わたくし流モダンジャズ道へ


どうも これはわたくしの勘違いのようで・・・

アートブレイキー初来日のこと


芦澤利夫さんの著書

 わたくしのハム仲間でジャズ&オーディオに凝っておられるNさんから、最近「 趣味に生きる愉しみ」(2001.8発行、ダブリュネット刊 右写真)という本をお借りした。

 この本の著者の芦澤利夫さんは、わたくしの所からごく近い自然豊かな飯山に現在お住まいですが、お若いときから来日ジャズメンの東京でのライブは、ほとんどお聴きになっていらっしゃる本格的なマニアというだけあって、ドキドキ ワクワクするような羨ましい体験談が本書にたくさん書かれています。

 この本の中で、初来日したアートブレイキーのことも触れておられて、わたくしが聴いたのは、どうも1961.1.15 東京都体育館でのライブであったらしい。この日は一般のファンを対象としたものではなく、ミュージシャンなど音楽関係者を招待して、ブレイキーたちを歓迎する親睦交流会みたいなもので、確か大学のわたくしの所属するビッグバンドも前座で演奏したと思う。

 なぜわたくしがステージ上のわきで彼のドラミングを聴いていたのかも、これで合点がいった。てっきり大学の講堂かと思っていたのですが、当時ライブの定番だった産経ホールだったかも知れないと、内心モヤモヤしていたのです。 (2005.4.26記)

 幸運なことに最近、著者の芦澤さんから、今も大事に保管されておられるこのときの貴重な資料を、見せていただきましたので、お許しを得てデジカメで撮影させていただきました。

 この日本にアートブレイキー御大が、モダンジャズのすばらしさを直々に伝えてくれた歴史的な資料であり、このわたくしにとっても生まれて初めて本場のジャズと接っすることができた、思い出深い資料であります。これはもう涙なくしては、語れない、眺められない・・ですね。

 下写真 左側がこのときのプログラムで、右側が1961.1.15招待入場券です。      (2005.8.27追記)


アートブレイキー初来日プログラム アートブレイキー初来日招待入場券

 ナ、なんと、この初来日の模様を、じつはTBSが特番放送用に、公演のすべてを収録していたんだそうです。
 1961.1.2 の記念すべき初演は、東京産経ホールだったのですね。放送局に保管してあった収録テープは、関係者の並々ならぬご努力で、1981年にようやくLPレコード(2枚組)で日の目を見て、下のジャケット写真は、CD時代となってすでに三回目の発売になるという、人気盤CDなんですと。(2枚組) 

 今聴いても、彼らメンバーたちのハードバップ、ファンキージャズへの並々ならぬ情熱と自信みたいなものが、時を超えてストレートにこちらに伝わってきます。
 ウェインショーターの影響も大きいのでしょうが、全然古くありませんよね。当時聴いたときの感激は、それはそれは大変なものだったのですが、半世紀近く経った今聴いて思うことは、ジャズに対していかに無知だったことか、なつかしくもあり、恥ずかしくもあり、ですね。
 なにしろ本場のナマのジャズを聴くのは、わたくしも含めてほとんどの日本人にとって初体験だったのですから・・・・。 (2007.2.1追記)


CDジャケット写真・1961アートブレイキーとジャズメッセンジャース

CD ライブインジャパン〜1961 1961,1,2録音 エムアンドアイ・カンパニー(2枚組)
 収録曲目は、DISC 1 1.THE SUMMIT 2.THE BREEZE AND I 3.BLUES MARCH 4.MOANIN' 5.IT'S ONLY A PAPER MOON DISC 2 1.NELLY BLY 2.DAT DERE 3.ROUND ABOUT MIDNIGHT 4.A NIGHT IN TUNISIA
 パーソネルは、Art Blakey(leader,ds) Lee Morgan(tp) Wayne Shorter(ts) Bobby Timmons(p) Jymie Merritt(b)


   このウインドウを閉じる
   このページへ直接入られた方は、前のウインドウに戻る

このページへ直接入られた方は、ハードバップ・ファンキージャズの源流を辿る・アートブレイキーとジャズメッセンジャーズ モダンジャズの魅力・ジャズジャイアンツを紹介したわたくし流モダンジャズ道 もぜひご覧ください。
( Copyright (C) 2005-2013 TOKU All Rights Reserved.)