記事タイトル:大谷不動アイスクライミング 



書き込み欄へ トップページ  ヘルプ
お名前: MAKO−chan   
今年は、氷不足で1月30日(火)の芦安周辺のアイスクライミング
も八ヶ岳南沢大滝に場所を変更しなければほどですが、大谷不動は全
ルート氷結しているとの情報で2月10日から12日(月)まで、鈴
木ガイドの新企画に参加しました。

2月10日(土)
午前8時50分上田駅に集合。車にて菅平から峰の原スキー場へ車を
進め駐車する。雪は少ないためスノウシューは車において置くことにする。
テント泊装備を分担し担ぎ出発。出だしは林道をショートカットして約
150m下降その後平坦な林道を歩き、傾斜が増した所で大谷不動宮に着。
ベースキャンプを設営後、「不動前」の氷瀑へ向かう。10分も歩くと目の
前に50mの氷瀑が現れる。上部10mは垂直、ルートは左右に取れる。順
番待ちをし、最終パーティーとし我々は右ルートをトライ。上部は70から
80度は有る感じで「ヴァーティカルアイス」の世界です。

夕食は鈴木ガイドの「特製キムチ味鍋」と「お酒」(実はIさんが水を汲み
に行っている間に飲み出していました、Iさんゴメンナサイ)で始まり、山
に来ていると実感できとてもハッピーな気分になれました。夜中に「ドン〜、
ガラガラ」と崩壊音が聞こえましたが、朝起きると左岸壁左ルートの左氷柱が
無くなっていました。

2月11日(日)
5時起床。本流へ向かう。一の滝を巻き、二の滝に着くと先行者が5名、昨日
の待ち時間を鈴木ガイドが判断し先行者無しの「本流右側壁」を先にクライミン
グする事になる。
高さ50m下部と上部が垂直・・・・・。2ピッチのクライミングとなる。スタ
ートし1本目のスクリューを外し左に回り込んだ所で腕がパンプ「登れません・・」
「下ります・・・」、下から「頑張って登れ」、頭の中は真っ白で思考能力ゼロ。

「アイスクライミングでもテンションを掛けて休めるのだ・・・」とようやく
冷静になりレスト後再トライし、1ピッチ目を終了。氷壁でのハンギングビ
レー後2ピッチ目へトライ、1ピッチ目より易しく感じ終了点へ。
アプザイレンで下降「ヤレヤレ」。

場所を「二の滝」に移し順番を待ちしクライミング開始。
55mを2ピッチで登る、右側壁を登った後なので精神的にリラックスして
登れる。氷瀑の中でピッチを切ると冬壁の中に居る感じがして頭の中が高
ぶります。

帰りに、「左岸壁右ルート」を偵察する。「全面ヴァーティカルだぁ〜」

夕食は各自好みの物を作り残り「お酒」を飲みながら、問わず語りの楽
しいミーティングとなりました。

2月12日(月)
5時起床。「不動裏」へ向かう。F1を越えると左右に氷瀑が現れる。
先行者なし、しかし後続者あり。
まず左の氷瀑にアタック。スタートしルートを見上げる、「登れそうダー」
前日の学習効果で軽快に登る。但し、アイススクリューの無いザイルです。
右はバランスの取りにくいルート、出口付近のアイススクリュー回収は、
一瞬迷ったがアルパインクライミングでは無いのでノーテンを狙い回収
せずに後続者に託す。(^0^);;; イイノカあナーあー。

終了後、アプザイレンでF1まで下まで下降し、終了。

BCで昼食を取り、撤収。13時頃出発、駐車場に14時半頃着。
後は温泉だ!!。


グレード
不動前:后
本流右側壁:后
本流二の滝:3級下 后
不動裏左:3級 后
不動裏右:3級 后

私の感想。
BC地点へのアプローチも短く、
各氷瀑ともBCから近く非常に優れたエリアだと感じました。

不動前:何とか登れた
本流右側壁:頑張っても、登れない。課題を残した。
二の滝:やっとの思いで登れた。
不動裏左:楽しく登れた。
不動裏右:必死の思いで登れた。

左岸中央ルート(85m・4級上・此檗
の「ペンシル」・・・登ってみたい。
[2007年2月19日 22時57分55秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る