この文書はインターネットドラフトの日本語訳(和訳)です。 翻訳者はこの文書の翻訳の正確さを保障しません。 翻訳者はこの文書によって読者が被り得る如何なる損害の責任をも負いません。 この翻訳内容に誤りがある場合、訂正版の公開や、 誤りの指摘は適切です。 翻訳者はこの翻訳の配布に制限をしません。


Network Working Group                                            R. Bush
Internet-Draft                                                       IIJ
Expires: October 1, 2003                                         R. Fink
                                                           April 2, 2003


                     Delegation of E.F.F.3.IP6.ARPA
                        E.F.F.3.IP6.ARPAの委任
                draft-ymbk-6bone-arpa-delegation-01.txt

Status of this Memo
このメモの状態

   This document is an Internet-Draft and is in full conformance with
   all provisions of Section 10 of RFC2026.
   この文書はインターネットドラフトであって、そしてRFC2026の10
   章のすべての条項に完全適合です。

   Internet-Drafts are working documents of the Internet Engineering
   Task Force (IETF), its areas, and its working groups. Note that other
   groups may also distribute working documents as Internet-Drafts.
   インターネットドラフトはインターネット技術タスクフォース(IETF)
   とそのエリアとその作業グループの作業文書です。他のグループがインター
   ネットドラフトとして同じく作業文書を配るかもしれないことに注意してく
   ださい。

   Internet-Drafts are draft documents valid for a maximum of six months
   and may be updated, replaced, or obsoleted by other documents at any
   time. It is inappropriate to use Internet-Drafts as reference
   material or to cite them other than as "work in progress."
   インターネットドラフトは最大6カ月間有効なドラフト文書で、いつでも他
   の文書によって、更新か、置換えか、時代遅れにされるかもしれません。イ
   ンターネットドラフトは、「進行中の仕事」として以外に、参照材料あるい
   は引用として用いることは不適当です。

   The list of current Internet-Drafts can be accessed at http://
   www.ietf.org/ietf/1id-abstracts.txt.
   現在のインターネットドラフトのリストは
   http://www.ietf.org/ietf/1id-abstracts.txt でアクセスできます。

   The list of Internet-Draft Shadow Directories can be accessed at
   http://www.ietf.org/shadow.html.
   インターネットドラフトの影ディレクトリのリストは
   http://www.ietf.org/shadow.html でアクセスできます。

   This Internet-Draft will expire on October 1, 2003.
   このインターネットドラフトは2003年10月1日に期限が切れます。

Copyright Notice
著作権表示

   Copyright (C) The Internet Society (2003). All Rights Reserved.

Abstract
概要

   This document discusses the need for delegation of the
   E.F.F.3.IP6.ARPA DNS zone in order to enable reverse lookups for
   6bone addresses, and makes specific recommendations for the process
   needed to accomplish this.
   この文書は6boneアドレスの逆検索を可能にするためE.F.F.3.IP6.ARPA
   のDNSゾーンの委任の必要を論じ、そしてこれを達成する過程の特定の推
   薦をします。


1. 6bone and DNS
1. 6boneとDNS

   The 6bone, whose address space was allocated by [RFC2471], has
   provided a network for IPv6 experimentation for numerous purposes for
   seven years.  Up to the present time, reverse lookups for 6bone
   addresses have been accomplished through IP6.INT.  It is now
   important that the thousands of 6bone users be able to update their
   IPv6 software to use IP6.ARPA [RFC3152].
   [RFC2471]によってアドレス空間を割り当てられた6boneは7年間多数の
   目的のIPv6実験にネットワークを提供しました。現在まで、6bone
   アドレスの逆の検索はIP6.INTを通して達成されていました。何千という6b
   oneユーザがIP6.ARPA[RFC3152]を使うようにIPv6ソフトウェアを更新
   することが可能であることは現在重要です。

   Although the 6bone has a limited life, as a phaseout plan is being
   discussed at the IETF at this time [I-D.fink-6bone-phaseout], there
   is likely to be 2.5 to 3.5 more years of operation.  During this
   remaining 6bone lifetime IP6.ARPA reverse lookup services for the
   3ffe::/16 address space are required.
   段階的廃止計画が今IETFで論じられているように6boneが限定され
   た寿命を持っているけれども[I-D.fink-6bone-phaseout]、2.5年から
   3.5年以上の運用が続く可能性が高いです。この残りの6boneの寿命
   の間、3ffe::/16アドレス空間のIP6.ARPA逆引きサービスが必要とされます。

   Discussions have been underway between the 6bone and RIR communities,
   about having the RIRs perform this service.  It was agreed at the San
   Francisco IETF meeting in March 2003 that it was more practical for
   the 6bone to provide this service for itself.  This would relieve the
   RIRs of the costs of providing this service, yet still provide the
   IP6.ARPA authority the ability to terminate the service when the
   planned 6bone termination date is reached (currently anticipated to
   be June 6, 2006).
   6boneとRIR共同体の間で、RIRがこのサービスを行うようにする
   論議が進行中でした。6bone自身がこのサービスを提供することはより
   実際的であることが2003年3月のサンフランシスコIETFミーティン
   グにおいて同意されました。これはこのサービスを供給するコストからRI
   Rを解放し、計画された6bone終了日に(現在2006年6月6日と予
   測されます)、IP6.ARPA権威にサービスを終結する能力を用意するでしょう。

   The current planning within the 6bone operational community is to
   provide new inet6num attributes in the 6bone registry database for
   top level 6bone address space holders to request delegation to their
   reverse path servers.
   6boneの運用共同体の現在の計画は、6boneアドレス空間の最上位
   の保有者が逆のパスサーバに委任を求めるために6boneレジストリデー
   タベースに新しいinet6num属性を供給するはずです。

2. IANA Considerations
2. IANAの考慮

   This memo requests that the IANA delegate the E.F.F.3.IP6.ARPA domain
   to the 6bone as will be described in instructions to be provided by
   the IAB.  Names within this zone are to be further delegated within
   the top level 6bone ISPs (known as pTLAs) in accordance with the
   delegation of 6bone 3FFE::/16 address space.
   このメモは、IABによって供給される指令で記述されるであろうように、
   IANAが6boneにE.F.F.3.IP6.ARPAドメインを委任することを要請し
   ます。このゾーンの中の名前が6boneの3FFE::/16アドレス空間の委任の
   とおりに(pTLAとして知られている)最上位6boneISP内でさら
   に委任されるはずです。

3. Security Considerations
3. セキュリティの考慮

   While DNS spoofing of address to name mapping has been exploited in
   IPv4, delegation of the E.F.F.3.IP6.ARPA zone creates no new threats
   to the security of the internet.
   アドレスから名前へのマッピングの騙しがIPv4で存在するが、
   E.F.F.3.IP6.ARPAゾーンの委任がインターネットのセキュリティに対する新
   しい脅威を作りません。

Normative References
標準的参考文献

   [RFC2471]  Hinden, R., Fink, R. and J. Postel, "IPv6 Testing Address
              Allocation", RFC 2471, December 1998.

Informative References
有益な参考文献

   [I-D.fink-6bone-phaseout]
              Fink, R. and R. Hinden, "6bone (IPv6 Testing Address
              Allocation) Phaseout", draft-fink-6bone-phaseout-00 (work
              in progress), January 2003.

   [RFC3152]  Bush, R., "Delegation of IP6.ARPA", BCP 49, RFC 3152,
              August 2001.


Authors' Addresses
著者のアドレス

   Randy Bush
   IIJ
   5147 Crystal Springs
   Bainbrisge Island, WA  98110
   US

   Phone: +1 206 780 0431
   EMail: randy@psg.com
   URI:   http://psg.com/~randy/


   Robert Fink
   Truckee, CA
   US

   Phone:
   EMail: bob@thefinks.com


Intellectual Property Statement
知的所有権宣言

   The IETF takes no position regarding the validity or scope of any
   intellectual property or other rights that might be claimed to
   pertain to the implementation or use of the technology described in
   this document or the extent to which any license under such rights
   might or might not be available; neither does it represent that it
   has made any effort to identify any such rights. Information on the
   IETF's procedures with respect to rights in standards-track and
   standards-related documentation can be found in BCP-11. Copies of
   claims of rights made available for publication and any assurances of
   licenses to be made available, or the result of an attempt made to
   obtain a general license or permission for the use of such
   proprietary rights by implementors or users of this specification can
   be obtained from the IETF Secretariat.
   この文書に記述された実装や技術に関して主張される知的財産や他の権利の
   正当性や範囲について、この様な権利の元でライセンスが利用可能か利用不
   可能かの範囲について、IETFは何の立場もとりません;この様な権利を
   認識する調査をしたとは述べません。IETF標準手続きと標準関連文書で
   の権利に関しての手順の情報はBCP-11を見てください。出版に利用する権利
   の利用可能性とライセンスの保証の利用可能性か、あるいはこの仕様書の実
   装者や利用者のこの様な所有権の一般的ライセンスや許可を得る試みの結果
   はIETF事務局で得られます。

   The IETF invites any interested party to bring to its attention any
   copyrights, patents or patent applications, or other proprietary
   rights which may cover technology that may be required to practice
   this standard. Please address the information to the IETF Executive
   Director.
   IETFは興味を持った誰からでもこの標準を実行するのに必要な技術をカ
   バーする著作権や特許や特許出願や他の所有権の注意を持ってくるように求
   めます。どうかIETF専務に情報を伝えてください。


Full Copyright Statement
著作権表示全文

   Copyright (C) The Internet Society (2003). All Rights Reserved.
   著作権(C)インターネット学会(2003)。すべての権利は保留される。

   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works. However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.
   上記著作権表示とこの段落が全ての複写や派生的な仕事につけられていれば、
   この文書と翻訳は複写や他者への提供ができ、そしてコメントや説明や実装
   を支援する派生的な仕事のためにこの文書の全部か一部を制約なく複写や出
   版や配布できます。しかし、この文書自身は、英語以外の言葉への翻訳やイ
   ンターネット標準を開発する目的で必要な場合以外は、インターネット学会
   や他のインターネット組織は著作権表示や参照を削除されるような変更がで
   きません、インターネット標準を開発する場合はインターネット標準化プロ
   セスで定義された著作権の手順に従われます。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assignees.
   上に与えられた限定された許可は永久で、インターネット学会やその後継者
   や譲渡者によって無効にされません。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
   この文書とここに含む情報は無保証で供給され、そしてインターネット学会
   とインターネット技術標準化タスクフォースは、特別にも暗黙にも、この情
   報の利用が権利を侵害しないことや商業利用や特別の目的への利用に適当で
   ある事の保障を含め、すべての保証を拒否します。

Acknowledgement
謝辞

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.
   RFCエディタ機能のための資金供給が現在インターネット学会によって
   供給されます。

[]Japanese translation by Ishida So