帯というものは、手間や労力による価値よりもまず
締めやすいことが肝心だと考えます。

昆年の帯は、研究による開発を重ねた結果、かつて見ない軽さにまで仕上げることに成功しました。

帯芯も、表地と共に合うものを開発し、表地にぴったりと沿う柔らかい風合いを重視しています。

その上,京都の昆年の仕立てで、特別な仕立てをさせておりますので、
驚くような軽さは言うまでもありません。

昆年の袋帯は、今回出せていない物がたくさんあります。

又次回にお見せしますが、切バメ技法、絵箔技法、その加工を駆使する事により

今まで使えなかった材料を帯に使う事に成功しています。

例えば、コルクが帯になったり、昆年が特許を取得している螺鈿を織り込んだり、

皮を材料にした帯を作ったり・・・。
まだまだ面白い帯技法がたくさんあります。又次回にでも