、まきいづみ(やなせなつみ)、安玖深音(後藤麻衣)、茶風林、他。
(システム) 対応OS=Windows2000/XP。HDD容量1905MB以上。画面解像度=800×600。ディスクレスプレイにはパッチ入手の必要あり。マウスホイールテキスト読み対応。セーブタイトル記入可能。
(ランク) Cクラス
(付記) システムには快適さはない。フルスクリーンとウィンドウモードの切り換え位置すらも記憶してくれない。攻略性もほとんどなく、「キャラクターセレクト」で分岐→進行する。選択肢数も少ないが、ストーリーの長さはそこそこある。ENDを迎える度に「シークレット」のボイスドラマやシステムボイスが増える。
 アストラENDもなく、ヨルズENDには一枚絵すらない。END数は5つだけ。その1つはハーレムENDなのだが、バッドEND扱いなのが悲しい(クロトも不参加だし)。どうせならもっとエロエロなバッドENDだらけが良かった。イベントCG自体少なく、差分もわずか、ボリューム不足感は否めない。各種演出はなかなかなのだが。
 ライターが4人がかりでお約束イベントを搾り出し、パロディネタをひねり出し、何とかギリギリでバカゲーの仲間入りを果たしている。ストーリー的にはエロパロ版「ああっ女神さまっ」+「円盤皇女ワるきゅーレ」と言った感じか。スタッフがかなり被っているので「魔界天使ジブリール」関係のネタも多い、より楽しみたいならそちらもプレイしておくべき(そっちの方が出来が良いし)。シナリオはハッキリ言ってつまらないが、各シナリオとも妙に終盤盛り上がったりする



「めぐり、ひとひら。」

(ブランド) キャラメルBOX
(ジャンル) 縁結びの恋愛ADVノベル
(発売日) 2003年9月26日
(スタッフ) キャラデザ&原画=のり太。シナリオ=朱門優。OP歌=榊原ゆい、ED歌=浅海梨江。音楽=山本秀樹。
(声優) みる(青川ナガレ、壱智村小真)、芹園みや(西沢広香)、青山ゆかり(友永朱音)、木葉楓(力丸乃りこ、木葉楓、松田理沙)、鈴田美夜子(若林直美)、他。
(システム) 対応OS=Windows98/2000/Me/XP。既読スキップは高速で快適。バックログでの音声再生不可。画面解像度=640×480。ディスクレスプレイ不可。
(ランク) Aクラス
(付記) CD-ROM1枚の作品であるが、シナリオボリュームは分厚い(共通パートがやたらに長い点はマイナスだが)。プレイ時間がかなり長くなるのは覚悟しておいていただきたい。背景アニメやテキスト位置の変化など、演出面の優れた作品。選択肢は独特で数が多く、展開を自力で選択している手応えを得られる。男性ボイスをオフに出来ないのは残念。
 テキストは実に巧みで、物語に集中出来る。ストーリー的にどのキャラも本筋が共通してしまうが、しっかりとしたエンディングを見せてくれる。まさしく「名作」と呼べる作品なのだが、いまいち知名度が低いのが残念。ageの「君が望む永遠」とダブらせる感想もよく耳にするが、それは筋違いとしか思えない。完全に路線違いです。燕子花こりすというヒロインに出会えた事は至上の喜びでした。シナリオを重視する方には、廉価版も出ている事だしぜひプレイしてもらいたい。



「めじょく 〜復讐学園〜」

(ブランド) LiLiM生
(ジャンル) 学園陵辱ADV
(発売日) 2004年4月29日
(スタッフ) プロデューサー=おかぢ〜。ディレクター=三好弘二。シナリオ=硝子丸。原画=川合正起。音楽=(株)キューブ。唄=SATOMI。
(声優) 木村あやか(いのくちゆか)、みすみ(石松千恵美)、深井晴花、相模真、北都南(ひと美)、細田なな(山川琴美)。
(システム) 対応OS=Windows98/2000/Me/XP。画面解像度=640×480。マウスホイールテキスト読み対応。バックグラウンド動作可能。バックログで音声再生不可。セーブタイトル記入不可。
(ランク) Dクラス
(付記) あらすじを記すと、「女教頭と4人の女教師にいわれのない苛めを受けているダメ教師の主人公が、逆恨みして襲った女生徒に『実は先生が好きだったの!』と言われ、協力して復讐を開始する」という正気とは思えないストーリー。センスも品も欠片もないテキストで、やっていていちいち不愉快にしてくれる。ここまで頭が悪い代物にはなかなか出会えないだろう。「エ〜ン」と泣くヒロインを初めて見た。擬音をそのまま台詞として使用する手法にも閉口。こんな台本を読まされる声優さん達が正直可哀相だ。
 シナリオはほぼ一本道で、個別エンドすらない。SM、寝取られ要素(寝取らせ含む)、ホモありなので要注意。コスプレシチュエーションは豊富なので、そっち系が好きな人なら少しは評価が上がるかもしれない(多分無理だろうが)。
 CGの線が粗く、画面解像度が低いのでフルスクリーンのプレイはかなり厳しい。Hイベントは音楽がやたらうるさく、プレイに集中できない。エロSEも不快感を助長し、結果として「抜けない陵辱ゲー」と言わざるをえない。未読スキップでしばしばエラーが出るのはウチだけか?ひたすら良い所なし。



「牝トロ痴漢線 〜快楽嬢射案内〜」

(ブランド) 極フェロ
(ジャンル) 電車内インモラルADV
(発売日) 2007年7月6日
(スタッフ) 原画=相川亜利砂。シナリオ=有限会社ブンヤ。監督=水飴。
(声優) 桃井いちご、北都南(ひと美)
(システム) 対応OS=Windows98SE/2000/Me/XP/Vista。HDD容量=374MB。画面解像度=800×600。セーブタイトル記入不可。バックグラウンド動作不可。マウスホイールテキスト読み対応。ダウンロード版あり。
(ランク) Cクラス
(付記) 安価で北都南の抜きゲー新作が遊べる……と言うだけで購入。そして、見事に後悔した。デビュー作なので有名声優を使って、とりあえず資金を回収しよう、というあざとい商法が見える。2作目の出来如何で行き残れるかどうかが決まるだろう。
 選択肢は全部で4つ。全て選べば全イベント&CGが回収できる。OPムービーもなければ、歌もない。意味のない章仕立てで、9章×2キャラ分+番外編。ボリュームは値段相応。パッケージ版を買う必要は全くない。画面解像度を切り替えただけですぐに重くなる仕様は、今時いかがなものか。
 テキストはエロオヤジが酔っ払いながら書いたよう、下品でセンスのない代物だが、時々妙にツボに入る。生意気にもエコー演出がある。作品の性質上、純愛ENDは望めず、寝取られ(寝取らせ)ありなので、そちらが苦手な人は手を出さない方がいい。巨乳ゲー。姉妹丼あり。



トップへ
トップへ
戻る
戻る