この文書はRFC3109の日本語訳(和訳)です。 この文書の翻訳内容の正確さは保障できないため、 正確な知識や情報を求める方は原文を参照してください。 翻訳者はこの文書によって読者が被り得る如何なる損害の責任をも負いません。 この翻訳内容に誤りがある場合、訂正版の公開や、 誤りの指摘は適切です。 この文書の配布は元のRFC同様に無制限です。


Network Working Group                                          R. Braden
Request for Comments: 3109                                           ISI
Category: Informational                                          R. Bush
                                                                   RGnet
                                                              J. Klensin
                                                                    AT&T
                                                                May 2001


               Request to Move STD 39 to Historic Status
                  STD39を歴史的に移動する要求

Status of this Memo
この文書の状態


   This memo provides information for the Internet community.  It does
   not specify an Internet standard of any kind.  Distribution of this
   memo is unlimited.
   このメモはインターネット共同体の情報を供給します。これはインターネッ
   ト標準を指定しません。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice
著作権表示

   Copyright (C) The Internet Society (2001).  All Rights Reserved.

Abstract
概要

   This memo changes the status of STD 39, BBN Report 1822,
   "Specification of the Interconnection of a Host and an IMP", from
   Standard to Historic.
   このメモは「標準」から「歴史的」にSTD39、BBN報告1822、
   「ホストとIMPの相互関連の仕様書」、の状態を変えます。

1. Introduction
1. はじめに


   The Internet design grew out of the pioneering packet-switched
   network called the ARPAnet.  The ARPAnet was a mostly-US national
   network built of mini-computer packet switches, called Interface
   Message Processors (IMPs), that were linked by 56kbps leased
   telephone lines.  The IMPs were designed and built by Bolt, Beranek,
   and Neumann (BBN) under contract with ARPA, beginning in 1968.  One
   of BBN's first tasks was to define the standard hardware interface
   between a host and a colocated IMP.  This interface was described in
   BBN Report 1822 [BBN1822], which was a bible for the administrators
   of the many different hosts that connected to the ARPAnet.
   インターネットのデザインはARPAnetと呼ばれる先駆者的なパケット
   交換ネットワークから生じました。ARPAnetはインタフェースメッセー
   ジプロセッサ(IMP)と呼ばれるミニコンピュータパケットスイッチで構
   築されるほとんど米国の国立ネットワークで、56Kbpsの専用電話線で
   つながれてました。IMPは1968年に始まり、ARPAと契約を結んだ
   BoltとBeranekとNeumann(BBN)によって設計され、作られました。BB
   Nの最初の仕事の1つがホストと一緒に設置されたIMP間の標準ハードウェ
   アインタフェースを定義する事でした。このインタフェースはBBN報告1
   822[BBN1822]で記述され、これはARPAnetに接続した多くの異な
   るホストの管理者の聖書でした。

   The BBN Report 1822 host/IMP hardware interface was bit-serial and
   asynchronous.  In 1968, the 8-bit byte had not yet been adopted as an
   industry standard, so the interface had to cope with word-based
   machines with arbitrary word length -- some common word lengths were
   8, 12, 16, 24, 36, and 60, but there were others.  From the software
   viewpoint, Report 1822 defined what would today be called the link-
   layer access protocol for the ARPAnet.
   BBN報告1822ホスト/IMPハードウェアインタフェースはビットシ
   リアルで、非同期でした。1968年に、8ビットのバイトはまだ工業規格
   に採用されておらず、インタフェースは任意のワード長のワードベースマシ
   ンにうまく対処しなければなりませんでした−ある共通ワード長が8と12
   と16と24と36と60で、他のものもありました。ソフトウェア観点か
   ら、1822報告はARPAnetで、今日リンクレイヤアクセスプロトコ
   ルと呼ばれるものが何であったかを定義します。

   In 1983 the US DoD moved the ARPAnet technology to TCP/IP and split
   off parts of the ARPAnet to form a production facility called MILNET.
   The DoD mandated a byte-oriented, X.25-based interface for the MILNET
   IMPs.  However, the machines on the research-oriented ARPAnet
   continued to use the 1822 interface under the new Internet protocol
   suite.  Therefore, BBN Report 1822 was made an Internet Standard, STD
   39, although the report was not republished as an RFC.
   1983年に合衆国DoDはARPAnet技術をTCP/IPに動かし、
   MILNETと呼ばれたプロダクト機能を形成するためにARPAnetの
   一部を切り離しました。DoDはMILNET−IMPで1バイト指向の、
   X.25ベースのインタフェースを義務化しました。しかしながら、研究指向
   のARPAnet上のマシンは新しいインターネット・プロトコルスイート
   の下で1822インタフェースを使い続けました。それ故に、BBN報告1
   822が、報告がRFCとして再発行されなかったが、インターネット標準、
   STD39、にされました。

2. Action
2. 行動

   Since the ARPAnet technology and the BBN 1822 interface are no longer
   in use, the IESG is moving BBN Report 1822 from Standard to Historic
   status.  The STD number 39 is retired.
   ARPAnet技術とBBN1822のインタフェースがもう使用していな
   いので、IESGはBBN報告1822を標準から歴史的な状態に動かしま
   す。STD番号39は引退します。

3. Security Considerations
3. セキュリティの考察

   Moving STD 39 to historic has no known effect on the security of the
   Internet.
   STD39を歴史的にする事はインターネットセキュリティに対する周知の
   効果を持ちません。


4. References
4. 参考文献


   [BBN1822] STD 39 is BBN Report 1822 "Specification for the
             Interconnection of a Host and an IMP".  This can be ordered
             from Bolt, Beranek, and Newman, 10 Moulton Street,
             Cambridge, MA 02138.


5. Authors' Addresses
5. 著者のアドレス


   Robert Braden
   USC/Information Sciences Institute
   4676 Admiralty Way
   Marina del Rey, CA 90292-6695

   Phone: +1 310-822-1511
   EMail: braden@isi.edu


   Randy Bush
   5147 Crystal Springs
   Bainbridge Island, WA US-98110

   Phone: +1 206-780-0431
   EMail: randy@psg.com


   John C. Klensin
   1770 Massachusetts Ave, Suite 322
   Cambridge, MA 02140, USA


   EMail: klensin@jck.com



6. Full Copyright Statement
6. 著作権表示全文

   Copyright (C) The Internet Society (2001).  All Rights Reserved.
   著作権(C)インターネット学会(2001)。すべての権利は保留される。

   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.
   上記著作権表示とこの段落が全ての複写や派生的な仕事につけられていれば、
   この文書と翻訳は複写や他者への提供ができ、そしてコメントや説明や実装
   を支援する派生的な仕事のためにこの文書の全部か一部を制約なく複写や出
   版や配布できます。しかし、この文書自身は、英語以外の言葉への翻訳やイ
   ンターネット標準を開発する目的で必要な場合以外は、インターネット学会
   や他のインターネット組織は著作権表示や参照を削除されるような変更がで
   きません、インターネット標準を開発する場合はインターネット標準化プロ
   セスで定義された著作権の手順に従われます。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.
   上に与えられた限定された許可は永久で、インターネット学会やその後継者
   や譲渡者によって無効にされません。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
   この文書とここに含む情報は無保証で供給され、そしてインターネット学会
   とインターネット技術標準化タスクフォースは、特別にも暗黙にも、この情
   報の利用が権利を侵害しないことや商業利用や特別の目的への利用に適当で
   ある事の保障を含め、すべての保証を拒否します。

Acknowledgement
謝辞

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.
   RFCエディタ機能のための資金供給が現在インターネット学会によって
   供給されます。

[]Japanese translation by Ishida So