空の山通信11空の山通信11空の山通信11空の山通信11空の山通信11空の山通信11空の山通信11空の山通信11
空の山通信11

No.617  久しぶりです

 2週間以上このページを更新していなかった。掲示板に意味不明の書き込みが増えて,誰のための掲示板か分からなくなったので,しばらく更新をやめて様子を見たのだが,少しも減らないどころか却って増えてくる。仕方がないので掲示板を外すことにした。たまには何かの反応を見たいところだが,これもやむをえない。読者の皆さんもちょっと書き込みをしたことがあるかもしれないが,そういうわけなのでご容赦願いたい。

 梅雨明けは7月30日,8月に入ってからは毎日30度以上の猛暑が続いている。さすがの夏野菜も昼間はぐったりで,それでもキュウリやナスはよくとれるし,コショウも小さいながらよくなっている(たまに辛いのがあるがそれもよし)。ゴーヤがそろそろ最盛期を迎える。1日1本あればジュースくらいは十分だが,これからは2・3本は収穫が出来るかもしれない。

 今年はアゲハチョウの仲間がよく見られる。アゲハ,キアゲハ,カラスアゲハ,モンキアゲハである。サンタンカの花が2鉢あって,今赤い花をつけているところだが,これに止まって蜜を吸っているのはカラス,モンキの2種類である。大きな羽をパタパタとさせながら蜜を吸っている。止まっては吸い,吸っては上がり,また降りては止まり,それを繰り返す。従って,カメラを構えるといったん逃げるが,少し待てばまたやってくる。そのときシャッターを押せばよい。かなり近づいて写しても大丈夫である。
 アゲハは,サンタンカの近くを飛んでもとまることはあまりない。好みでないのだろうか。紫や青い系統の花が好きなように見える。蝶にも色や味の好みがあるのかもしれない。
 
 ちょっとセミが遅いかなと思っていたが,こうして暑くなると盛んに鳴くようになった。ヤナギの木に近づくと「ジジジ」と鳴いてパッと飛び立つ。抜け殻もあちこち見られるようになった。
 鳥も多いように思う。カラス,スズメ,ツバメ,ハトなどのほかに,ムクドリ,ヒヨドリ,セキレイなど,名前もよく知らない鳥が屋根の上で囀っている。一度詳しい人に聞いてみたいと思っているところだ。
 もう一つ,イタチが近くにすみついていて,よく顔を見せる。我が家を含む50メートル四方くらいの範囲でよく見かけるので,多分その範囲内に巣があるのだろうと思う。

 自然がだんだんなくなっていく,とよく言われるが,それでも我が家の周りにはまだまだ残っているほうだといえよう。