普通はここにお入れします。
1・京都手刺繍   技法

2・京都ミシン刺繍 技法

3・京都染め型   技法

4・昆年手書き   技法  
四つの技法でさせていただきます。場所については決まりはありません

、ただお召しになった時かくれる所が、おすすめです。
文字の見本です