小説書庫 う〜

<ページ内ショートカット>
○ 「ヴァルキリーワークス」
○ 「ウェディング・ドレスに紅いバラ」
○ 「姑獲鳥の夏」



「ヴァルキリーワークス」1巻

(著) 逢空万太
(刊行) 講GA文庫
(ジャンル) アクション×ラブコメディ
(ランク) Cクラス
(付記) イラストは蔓木鋼音。同著者の作品である「這いよれ!ニャル子さん」の主人公である真尋とメインヒロインであるニャル子の中身を入れ替えてエスカレートさせただけのような読後の印象。度々見られる下ネタが無理矢理感がつきまとう。目新しさは一切ない。



「ウェディング・ドレスに紅いバラ」

(著) 田中芳樹
(刊行) 徳間書店
(ジャンル) 長編モダンホラー
(ランク) Bクラス
(付記) 後天性吸血鬼を狩る先天性吸血鬼の国際的組織「深紅のバラ結社」の日本支社の若きコンビである緑川淳司と花村雅香の、まるでコーチと新人選手のような関係が爽やかに楽しめる。ホラー要素はほとんどないので安心。様々な形でメディアミックス展開もされた。他作品のご多分に漏れず、他の著者に丸投げされた。



「姑獲鳥(うぶめ)の夏」

(著) 京極夏彦
(刊行) 講談社
(ジャンル) 妖怪ミステリ
(ランク) Cクラス
(付記) 世間での絶賛を他所に、全く肌に合わなかった。ミステリを期待して読み始めると、大きく肩透かしを喰らう。戦後すぐの舞台設定であり、それが現代であれば妖怪テイストもさらに魅力的になったと思う。しっくり行ってしまったのが逆に物足りなかった。キャラの年齢層は高目で、各人がそろってくどい台詞を長々と垂れ流す。片仮名表記が「モノクロオム」「スカアト」「デジャヴュウ」などの書き方をしているので、イライラさせられた。題材のみならず探偵までもが超常的なので、ミステリとして破綻した印象を強く受けた。



トップへ
トップへ
戻る
戻る