海音寺潮五郎 私設情報局

〜 塵壺(ちりつぼ) 〜

海音寺潮五郎の作品や逸話などを紹介するサイトです。 【RSS1.0】

トップページ > 海音寺文学の紹介

『悪人列伝(古代篇)』:平将門の怨霊信仰

平将門を祀る神田明神

かつて放送されていたNHK大河ドラマ「風と雲と虹と」で主役として描かれている平将門。東京にある神田明神はその平将門を祭神のひとりとして祀っています。かつては主祭神として祀っていましたが、何と罰当たりなことに、後世になって3番目の地位に落としてしまいました。このあたりを海音寺潮五郎さんの『悪人列伝 古代篇』に収録された「平将門」で見てみると、



明治以前関東地方で明神と呼ばれていた神社の多くは将門を祀ったものであった。彼に対する関東地方の人々の崇敬の念がいかに厚かったかを語るものであろう。(中略)
これほど人気のあった将門が、次第にその人気を失ったのは、江戸時代になって儒教が全盛をきわめ、大義名分の思想が社会常識となったため彼を単なる逆賊と見るようになったからであろう。神田明神が本来は主祭神である彼をわきにおしつめ、大己貴命を主祭神にしたのは江戸末期であり、関東の諸地方の彼を祀った神社も、明治以後はすべて祭神をかえたのである。
(『悪人列伝』「平将門」より)

とあります。

そもそも神田明神がある場所は、田原藤太との戦いに敗れた将門の首が京に送られた際、残された胴体がその首を慕って後を追いかけ、ついにたどり着けず倒れ伏したところだと言われているそうで、もとは「カラダの明神」と呼ばれていたのがいつしか「神田明神」になったという俗説もあるほど、将門信仰と深い関わりのある神社なのだそうです。

平将門の怨霊

平将門は死後、怨霊としての力を長く発揮したようで、怪奇譚が多く伝わっていますが、この時代の元祖・怨霊は「菅公」こと菅原道真です。
「火雷天神」として将門の生涯にも大きな関わりを持つ菅原道真ですが、当時、道真のたたりのために死んだとされる人々を、同じく海音寺潮五郎さんの『悪人列伝 (古代篇)』「平将門」で見てみると、
 藤原菅根(落雷で死亡)
 藤原時平(病気平癒の祈祷中に道真の亡霊が現れる)
 源光(狩りの途中、泥田に落ちて死亡。しかも遺体が発見されず)
 保明親王(時平の妹の子、当時の皇太子)

といったそうそうたる面々で、怨霊たる道真の面目躍如(?)といった感じです。

この菅原道真の後、怨霊No.1の地位を受け継いだのが平将門で、少し不謹慎な表現をすると、面白可笑しい伝説がいろいろとあるようです。しかし、歴史への純粋な興味をそういったオカルト的な方向にゆがめて欲しくありませんので、ちょっと目の覚める話題を紹介しておきましょう。
これも『悪人列伝 (古代篇)』の「平将門」に書かれていますが、



世に成田不動尊の縁起は、この乱の時に、京都朝廷が寛朝僧正に将門の調伏を命じたので、僧正は高雄神護寺の護摩堂の本尊を奉じて海路関東に来、将門の新都にほど近いこの地に壇をかまえて尊像をすえ、霊夢のお告げがあったので、この地に寺を築いて安置したのが起こりであると伝えている。しかし、この話は古いところにはまるでその証拠がない。江戸中期以後の書物にしかない。江戸時代に入って大義名分論がさかんになってから、この寺の一部の坊さん達が言いだしたものであろう。
(『悪人列伝』「平将門」より)

とのことです。

成田山=将門調伏という固定観念があり、かなり最近まで平将門を信仰する地域の人々は成田山にはけっしてお参りしなかったそうですが、そこまでの差別は不要だったと言えるようです。



サイト内の関連ページ

【逸話】悪人の話など読みたくない!

【作品】『平将門』、『海と風と虹と』:NHK大河ドラマ原作

【逸話】史伝文学復興への苦難

海音寺潮五郎とは  海音寺潮五郎作品一覧  海音寺文学の紹介  海音寺潮五郎の逸話 
このサイトについて  サイトマップ  リンク集

Copyright © 2007-2013 モモタ All rights reserved.