竹宮ワールドは音世界も華麗で壮大! 
−ロマンティックな音楽に耳を澄ます♪
 
下のredballeボタンがターゲットへのリンクです!
 ガラスの迷路   イメージアルバム
 過ぎゆく時と友だち  少年合唱
 恋の水絵の具  オムニバス版
 かざぐるま  オムニバス版
 竹宮恵子 変奏曲  イメージアルバム
 風と木の詩   イメージアルバム
 地球へ・・・  映画のサウンドトラック版
 夏への扉  アニメの音楽集
 私を月まで連れてって T  イメージアルバム
 私を月まで連れてって U  イメージアルバム
 アンドロメダ・ストーリーズ  アニメの音楽集
 風と木の詩 ジルベールのレクイエム  イメージアルバム
 DIGITAL TRIP 風と木の詩  先のシンセサイザー・バージョン
 イズァローン伝説  イメージアルバム
 behind   "姫クン・シリーズ" '86/6 イメージアルバム
 風と木の詩  アニメの音楽集



ガラスの迷路
 
1.序章(プレリュード)…インストとガラスの割れる音、ナレーション(「ガラスの迷路」)
2.ぼくのピアノ         …少年のモノローグとボーイソプラノ
3.少女の魔女があなたの心臓を食べる歌…歌:夏水りせ(←声がボーイッシュ)と少女
4.会話                  …秋のギムナジウム、2人の少年の会話(←けっこうアブナい ^^;)
5.飛翔(白い翼の馬)…詩とインスト
6.銀河ステーション   …インスト
7.宇宙                   …少年と竹宮先生の連想ゲーム
8.電話                   …TELの会話と歌(内容は「姫くずし」の姫くんとマムの会話)
9.ガラスの迷路       …インストと朗読

竹宮先生関連で初めてレコード化されたものです。
この初めてのアルバムはたいへん凝っていて、内容が濃いような気がします。
個人的には「変奏曲」よりも、私は好きです。
作詞はすべて竹宮先生で、ボーイソプラノに少女のソプラノ、インストゥルメンタル、
2人の少年の会話や詩の朗読など、盛り沢山です。

どっぷり恵子ワールドにひたれるおすすめの1枚です。

Merci beaucoup  雅さん☆

過ぎゆく時と友だち
 
 1.「サマータイム」         …ミュージカル「ボギーとベス」より
 2.「虹の彼方」             …映画「オズの魔法使い」より
 3.「マンマ」                  …カンツォーネ
 4.「バンビーノ」            …「ロベルティーノ!」に登場する曲
 5.「シューベルトのセレナーデ」
 6.「マルセリーノの歌」   …映画「汚れなき悪戯」より
 7.「ピノキオへの手紙」  …「空が好き!」第2部に登場
 8.「なんでもやるさ」      …映画「オリバー!」より
 9.「グリーン・グリーン」  …父親と息子の掛け合いで歌われる
10.「君、恋し君」            …ドイツ民謡
11.「逃げた小鳥」          …ポーランド民謡、「20の昼と夜」に登場
12.「グリーンスリーズス」 …イギリス民謡、ウィーン少年合唱団の十八番

「ガラスの迷路」に続く第2作目のアルバム。
少年たち(ビクター少年合唱団、「ガラスの迷路」にも起用)を起用し、
少年たちに歌ってもらいたい曲をリストアップしてアルバムにまとめたものです。
それぞれの曲にコメントが添えられていて、訳詞にもチャレンジされています。
ちなみにレコードのジャケットは、サロンでギャルソンや楽団に扮した少年たちに
マダム風の竹宮先生が囲まれているというものです。
帯には”ロベルティーノが、タグが、そしてアンドレアが・・・今、歌の中によみがえる!!”
と書かれています。

これも、とてもお薦めの1枚です。
特にボーイソプラノ好きにはたまらないかも?

Merci beaucoup  雅さん☆

 
恋の水絵の具/かざぐるま

少女漫画家の競作によるオムニバス版です。
「恋の水絵の具」では「透明な薔薇」という曲の作詞を(内容は「夏への扉」)、
「かざぐるま」では「夏の暖炉」という曲の作詞(内容は「暖炉」)を
手がけています。

 Merci beaucoup  雅さん☆

 

竹宮恵子 変奏曲   フィリップスレコード 発売元 日本フォノグラム株式会社 PH-8543  1980
 
夢の都市ヴィレンツへのおさそい 

エドナンが、ウォルフが弾いたあの"ラロ"がきける・・・ 
★竹宮恵子が初めて語るあなたへのメッセージも特別録音 

シェリング、グリュミオー、ヘブラーら世界の超一流アーチストが協演! 
●作・構成−竹宮恵子●出演−岸田今日子、竹宮恵子 
初回分のみオリジナル・イラスト・ピンナップつき! 

以上、黄緑色の帯を忠実に再現いたしました。
ジャケットの片方は、重厚な黒に浮かび上がる巨匠WOLFGANG RECHTER

そしてライナーノーツは見開き4ページで、片方2ページは、ピアノを弾いているウォルフと
エドナンの麗しいイラストです。
そして曲目解説も、すべて竹宮先生。

曲目一覧

SIDE A
1.ラロ/スペイン交響曲 作品21 第1楽章より
2.ナレーション
3.サラサーテ/チゴイネルワイゼン 作品20より
4.チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調作品35 第1楽章より
5.ナレーション
6.パガニーニ/24の奇想曲 作品1 第13番より
7.ナレーション
8.パガニーニ/24の奇想曲 作品1 第24番より
9.バッハ/平均律クラヴィア曲集 BWV861 第16番より
10.ヴィターリ/(クライスラー編)シャコンヌ
11.ナレーション
12.モーツァルト/ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ホ短調 K.304

SIDE B
1.ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調作品73「皇帝」第1楽章より
2.ナレーション
3.シューマン/幻想小曲集 作品12第2番「飛しょう」より
4.ナレーション
5.シューベルト/即興曲 作品90 D.899 第2番変ホ長調より
6.ナレーション
7.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 作品31の2「テンペスト」第3楽章より
8.ナレーション
9.ラロ/スペイン交響曲 作品21 第5楽章より
10.ナレーション
11.ショパン/バラード 第4番ヘ短調作品52より
12.夢の都市ヴィレンツへのおさそい(特別録音)
 

風と木の詩 日本コロムビア \2,300 80,7発売

SIDE 1
風と木の詩 メインテーマ
ジルベールのテーマ
セルジュのテーマ
対話
風と木の詩・・・朗読/野沢那智

SIDE 2
ピアノ・コンチェルト
風と木の詩

懐かしき「風と木の詩」の一作目のアルバムです。
なんと本当のアルバムで、見開き形式になっています。
内部は6ページのイラスト集になっていて、
このうち明朗なセルジュと少女のようなジルベールの2枚がステキ。
雅さんによると、『少女コミック』の表紙を飾ったものもあるとか。
ジャケット表裏は描き下ろし ! のようです。

音楽/横山菁児
ピアノ/霧生トシ子
バイオリン・ソロ/川上久雄
演奏/コロムビア・シンフォニック・オーケストラ
スキャット/川島和子

夏への扉
 
A
1 夏への扉 メインテーマT 落ち着いたクラシックでエレガントなピアノとヴァイオリンの旋律で
                   始まります
2 レダニアのテーマ      清純な美しさの少女に、思わず幻惑される少年・・・
3 マリオンのテーマ      あなたは6月の太陽のよう・・・爽やかな光を、私に降り注ぐ
4 青春の迷路         青春の運命を格調高く奏で、暗示します
5 愛のテーマ サラヴィーダ 甘く官能的なスキャットが、フランス映画などによくあるシーンを
                  想い出させてしまいます
6 燃える夏           しかし少年は先へ先へと、走り行くもの
 
B
1 レダと白鳥          笛の音色で始まるどこかリリックなテーマ
2 年上の女 愛のテーマU サラの持つ世界の、機微、策謀などが想い起こさせられます
3 伯爵のテーマ        その通りの曲
4 哀愁のマリオン       
5 夏への扉 メインテーマU エンディングです
 
−実はこちらは、レコードを持っていません。
ではどうして知っているのかと申しますと、十数年前に頂いたカセットテープを、
大切に持ちつづけていたからです。
この後で、最初の「風と木の詩」のA面と、この「夏への扉」から選んだ曲をB面として
カップリングされたLPも確か発売されていたと記憶しています。
いただいた方は、私が初めてお会いした竹宮ファンの方でした。
素敵な単語のきらめく、胸をときめかす『緋石』色のポエムを書かれる方でした。
ジルベールの詩も懐かしい記憶に残っています。
もしインターネットやっていたら、ぜひ懐かしいお声を聞かせてくださいね(^^)/~
 

 
 
風と木の詩 ジルベールのレクイエム  日本コロムビア \2,500 1984/7 発売
 
副題から察するには、なんとも寂しそうなイメージですが、
曲のコンセプト自体は『風と木の詩』のメルヘンチックなサウンド・ワールドという感じです。哀しさはなく、パリの夜の公園で噴水の音を聞きつつ、イルミネーションの光の中に懐かしい友との思い出を回想する・・・趣き。
構成は1作目のようなナレーション入りのドラマティックなものと異なり、全9曲の完全な珠玉の「小品曲集」。
Side One 
1.アヴェ・マリア
2.夢からなかば醒めかけて
3.小鳥は雪でできている
4.旅へのいざない

Side Two
1.いざまさに夢の波間に
2.夢 (シメール)
3.恋の組紐
4.僕の天使よ願わくは・・・
5.アヴェ・マリア

1.作家の希望でアルバムのトップと終りに収録されたとのこと。シャルル・グノー、J.S.バッハの方のアレンジ。
 まるでジルと天上を繋ぐ音楽の架け橋のよう。
2.まるで走馬灯のように聴く者の意識に迫ってくるかつての思い出。
3.本当にパリやアルルでの「生きる」楽しさの伝わってくる曲。ジルの元いた世界のメロディ?とか想像してしまう。
4.まさにその題名のとおり、あるいは「旅への憧れ」とも言える曲。
2.夜あざやかに開く、夢のきらめきの世界。ドビュッジー的メルヘンは、少年の夢の羽ばたきを描く。
4.清らかなる願いを表現しています。
ちなみに『アヴェ・マリア』を除くタイトルは、すべて竹宮先生。
  
合計すると『風と木の詩』の音楽集(LPレコード)は4枚出ているようなのですが、
すべての書き下ろしジャケットイラストの中でも、こちらはとても私好みのもの。

表は、「ジルベール・・・・・・君とともにすごした青春の日々の想い出ととともに・・・・・・」のコピーに、金の竹宮先生手書きのサインとRequiemの入った黒い帯。
イラストは、寮の部屋の窓辺に寄り添う二人。グリーンを基調とし、入って来る透明な風が二人を柔らかく包み込み、二人の身体は風に溶け込んでいる。
裏は、説明するのもまどろっこしい程の、闇の背景に浮かび上がる ブロンドの髪の鮮やかなジルの横顔。その左上に白いブラウスシャツからのぞくだれかの繊細な両手首。そしてジルの右横には、オーギュと出会う前のうさぎを抱いた幼いジルの後姿。
−なんとも神秘的で暗示的でミステリアスです。

また見開き4ページのライナーノーツにも6枚のカラーイラスト。
表紙は右手にスペードのAのカードを持ちなにかを回想する大人びた筆致のジルベール。
それに悲しみにふけるセルジュのイラストも印象的。


そしてライナーノーツには、竹宮先生のお話。
そこには連載終了後ファンからもらった手紙についての印象、そしてファンへの気持ちが、書かれていた。
そして、最後に衝撃のこのお言葉!
「・・・重ねて私は訴えたい。"風と木の詩"はまだ終ってはいません、と。いつか必ず描くことを約束して、今は優しいメロディーに耳を傾けてください。」 (解説書より引用させて戴きました)

続いて音楽の解説は、作曲者である東海林 修氏。

−あなたの傷ついた魂に、さあ安息の音空間を・・・♪



DIGITAL TRIP 風と木の詩/竹宮恵子   日本コロムビア \2,500 1985/5 発売
東海林 修 シンセサイザー・ファンタジー

先に出た「風と木の詩 ジルベールのレクイエム」の、シンセサイザー・バージョン。
この頃はDIGITAL TRIPというシリーズをコロムビアが出していて、ヤマトや999他ヒットした
コロムビアのアニメ音楽をシンセサイザー化したものです。
しかし私はこちらを\4000で購入したのです。
−なんと!驚くべきことに、Onward製ジルベールTシャツが\1500でついていたからです。
「LE POEME DU VENT ET DES ARBRES」のロゴの下に
プリント印刷された先生直筆のジルベールのイラストは黒ペンで、
瞳のみ鮮やかなスカイグリーンが入っています。
もちろん今にいたるまで、一度も着たことはありません。

さて、曲目は前記と同じで、ライナーノーツの解説はさすがに今回は演奏者東海林 修さんが行っております。
なんど聞いても一曲目のアヴェ・マリアはそのみずみずしく聖なる創りと共に、えも言われぬ
気持ちを喚起されます。
そして通常特典として、4枚のポストカードが入っていました。
 
 
 



竹宮惠子 プライベート コレクション へ     ☆夢のジルベスター★トップ