鶴・波・松・月・蔦。それぞれを主役に絵皿を制作しました。この五つは昆年が絵画にもよく使う物で、モチーフとも言えます。なかでも蔦はよく描く柄で、様々な描き方をしています。