海音寺潮五郎 私設情報局

〜 塵壺(ちりつぼ) 〜

海音寺潮五郎の作品や逸話などを紹介するサイトです。 【RSS1.0】

トップページ > 海音寺文学の紹介

『武将列伝』:英雄の辞書に「不運」の文字はない

桶狭間の戦いに勝算はなかった!

織田信長といえば、日本の歴史上、有名な上にも有名で、信長を境にして日本は中世から近世に移ったとする解釈もあり、日本史を語る際には絶対避けて通れない重要人物です。
その信長の生涯を俯瞰したとき、初期の大イベントとして取り上げられるのが桶狭間の戦いでの勝利です。 信長の生涯をいかに簡略化して語る場合でも、この一戦を省略することは絶対にできないというほど重要な戦いですが、テレビドラマなどで描かれるところでは、
 大軍相手の決戦を前に、覚悟を決めた信長が颯爽と出陣し、
 胸に秘めた成算に基づいて乾坤一擲の大勝負をうち、
 結果として今川義元を倒した
というように、非常に単純化された図式であることが多いような気がします。

しかし、海音寺潮五郎さんが見る桶狭間の戦いは、けっしてそうではありません。信長も内心では、到底今川の大軍に勝てるとは思えず不安が充満し、ともすれば破れかぶれの盲目的・自滅的な戦いにのめり込んで行きそうな自分を抑えに抑えながら、戦いに臨んでいたというのです。

海音寺潮五郎さんが挙げる重要ポイントは、今川義元との最終決戦に先立って行われた「中島砦の攻撃」にあります。信長は敵の目をくらますために、部隊の一部を割いて、今川側の中島砦というところを攻撃させますが、この攻撃隊に信長の寵童であった岩室長門守が勝手に従軍し、しかも戦死したという報告が届いたのです。



この報告がとどくと、信長はかっと激して、直ちにこれを衝こうと主張した。ここはこの合戦を解釈するに最も重要な鍵である。この合戦に信長には成算などありはしない。万一を僥倖しての大バクチの気持ちであったのだ。だからこそ、寵愛の小姓を死なせて、ガラリと心がくじけ、『ええい、くそ!死んでやれ!』となったものと解釈すべきであろう。
(『武将列伝』「織田信長」より)

というのが海音寺潮五郎さんの解釈です。
こう書かれると「なるほどその通りに違いない」となるのが読者の単純屋なところですが、他の歴史家がこれ以上の解釈を提示している例があればぜひとも聞いてみたいものです。

織田信長の幸運

ところが、事態はここで急転します。そして、信長が日本史上に燦然として輝き、後世に名を残すことになる運命の変転が起こるのです。その変転を生み出したのは、信長が持っていた「幸運」でした。
信長が自殺的な戦闘に入ろうとしていたまさにその時、今川義元の本隊の所在が判明し、信長は中島砦の攻撃を思いとどまります。海音寺潮五郎さんが言うには、桶狭間の戦いでの信長の第一の幸運がこれです。

ここから信長の幸運が続きます。この情報がもたらされたとき今川軍は休息中だったのですが、その休息のお陰で、信長は今川義元が大高城にたどり着く前にこれを攻撃することができたこと、しかも今川軍は単に休息しているのみならず、酒宴まで開いて油断しきっていたこと。これを海音寺潮五郎さんは第二の幸運と指摘しています。
さらには、信長軍が今川本隊に向かって移動中、突然の大風雨が起こり、軍勢移動の目くらましの役割を果たしたこと、これが第三の幸運です。信長は次から次へと幸運続きで、桶狭間の戦いに勝利することができたというわけです。



念のため言いそえておきたいのは、信長を単なる幸運児として、割引して考えてはならないことだ。すべての英雄は皆たぐいまれな幸運にめぐまれた人々なのである。決定的に大事な時に幸運にめぐまれないかぎり、人はついに英雄にはなり得ないのである。「不運な英雄」ということばがあるが、これはすでに英雄となって後下り坂にかかってからのことだ。
(『武将列伝』「織田信長」より)

長篠の戦いでの幸運

織田信長が天下統一に向けて活動して行く中で恵まれた幸運は、上記の桶狭間の戦いだけではありません。これまた有名な長篠の戦いについて、海音寺潮五郎さんは、



長篠合戦は織田信長が鉄砲という新兵器を多量に用いて大勝利を得、日本の戦術を一変させたというので、戦術史の歴史の上でも有名であり、人のよく知っていることであるが、あれは信長の知恵だけで勝った戦いではない。信長の運のよさもまた逸してならない勝因になっている。
(中略)
当時の鉄砲は先込めの火縄銃だから、雨が降っては使えないのであるが、長篠合戦のあった日は天正三年五月二十一日だ。太陽暦では七月九日だ。梅雨が明けるか明けないかの時だ。現にこの前夜、織田・徳川の連合軍支隊が長篠城の東方にある蔦ヶ巣山の砦を急襲しておとしいれたのはしのつく豪雨を冒してであった。それがその翌日は梅雨が上がって、思うがままに火器を活用することができたというのは信長の幸運である。
(『史談 切り捨て御免』「武将雑感」より)

と英雄・信長の幸運を説明しています。

信長の後を引き継ぐかたちで、本格的に天下を統一したのは、ご存じ豊臣秀吉です。当然、英雄・秀吉も幸運に恵まれていたわけで、海音寺潮五郎さんの『新太閤記』にも、直接的な表現でそれを示している箇所があります。
一方、秀吉との対比で、運に恵まれず、結果として英雄たり得なかった人物として、滝川一益が挙げられています。

小牧・長久手の戦いの際、滝川一益がとった行動を評して海音寺潮五郎さんは、



老人雑話に、
「信長の時は天下の政道四人の手にあり。柴田、秀吉、滝川、丹羽なり。左近(滝川、左近将監に任ず)、武勇は無双の名ありて、度々関八州を引受けて合戦す。関八州の者は滝川の名を聞いても畏れしほどなりし。末に至って散々の体なり」
とあるが、ぼくは運に見放されたのだと思う。蟹江城を手に入れて、長島城と清洲城の連絡を断ち切ろうとした戦略は、滝川のすぐれた謀略を十分に証明している。ぼけてはいないのである。ただ、彼はそれまで浪人していたために、よい部下が少なくなっていて、大野城の攻略に失敗したり、潮時が悪かったりしたために、万事皆うまく行かず、ついに手も足も出せなくなった。運命に見はなされていたといわざるを得ない。
(『新太閤記』より)

と述べています。秀吉という大英雄の持つ大幸運の前に、滝川一益は敗れ去ったと読みとってもいいかもしれません。

運、不運というのは、科学的には全く説明がつかないものですが、古今東西の歴史に深く精通し、各時代に活躍した人物達の事績を詳しく知る海音寺潮五郎さんがここまで断言するのですから、英雄たらんとする人にとっては、幸運であることが不可欠な条件だと理解していいと思います。



サイト内の関連ページ

【作品】『武将列伝』:武田信玄は天下を取れなくて当然だった?

【作品】『武将列伝』:黒田如水の裏と表

【逸話】上杉謙信を書きたい!

海音寺潮五郎とは  海音寺潮五郎作品一覧  海音寺文学の紹介  海音寺潮五郎の逸話 
このサイトについて  サイトマップ  リンク集

Copyright © 2007-2013 モモタ All rights reserved.