小説書庫 ひ〜

<ページ内ショートカット>
○ 「秘密室ボン」
○ 「白夜の弔鐘」



「秘密室ボン」

(著) 清涼院流水
(刊行) 講談社ノベルス
(ジャンル) 密室本
(ランク) Dクラス
(付記) 限りなく御大の自慰行為が炸裂した作品。相も変わらずの大言壮語を「はじめに」で吐き倒し、そのお陰で「もうすまい」と思っていた期待をしてしまい、やっぱり肩透かしを食らう羽目に。もう好い加減付き合ってやるのを辞めたい。数段構えの仕込みをするも、結局は言葉遊びに逃げており、御大は本当にこれで手応えを感じているのだろうか?



「白夜の弔鐘」

(著) 田中芳樹
(刊行) 徳間文庫
(ジャンル) 冒険アクション小説
(ランク) Aクラス
(付記) 「この作品が売れていれば、田中芳樹は冒険小説家になっていた」と言われる、氏の処女長編作品。それも良かったのでは、と思ってしまう完成度。むしろ売れて欲しかった。主人公の相棒(愛猫)ネコマタが、かなりのナイスキャラ。ヒロインの名は「クラリス」、田中芳樹ファンなら当然ニヤリ。



トップへ
トップへ
戻る
戻る