漫画書庫 す〜

<ページ内ショートカット>
○ 「スーパーヅガンアダルト」
○ 「好きになるひと」
○ 「スクライド」
○ 「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」
○ 「スターマイン」
○ 「スピリットサークル」
○ 「SLAM DUNK」



「スーパーヅガンアダルト」1巻

(作) 片山まさゆき
(刊行) 竹書房
(ジャンル) 不ヅキ麻雀ギャグ
(ランク) Cクラス
(付記) 「アダルト」とは言っても、別にエロいわけでも何でもない。前作の最後でめでたく結ばれていたと思われていた豊臣君と明菜ちゃんだが、全くそうではなかったみたい。前作のファンなら何の違和感もなく楽しめます。



「好きになるひと」

(作) 高橋しん
(刊行) 小学館
(ジャンル) 初期短編集のリライト
(ランク) Cクラス
(付記) 「いいひと」完結後に発売された珍しい本。何と初期短編を大幅に書き直し(もはや別物?)ているのだ。これは非常に面白い試み。過去の作品をいかに大切にしているかが分かる。過去の物と同時収録されていれば、対比でなおさら面白かったかもしれない。



「スクライド」全5巻

(作) 黒田洋介+戸田泰成
(刊行) 秋田書店
(ジャンル) 同名アニメのコミカライズ
(ランク) Aクラス
(付記) アニメ版とは、内容が激しく違う。死んではならんキャラがあっさり召されたり。しかし、テンションではこちらがはるかに上か。「ジョジョの奇妙な冒険」に近い印象を強く受けるが、キレっぷりは負けてはいない。名台詞満載だが、やり過ぎ感強し。



「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」1〜9巻

(作) ぷよ
(原作) 谷川流
(刊行) 角川書店
(ジャンル) 公式パロディ
(ランク) Aクラス
(付記) 「ハルヒちゃんのハルヒっぷりがハルヒよりもハルヒっぽくて素晴らしい」と原作者が絶賛したほどの出来。「こんなの同人ででもやってろよ」と鼻で笑っていたら、見事に楽しまされた。原作に比べて設定などにマイナーチェンジが見られるが、拒絶反応を起こすほどのものではない。特にあちゃくらさんの愛らしさは異常(えれっとの『ちゅるやさん』の影響を受けまくりだが)。の初見の印象よりもはるかに画力があり、アクションもしっかり描けていた。スピンオフとしてアニメ化するのもアリかもしれない。



「スターマイン」1〜4巻

(作) ストロマ
(刊行) 一迅社少年画報社
(ジャンル) 流星感覚ラブコメディ
(ランク) Bクラス
(付記) 「次世代ハーレム4コマ」とあるが、よくあるラッキースケベ満載のあざとさはなく、サービスカットは予想に反してかなり少な目。萌え要素のバランスがかなり良い。ヒロインの数が9人+アルファと最初はかなり多く感じられたが、きちんと描き分けができている。



「スピリットサークル」1〜2巻

(作) 水上悟志
(刊行) 少年画報社
(ジャンル) 転生の物語
(ランク) Bクラス
(付記) ヤングキングアワーズ連載作品。主人公が7回も死ぬ物語らしい。1巻の段階ではなにやら「火の鳥 鳳凰編」を連想させる内容だったが、この作者の事だ、青臭くも独自性満載の世界観を今後構築していってくれるはず。短編にも長けた実力を持った作者だからこそ可能な作風だとも言える。



「SLAM DUNK」全38巻

(作) 井上雄彦
(刊行) 集英社
(ジャンル) 高校バスケットストーリー
(ランク) Sクラス
(付記) 何度読んでも大興奮&大感激、のスポーツ漫画の決定版。湘北VS.山王戦は、もう言葉は無意味なくらいに素晴らしい。ラストにも文句なし。続きは再開しない方が良いのかも。キャラの立ちっぷりも見事だった。



トップへ
トップへ
戻る
戻る