小説書庫 り〜

<ページ内ショートカット>
○ 「リアル鬼ごっこ」
○ 「リリアとトレイズ」シリーズ
○ 「流星航路」



「リアル鬼ごっこ」

(著) 山田悠介
(刊行) 文芸社
(ジャンル) キリングゲームスリラー
(ランク) Dクラス
(付記) 「バトルランナー」や「バトルロワイアル」の流れを汲むアクション。が、正直先達に遠く及ばない出来。着眼点は良かったのだがいかんせん表現力が拙く、説明不足が過ぎる。そして何より日本人とはとても思えない日本語の使い方が最悪。ホラーとしての魅力を大いに損ない、もはやギャグの領域である。まさかの実写映画化もされた。



「リリアとトレイズ」シリーズ

(著) 時雨沢恵一
(刊行) メディアワークス・電撃文庫
(ジャンル) 長編アドベンチャーストーリー
(ランク) Cクラス
(付記) 同著者の「アリソン」の娘をヒロインとした物語だが、正直劣化コピーである印象は拭い去れない。意義の感じられない上下巻構成を始め、何のためにこのシリーズを始めたのか、続けて行きたいのかが見えてこない。コメディに走りたいのかシリアスをやりたいのかもどっちつかず。綺麗な話の裏側にえぐい真実を置いておくのが巧い著者だとは思う。イラストは黒星紅白



「流星航路」

(著) 田中芳樹
(刊行) 徳間文庫
(ジャンル) 初期短編集
(ランク) Cクラス
(付記) 田中芳樹が「李家豊」のペンネームで発表した作品群を収録している。氏のデビュー作「緑の草原に…」が読めるのが、ファンにはたまらない。オススメは「品種改良」、何とも背筋がうそ寒くなる、考えさせられる話。SFファン以外でも楽しめる一冊。



トップへ
トップへ
戻る
戻る