小説書庫 こ〜

<ページ内ショートカット>
○ 「纐纈城綺譚」
○ 「コズミック 世紀末探偵神話」



「纐纈城綺譚」

(著) 田中芳樹
(刊行) ソノラマ文庫ネクスト
(ジャンル) 中国歴史痛快活劇
(ランク) Cクラス
(付記) タイトルの漢字が難し過ぎてワープロ変換出来ない(『こうけつじょうきたん』)と読む。カバーイラストは「うしおととら」「からくりサーカス」の藤田和日郎なのだが、本文イラストがないのが残念。大唐帝国の首府長安の城中で売買される赤い布を産み出す悪鬼の城へ討伐へ向かう3人の好漢の活躍を描く。



「コズミック 世紀末探偵神話」

(著) 清涼院流水
(刊行) 講談社ノベルス
(ジャンル) 世紀末探偵神話
(ランク) Aクラス
(付記) 第2回メフィスト賞受賞作。まず新書にあるまじきその分厚さに驚愕する。何とそれは710ページにも上る。長い長い前フリさえ通り越してしまえば、後はもうページをめくる指を止める事は不可能。実はその前フリすら大仕掛けだったりする。「1200個の密室で1200人が殺される」と宣言する密室卿なる怪人の出現から始める、想像を越えた物語が展開する。JDC(日本探偵倶楽部)のメンバーがどの人も個性的でかっこ良い。まず誰も解き明かせないであろう真実、そのスケールの大きさについて行く事は難しい。



トップへ
トップへ
戻る
戻る