漫画書庫 え〜

<ページ内ショートカット>
○ 「エンジェルお悩み相談所」
○ 「エンジェルシンドローム」
○ 「エンジェル・ハート」
○ 「エンバーミング」



「エンジェルお悩み相談所」

(作) 水上悟志
(刊行) 少年画報社
(ジャンル) 短編連作ハートフル(?)コメディ
(ランク) Bクラス
(付記) 購入したのは新装版。元は芳文社から出ていた初期作品だが、プレミア化しており、それがファンの声により復刻再リリースとなったそうだ。読んでいる最初の内は「表紙詐欺か?」と思わされるほど、むさいおっさん天使メインで疑問を持ったが、それもそのはず、当初は読み切りの予定が連載になったらしい。全体を通してゆるくシュールだが、この1冊の内で5〜6回は笑い所があるはず。あくまでも「相談を受けるだけ」というスタンスの貫き具合がいい。1話完結と思いきや、なんだかんだで後々もキャラなどが活かされる手法も好み。手軽に1冊で楽しめる良書。



「エンジェルシンドローム」

(作) 倉上淳士
(刊行) 竹書房
(ジャンル) オムニバスエロ
(ランク) Dクラス
(付記) いや〜、所詮エロはエロなんで(←某氏の言葉を引用)。要はどれだけ可愛い子が出ているかどうか、が勝負なわけでして。そういった意味では、充分合格レベルではないか、と。以上。



「エンジェル・ハート」1〜6巻

(作) 北条司
(刊行) 新潮社
(ジャンル) 「シティーハンター」の続編
(ランク) Cクラス
(付記) まさかの集英社雑誌以外での連載。いきなりの香の死亡で、前作のファンを全て裏切る。作者曰く「パラレルワールド」らしいのだが、そう割り切れる代物ではない。新ヒロインとのロマンスどころか、冴刃遼がその娘のパパになるという展開に唖然。TVアニメ化もされた。



「エンバーミング」1巻

(作) 和月伸宏
(刊行) 集英社
(ジャンル) ダークアクション
(ランク) Cクラス
(付記) 2回読み切り掲載された物が、ジャンプSQ誌上で連載開始された作品。「ホムンクルス」の次は「フランケンシュタイン」ですか。舞台設定こそ違えど、前作「武装錬金」との差別化はあまりできていない気がする。それにしても、くらなんでもフランケンシュタイン出し過ぎ。どいつもこいつもフランケンシュタインで、設定の特異さがほとんど目立っていない。ライバルキャラもキレてはいるが、いまいち小粒な印象。今の所面白いのはDr.ピーベリーのコスチュームぐらい。なんか今回も打ち切られ臭が……。



トップへ
トップへ
戻る
戻る