この文書はRFC3392の日本語訳(和訳)です。 この文書の翻訳内容の正確さは保障できないため、 正確な知識を求める方は原文を参照してください。 翻訳者はこの文書によって読者が被り得る如何なる損害の責任をも負いません。 この翻訳内容に誤りがある場合、訂正版の公開や、 誤りの指摘は適切です。 この文書の配布は元のRFC同様に無制限です。


Network Working Group                                         R. Chandra
Request for Comments: 3392                              Redback Networks
Obsoletes: 2842                                               J. Scudder
Category: Standards Track                                  Cisco Systems
                                                           November 2002


                 Capabilities Advertisement with BGP-4
                           BGP4の能力通知

Status of this Memo
この文書の状態


   This document specifies an Internet standards track protocol for the
   Internet community, and requests discussion and suggestions for
   improvements.  Please refer to the current edition of the "Internet
   Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state
   and status of this protocol.  Distribution of this memo is unlimited.
   この文書はインターネット共同体のためのインターネット標準化作業中のプ
   ロトコルを指定して、そして改良のために議論と提案を求めます。標準化状
   態とこのプロトコル状態は「インターネット公式プロトコル標準」(STD
   1)の現在の版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice
著作権表示

   Copyright (C) The Internet Society (2002).  All Rights Reserved.

Abstract
概要

   This document defines a new Optional Parameter, called Capabilities,
   that is expected to facilitate the introduction of new capabilities
   in the Border Gateway Protocol (BGP) by providing graceful capability
   advertisement without requiring that BGP peering be terminated.
   この文書は能力と呼ばれる新しい任意パラメータを定義します、これはボー
   ダーゲートウェイプロトコル(BGP)ピアリングを終了しない素直な能力
   通知を提供し、BGPに新しい能力の導入を容易にすると期待されます。

   This document obsoletes RFC 2842.
   この文書はRFC2842を時代遅れにします。

1. Introduction
1. はじめに

   Currently BGP-4 requires that when a BGP speaker receives an OPEN
   message with one or more unrecognized Optional Parameters, the
   speaker must terminate BGP peering.  This complicates introduction of
   new capabilities in BGP.
   現在BGP4はBGPルータが1つ以上の認識できない任意パラメータでO
   PENメッセージを受け取る時、ルータががBGPピアリングを終えなくて
   はならないことを要求します。これはBGPに新しい能力を導入するのを複
   雑にします。

2. Specification of Requirements
2. 必要条件の仕様

   The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT",
   "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this
   document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].
   この文書のキーワード"MUST"と"MUST NOT"と"REQUIRED"と"SHALL"と"SHALL
   NOT"と"SHOULD"と"SHOULD NOT"と"RECOMMENDED"と"MAY"と"OPTIONAL"は
   RFC2119[RFC2119]で記述されるように解釈します。

3. Overview of Operations
3. オペレーションの概要

   When a BGP speaker [BGP-4] that supports capabilities advertisement
   sends an OPEN message to its BGP peer, the message MAY include an
   Optional Parameter, called Capabilities.  The parameter lists the
   capabilities supported by the speaker.
   能力通知をサポートするBGPルータ[BGP-4]がそのBGPピアにOPENメッ
   セージを送る時、メッセージには能力と呼ばれる任意のパラメータを含むか
   もしれません(MAY)。パラメータはルーターのサポートする能力をリストアッ
   プします。

   A BGP speaker determines the capabilities supported by its peer by
   examining the list of capabilities present in the Capabilities
   Optional Parameter carried by the OPEN message that the speaker
   receives from the peer.
   BGPルータが、BGPピアから受け取るOPENメッセージ内の能力任意
   パラメータ中の能力リストを調べることで、BGPピアのサポートする能力
   を決定します。

   A BGP speaker that supports a particular capability may use this
   capability with its peer after the speaker determines (as described
   above) that the peer supports this capability.
   特定の能力を有するBGPルータは、ピアがその能力を持っていると決定後
   (上記の手順で)ピアに対してその能力を使うかもしれません。

   A BGP speaker determines that its peer doesn't support capabilities
   advertisement, if in response to an OPEN message that carries the
   Capabilities Optional Parameter, the speaker receives a NOTIFICATION
   message with the Error Subcode set to Unsupported Optional Parameter.
   In this case the speaker SHOULD attempt to re-establish a BGP
   connection with the peer without sending to the peer the Capabilities
   Optional Parameter.
   BGPルータは、もし能力任意パラメータを含むOPENメッセージの応答
   で、エラーサブコードに未サポートオプションを設定されたNOTIFIC
   ATIONメッセージを受け取るなら、BGPピアが能力通知をサポートし
   ないと決定します。この場合ルーターはBGPピアに能力任意のパラメータ
   なしでBGP接続を再確立する事を試みるべきです(SHOULD)。

   If a BGP speaker that supports a certain capability determines that
   its peer doesn't support this capability, the speaker MAY send a
   NOTIFICATION message to the peer, and terminate peering (see Section
   "Extensions to Error Handling" for more details).  The Error Subcode
   in the message is set to Unsupported Capability.  The message SHOULD
   contain the capability (capabilities) that causes the speaker to send
   the message.  The decision to send the message and terminate peering
   is local to the speaker.  If terminated, such peering SHOULD NOT be
   re-established automatically.
   もしある能力をサポートするBGPルータが、自己のBGPピアがこの能力
   をサポートしないと判断したら、ルータはBGPピアにNOTIFICAT
   IONメッセージを送り、ピアリングを終了するかもしれません(MAY)(詳細
   は「エラー操作の拡張」の章を見てください)。メッセージでのエラーサブ
   コードは未サポート能力です。ルータがメッセージを送る原因になった能力
   をメッセージに含めるべきです(SHOULD)。メッセージを送り、ピアリングを
   終了するかはルータの個別問題です。このようなピアリングは自動的に再度
   確立されるべきでありません(SHOULD NOT)。

4. Capabilities Optional Parameter (Parameter Type 2):
4. 能力オプションパラメータ(パラメータタイプ2):

   This is an Optional Parameter that is used by a BGP speaker to convey
   to its BGP peer the list of capabilities supported by the speaker.
   これはルータがBGPピアにサポートする能力のリストを示すために使う任
   意のパラメータです。

   The parameter contains one or more triples <Capability Code,
   Capability Length, Capability Value>, where each triple is encoded as
   shown below:
   パラメータは、いかに示す構造の3項組<能力コード、能力値長、能力値>
   を1つ以上含みます:

       +------------------------------+
       | Capability Code (1 octet)    |
       +------------------------------+
       | Capability Length (1 octet)  |
       +------------------------------+
       | Capability Value (variable)  |
       +------------------------------+

   The use and meaning of these fields are as follows:
   これらのフィールドの使い方と意味は次の通りです:

      Capability Code:
      能力コード

         Capability Code is a one octet field that unambiguously
         identifies individual capabilities.
         能力コードは1オクテットフィールドで、個々の能力を明確に識別し
         ます。

      Capability Length:
      能力値長

         Capability Length is a one octet field that contains the length
         of the Capability Value field in octets.
         能力値長は1オクテットフィールドで、能力値フィールドの長さです。

      Capability Value:
      能力値

         Capability Value is a variable length field that is interpreted
         according to the value of the Capability Code field.
         能力値は能力コードフィールドの値に従って解釈される可変長フィー
         ルドです。

   BGP speakers SHOULD NOT include more than one instance of a
   capability with the same Capability Code, Capability Length, and
   Capability Value.  Note however, that processing of multiple
   instances of such capability does not require special handling, as
   additional instances do not change the meaning of announced
   capability.
   BGPルータは同じ能力コードと能力長と能力値の能力を複数含むべきでは
   ありません(SHOULD NOT)。しかし、同じ能力が多数存在しても、追加の能力
   が意味を変えないので、特別処理が必要でないことに注意してください。

   BGP speakers MAY include more than one instance of a capability (as
   identified by the Capability Code) with non-zero Capability Length
   field, but with different Capability Value, and either the same or
   different Capability Length.  Processing of these capability
   instances is specific to the Capability Code and MUST be described in
   the document introducing the new capability.
   BGPルータは、ゼロ以外の能力長フィールドで、異なった能力値で、同じ
   か異なる能力値長の、複数の(同じ能力コードの)能力を含むかもしれませ
   ん(MAY)。これらの能力の処理は能力コードに固有で、新しい能力を紹介して
   いる文書で記述されなくてはなりません(MUST)。

5. Extensions to Error Handling
エラー操作の拡張

   This document defines new Error Subcode - Unsupported Capability.
   The value of this Subcode is 7.  The Data field in the NOTIFICATION
   message SHOULD list the set of capabilities that cause the speaker to
   send the message.  Each such capability is encoded the same way as it
   would be encoded in the OPEN message.
   この文書は新しいエラーサブコードを定義します−未サポート能力。このサ
   ブコードの値は7です。NOTIFICATIONメッセージのデータフィー
   ルドにはルータがメッセージを送る原因になった能力をリストアップすべき
   です(SHOULD)。これらの能力はOPENメッセージのコード化と同じように
   コード化します。

6. IANA Considerations
6. IANAの考慮

   This document defines a Capability Optional Parameter along with an
   Capability Code field.  IANA maintains the registry for Capability
   Code values.  Capability Code value 0 is reserved.  Capability Code
   values 1 through 63 are to be assigned by IANA using the "IETF
   Consensus" policy defined in RFC 2434.  Capability Code values 64
   through 127 are to be assigned by IANA, using the "First Come First
   Served" policy defined in RFC 2434.  Capability Code values 128
   through 255 are for "Private Use" as defined in RFC 2434.
   この文書が能力コードフィールドとともに能力任意パラメータを定義します。
   IANAは能力コード値の登録を維持します。能力コード値0が予約されま
   す。能力コード1から63までの値がRFC2434で定義した「IETF
   コンセンサス」ポリシーに従い、IANAによって割り当てられるはずです。
   能力コード64から127までの値がRFC2434で定義された「最初来
   たのに最初を渡す」ポリシーに従いIANAによって割り当てられるはずで
   す。能力コード128から255までの値が、RFC2434で定義される
   ように「私的な使用」のためです。

7. Security Considerations
7. セキュリティ考察

   This extension to BGP does not change the underlying security issues
   inherent in the existing BGP [Heffernan].
   このBGPへの拡張は既存のBGP[Heffernan]に固有のセキュリティ問題
   を変えません。

8. Acknowledgements
8. 謝辞

   The authors would like to thank members of the IDR Working Group for
   their review and comments.
   著者は、彼らの批評とコメントに対してIDRワーキンググループのメンバー
   に感謝したいです。

9. Comparison with RFC 2842
9. RFC2842の比較

   In addition to several minor editorial changes, this document also
   clarifies how to handle multiple instances of the same capability.
   いくつかのマイナーな編集上の変更のほかに、この文書は多数の同じ能力を
   処理する方法を明確にします。

10. References
10. 参考文献

   [BGP-4]      Rekhter, Y. and T. Li, "A Border Gateway Protocol 4
                (BGP-4)", RFC 1771, March 1995.

   [Heffernan]  Heffernan, A., "Protection of BGP Sessions via the TCP
                MD5 Signature Option", RFC 2385, August 1998.

   [RFC2119]    Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate
                Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

11. Authors' Addresses
11. 著者のアドレス

   Ravi Chandra
   Redback Networks Inc.
   350, Holger Way
   San Jose, CA 95134

   EMail: rchandra@redback.com


   John G. Scudder
   Cisco Systems, Inc.
   170 West Tasman Drive
   San Jose, CA 95134

   EMail: jgs@cisco.com


12.  Full Copyright Statement
12.  著作権表示全文

   Copyright (C) The Internet Society (2002).  All Rights Reserved.
   著作権(C)インターネット学会(2002)。すべての権利は保留される。

   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.
   上記著作権表示とこの段落が全ての複写や派生的な仕事につけられていれば、
   この文書と翻訳は複写や他者への提供ができ、そしてコメントや説明や実装
   を支援する派生的な仕事のためにこの文書の全部か一部を制約なく複写や出
   版や配布できます。しかし、この文書自身は、英語以外の言葉への翻訳やイ
   ンターネット標準を開発する目的で必要な場合以外は、インターネット学会
   や他のインターネット組織は著作権表示や参照を削除されるような変更がで
   きません、インターネット標準を開発する場合はインターネット標準化プロ
   セスで定義された著作権の手順に従われます。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.
   上に与えられた限定された許可は永久で、インターネット学会やその後継者
   や譲渡者によって無効にされません。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
   この文書とここに含む情報は無保証で供給され、そしてインターネット学会
   とインターネット技術標準化タスクフォースは、特別にも暗黙にも、この情
   報の利用が権利を侵害しないことや商業利用や特別の目的への利用に適当で
   ある事の保障を含め、すべての保証を拒否します。

Acknowledgement
謝辞

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.
   RFCエディタ機能のための資金供給が現在インターネット学会によって
   供給されます。

[]Japanese translation by Ishida So