昆年小物セット出来る八掛色
柄物で少し おしゃれ
無地もほんとたくさん
一般的に八掛は絵羽物の場合は着物に付いている物です。

昔は八掛がついているから良い品だとか、

共八掛が良いとか聞きましたが、現在ではごく普通の事です。

それが普通であるならば、

現在仕様に変えていくのが今のお洒落だと昆年は考えます。
昆年は、着物は五ツ紋の着物以外、

すべて八掛は色を変えています。

あなたの着物も八掛を変えて見て下さい。

きっと新しい気分の着物になると思います。
左は柄物の八掛です。

昆年の着尺、コート、地なので最高の素材です。

昆年は、八掛用の生地と織のものではなく、表地用の生地を裏に使用します。

本当のお洒落を考えると、八掛も大切な要素の一つです。
そして昆年の小物セットで小物の色目を合わせると、

着物を着るのが楽しくなるでしょう。

八掛のおしゃれはあなたのセンスです。
八掛

表の色調や、小物に合わせて選ばれるのもいいと思います。
又、無地の八掛の色の良さもお楽しみください。
八掛
五ツ紋の色留袖は共八掛が基本ですが、それ以外のものはみな色を変えています。

小物の色と合わせてみたり、帯の色目と合わせてみたりするのも粋なものです。

また、お客様のお好みの色にお取り替えることもできます。