小説書庫 な〜

<ページ内ショートカット>
○ 「夏の魔術」シリーズ
○ 「七都市物語」



「夏の魔術」シリーズ

(著) 田中芳樹
(刊行) 徳間書店・講談社ノベルス
(ジャンル) 長編ゴシックホラー
(ランク) Aクラス
(付記) 当然田中芳樹ファンとしては、両方の出版社の本を持っているのは基本。イラストはもちろんこの人、ふくやまけいこ。著者自らが「一番のお気に入りコンビ(カップル?)」と公言する、2人の将来が注目されるところ。場面の1つ1つが脳裏に鮮やかな逸品。長い間完結が心配されたが、本当に「春の魔術」で完結した。



「七都市物語」

(著) 田中芳樹
(刊行) ハヤカワ文庫
(ジャンル) SF興亡史
(ランク) Bクラス
(付記) 地球の地軸が90度傾き、南北両極が赤道地帯に移動した「大転倒」により、人類は全滅。月面に逃れた人々がそこで建設した七都市での戦争の歴史を描く。そこで物語の鍵となるのが、とある防衛システム。それが絶妙のパワーバランスを構築する。次々と登場する英雄達の魅力に痺れる。1巻でスッキリと完結している点を評価したい。



トップへ
トップへ
戻る
戻る