陸上ホッケーについて

 

 「かもめ通信」 No.6 (H8.10.22)に、「陸上ホッケーの話」を書いたので、

それを再掲します。

 

   陸上ホッケーの話

 私は平成5年度から中京大学陸上ホッケー部の部長・監督をしています。たまた

ま引き受けたので、それまで陸上ホッケーについては何も知りませんでした。昨年

から時々スティックをにぎっていっしょに練習をしているので、最近ではやっと少し

ボールが扱えるようになりました。そんな訳で、今回は陸上ホッケーの紹介をします。

   ● 競技場

 競技場は、縦100ヤード、横60ヤードです。(1ヤードは、0.914m。)

 両端ゴール(横4ヤード、高さ2.14m)が置いてあります。

 シューティングサークルはゴールの両端から各々16ヤードの半円を描き、ゴール

の横幅4ヤード分を直線で結んだ形。サークル内のシュートしか得点になりません。

    ゲーム

 選手は11人、試合は35分ハーフ、計70分。

 ゲームではスティックで野球のボールくらいの大きさのボールを打って、ゴールに

シュートし、得点を競います。スティックは右利き用だけで、片面の平たい部分のみ

を使用します。

   ● ルール

 平成8年度から、サッカーにあるオフサイドの反則がなくなりました。

 ボールを浮かせたりスティックを振り上げたりするのは危険なので、原則として反

則になります。サークル内での守備側の反則に対して、攻撃側にペナルティコーナー

(ショートコーナー:ゴール縁から10ヤード地点のゴールラインの所)からのセットプレ

ーが与えられます。

 

      中京大学VS東海女子大学(女子の試合)での、東海女子のショート

      コーナーのプレー。 守備側(赤のユニフォーム)が中京。

      (各務原市の岐阜県グリ−ンスタジアムにて)

 

トップページ に戻る