訪問着
訪問着には一般的に様々な規定があります。しかし昆年が大切にしているのは、

全体的な格調と「訪問できる着物」であるという事です。

決まり事に捕らわれることなく、色留にも着れ、色無地にも着れ、というように

着物が生きる用途の幅を広げてやることが、一番大切だと考えます。

そのため衿には全て柄がありませんが、もしご希望があるならば、無料にて描かせて頂きます
紅梅白梅
この配色は昆年の几帳から取った物であり、シックな中にも華やかさのある最高の配色である。