京土産

千枚漬
千枚漬は京漬物の代表格として知られ、昆年では厳選した丹波産の聖護院かぶらを大きなカンナを用い、熟練された職人が一枚一枚手づくりで薄くスライスしたものに、北海道産の特上昆布をぜいたくに使って漬け込んでおります。昆布のうまみと歯切れのよさ、まったりとしたまろやかな風味は、とり市独特の味として受け継がれています

京都上賀茂産
すぐき
京の伝統野菜として知られるすぐき菜の葉と茎を自然に乳酸発酵させた京漬物です。独伊のまろやか酸味は京都・上賀茂の地で秘伝として受け継がれ、天秤重石で漬け込む風景は、冬の京都の風物詩として風情をかもし出しております。しば漬

赤しそ漬
きゅうりしば漬の伝統を生かし胡瓜、茄子、赤紫蘇などの厳選した京野菜をとり市独特の製法で漬け込みました。ほのかに酸味があって清々しく歯切れのよい京漬物ですしば漬


青しそ漬きゅうり
しば漬の伝統を生かし、胡瓜、青紫蘇などの厳選した京野菜をとり市独特の製法で漬け込みました。ほのかに酸味があって清々しく歯切れのよい京漬物です。

京・伏見 超特級味醂醸
奈良漬
厳選した京野菜を材料にし、京は酒どころ伏見の銘酒粕に風味多き味醂粕を入れ、友人伝承の手づくり秘法にて漬け込んでおります。何度も何度も漬け返しを経て重厚な風味の漬物に育ちます。昔変わらぬ芳醇な香りと明快な歯ざわり深い味わいは比類なき絶品です。

柚子だいこん
京都・奥嵯峨の水尾は柚子の里として知られたところ。友人は青首の大根をほどよい大きさに拍子切りし、水尾の柚子で薫り高く風味豊かに漬け込みました。さわやかな香り、さっぱりとした歯切れのよいお漬物です

昆布だいこん
選びぬいた季節の大根をほどよい大きさに切り、北海道産の特上昆布で風味を生かして漬け込み、友人自慢の味に仕上げました。昆布のうまみにパリッとした歯切れのよいお漬物です。

紅かぶら
京と丹波産の紅かぶらをうす塩で漬け、自然の味を生かしたお漬物です。紅かぶの赤い色は、酸にあうとその色は一段と冴え、中身も赤く染まって大変美しく漬け上がります。

はりはり漬
割干し大根を小さく切り、昆布のうまみと生姜、唐がらしで味付けをいたしました。胡麻の香り甘からい風味、パリパリッとした歯切れのよいお漬物です。

きざみすぐき
京都・上賀茂特産の「すぐき」を食べやすい大きさにこまかくきざみ、酸味をおさえてうす味に、友人独特の調味で仕上げております。

ひの菜
さくら漬
ひの菜の茎を薄く切り、すこし酸味を加えて、さっぱりとした上品な味に仕上げています。美しいさくら色が食をさそいます。

青しその実
きゅうり、大根を細かくきざみ、しその実を合わせてさっぱりとしたしょうゆ味に仕上げております。歯ざわりがよく新鮮な風味が食をさそいます。

茄子味しば
京都・大原の、茄子、赤紫蘇、生姜を食べやすい大きさにきざんで漬け込み、さっぱりとしたしょうゆ味に仕上げております。

小なす からし漬
実ったばかりの小なすを下漬し、こうじを加えた辛子床で漬け上げました。小なすのこりっとした独特の歯ごたえ、お口に広がる辛子のピリッとした香りは食をさそい、味わいの妙がございます。

菜の花漬
寒咲き菜の花のつぼみを薄粗衣であっさりと漬け上げました。春の彩りを生かしたお漬物です。

花みぶ菜
菜の花と壬生菜を古漬けにしてじっくりと漬け込み、上品な醤油風味に仕上げております。ぶぶ漬の友として最適です。

ひのな漬
ひのな独特の色あいを生かし、香りを大切に、さっぱりとした上品な味に漬け上げております。

美人茄子
朝採りもぎたての新鮮な長茄子を丹念に漬け込み、茄子の歯ざわりを生かしさっぱりとした風味に仕上げております。

白菜昆布漬
選び抜いた季節の白菜を特上の根昆布で漬け込んでおります。昆布のうまみがあっさりとした白菜の風味を引き立てます。

京壬生菜
京都の伝統野菜として知られる壬生菜をうす塩であっさりと漬け上げました。シャキシャキとした歯ざわり、壬生菜特有のピリッとした香り、緑の鮮やかなお漬物です。

きざみ京壬生菜
壬生菜を食べやすい大きさにきざみ、香りを生かしてうす味に仕上げました。

梅ぼし

紀州産の極上一粒撰り、大粒梅干です。

京都加茂茄子
お土産
昆年のオリジナルの味付けで、季節の京野菜が作リ出す漬物で感動を、、、、、、