風雲急を告げている・・・アセンションに向けてなすべきこと

力強い生命エネルギーを注いでくれている太陽さん はじめに・・・風雲急を告げている
  アセンションするとは・・・三次元の実態
  アセンションへの道すじ・・・五次元世界へ
  目覚めるために、何をどうすればいいか
  選択は、あなたに委ねられている
  エピローグ ・・・自分自身に集中すべきとき

NEW!アセンションの真実、この今は三次元世界で多次元の自分自身に繋がり、しっかりと行動すべきとき! (2014.2.4)

  上記の各項目をクリックしてくださいね。本題に飛びます。

スマホ


はじめに ・・・風雲急を告げている!

地球が変、自然が変、人間も変 ・・・あなたのまわりのこの大きな変化を、どう感じておられますでしょうか。
 人類が未だかつて経験したことのない宇宙規模の大きな出来事が、現在地球上で着々と進んでいることを、ご存知でしょうか。
 これこそ「アセンション」「人類の意識の上昇と肉体の変容」と言われるものです。

 今、多くの方がそのことに気づき、来るべきその時のために準備をしているのです。でも、まだこのことに目覚めていない方も、多いのです。
 わたくしたちのまわりには、あまりにも多くの誘惑 ・・・支配欲、物欲、金銭欲など我欲を刺激するものごと、が待ち受けています。そして、際限のない欲望のために、人間だけでなく、地球も、自然も、すべてのものを、今や再生ができないほどに痛め続けてきているのです。このままだと、破滅以外に道はないところまで来てしまいました。それでも、そのことに気づかない、いゃ、気づこうと、多くの方はしていません。

 「アセンション」に目覚めた人、大変革を悟った人は、この事実をまわりのできるだけ多くの方々に伝えなければならない、大事な時期に今来ていることを知りましょう。とにかく時間がないのです。「アセンション」は、誰にとっても、これ以上に重要なことは何もないことを伝えていきましょう。マスコミの情報をいくら待っても、それは最後の最期になるまで期待できないでしょう。よしんば、あったとしても、それはいつもの「何も心配はいりません。」の繰り返しか、ひょっとすると、不安と恐怖を煽るニュースかもしれませんね。

 幸せの青い鳥を、あなたは今も自分の外に探し求めていませんか。それは、いくら外に求め続けても、決して見つかることはありません。自分に集中するときではないでしょうか。今こそ、自分の中にそれがあることを信ずるときです。何人も既成概念、信条、ルールを変えることは、とても勇気がいることですが、受け入れる覚悟をいったん決めると、驚くくらいに自分を変えることができるのです。意識の変容です。
 
 そこから今まで見えてなかったもの、聴こえてなかったもの、まぁ、五感を超えたあるものが、じつは把握できるようになるのです。これは、昔から宗教などで言われているところの「悟り」とか「覚醒」に近い感覚なのかもしれません。物質世界を超えた多次元世界(非物質界)へと、足を踏み入れることができるのです。これこそあなたが求めた、あなた自身の「ふるさと」だったことを思い起こすことでしょう。


アセンションするとは、・・・この物質世界、三次元の実態

「アセンション(ascension)」という言葉は、精神世界にちょっとでも関心を持った方なら、知らない人がいないくらい、最近は一般的な用語になってきましたね。

 わたくしがこの言葉を知ったのは、2007年の夏でした。ネットサーフィン中に、たまたま見つけたのです。
 もともとは、チャネリングとか、こうした類いの言葉とか内容は、好きではありませんでしたから、そのままスルーしていたのですが、このときは、どうしたことか「地球の変革」とか、この「アセンション」という言葉が妙に気になって、深く踏み入ることになったのです。
 縁というか、そういうタイミングに合ったということですが、これこそ、「シンクロニシティー」(共時性)だったのですね。

 さて、その「アセンション」ですが、内容そのものは、とても奥深いものです。
簡単に言ってしまうと、「次元上昇する」ということ。とくに今回のアセンションは、人間の意識が、肉体を持ったままで、地球、太陽系とともに次元上昇するという、それこそ何億年も前からプログラムされた宇宙の壮大な計画なのだそうです。

 今回この言葉が使われだしたのは、比較的最近のことだそうで、それまでは「地球の大変革(Earth Changes)」と言っていたようです。ただ、それらしき内容は、いろいろな宗教、占星学、神話などで、古代から言い伝えられてきたものなのですね。
 つい最近になって、はっきりとしてきたことがあります。

 じつはこの出来事は、宇宙の創造主と言われる大本の叡智であり、万物の進化のために計画されたものだった、ということです。決して夢物語というような生易しいものではなく、この今、現実の世界で実際に起こっている 現在進行形の出来事だということです。しかも、2012年*という総仕上げの時期が示されていたのです。

 地球はこの年の冬至を境に、三次元世界から五次元世界というまったく新しい領域に入る。「分離」の時代から「統合」の新しい時代に入る一大転換点とされる。この地球の次元上昇に合わせて、人類もアセンションできるかが大きなポイントとなる。

 人間はもともと、五次元以上の魂を持っており、そこを故郷としていたのですが、肉体を持たなければ学ぶことができないものを学ぶために、この現在の三次元世界に次元を下げて来たものという。そして、いつでもその肉体から離れることができ、上の次元に戻ることができたという。

 しかし、この現世にあまりにも執着し過ぎたので、いつの間にか魂は、肉体から離れることを忘れ、そして、閉じ込められてしまったというのです。しかも、カルマ(業、魂の望まない想い、行為) により、肉体の死とともに四次元に入り、この間を「輪廻転生」することになってしまったというのです。
 人間の持つ「我欲」「エゴ」がそうさせてしまったのですね。この四次元(霊界と言われる世界)は、人間の想念が創りだした世界だというのです。

 自分で出したものは、必ず自分に還るという「宇宙の法則」により、自分のカルマをつぎの生で解消できないときは、解消するまで何度も何度も生まれ変りをしてきたのです。学びのために、すべての記憶を封印されたままで・・・。
 と言うことは、真の世界は五次元以上にあるということ。三次元、四次元は、じつは「仮想の現実」(マトリックスともいう) であるということを、思い出さないといけない、ということです。
 また、肉体の死はあっても、魂は永遠の存在、であるということ。魂は死なないのです。不滅なのです。

 そんなバカな、目の前にある物質世界が、仮想世界だと。幻だと。
 ムリもありません。人類は何万年、何十万年もそう思ってきたのですから、正確には、そう思い込まされてきたのだという。
 支配者というものに、巧妙に奴隷のようにコントロールされてきたのだと。肉体の奥に秘められた「魂の真実」を思い出させないようにと、長い間刷り込まれてきたのです。死後はすべてが無に帰し、この物質世界だけが真の世界だと・・・

 そして、人間が持つ「欲」というものを利用して、ムリヤリ競争を強いられてきたのです。戦争を強いられてきたのです。その支配者自身でさえも、自分がその枠組みの中に取り込まれていることを知らないで・・・。
 現在の地球上では、人間 誰もが支配者であり、同時に支配される者になってしまった、と思うのです。

神州のマンダラ


アセンションへの道すじ ・・・五次元世界へ

現在、地球は、五次元に向けて順調に波動を上昇しています。それは、まわりの多くの人たちが、テレパシーとか、チャネリングという形で、わたくしたちをサポートしてくれている宇宙のいろいろな存在たちから、メッセージを受け取ることができるようになったり、ヒーリング、リーディングなど特別な能力が、使えるようになってきているのですから。

 これらの能力は、五次元以上では、みんなに備わった当たり前の能力だというのに、そんなことはできないもの、と信じ込まされてきたのです。
 (四次元でもそんなことは簡単にできるのですが、三次元の「欲」をそのままひきずってきているために、浮遊霊、自縛霊などはそのことに気づいていないのだそうです。この四次元は、間もなくなくなるという。)

 ごく近い将来には、間違いなくこの太陽系は、五次元世界に突入するという。創造主の計画どおりに。
 では、この五次元とは、いったいどんな世界なのだろう。

 ここでは、思ったときに、思った場所にいつでも瞬時に行けるのだという。そこには競争もなければ、争いもない。各人が思い思いに好きなことができるのだという。愛と慈悲に包まれた平和な世界だという。
 憎しみも、悲しみもない、穏やかであたたかで、しあわせいっぱいの桃源郷なのだという。まるで肉体に羽根を持った天使のようになるのだろうか。

 もはや死ぬこともなく、このまま肉体は持って行ける、ということらしい。今まで封印されていた過去の記憶も、すべてよみがえるという。そして、いつでも衣を脱ぐように、肉体を離れることが自由にできるようになるのだとも。

 しかしです。人間は、今持っている欲、執着、カルマを抱えたままでは、絶対に行くことができない世界だという。
 魂のアカを取り去らないと行けないのだ。この三次元の粗い波動を持ったままでは、行けないというのだ。
 本来の、まっさらの魂に戻らなければならないというのだ。


では、具体的に何をどうすればいいのか

現在、お気づきの方も多いと思いますが、毎日仰ぐ太陽の光はとても強いですね。真冬でも、まるで春のような陽射しを注いでくれている。
 そして、宇宙のいろいろなところからも、未曾有の強い光エネルギー、生命エネルギーが注がれています。今、このエネルギーを波動として、からだ全体で感じておられる方も多い。
 これは、人類のカルマを浄化させるため、そして、眠っている魂を目覚めさせるためだ、というのです。あなたも、「光の存在」のひとりであることを思い出させるために。

 じっさい、魂はすでに目を覚まし、大きな声であなたに向けて叫び続けているのです。気がつかないあなたを、いろいろな方法、手段で、今あなたに知らせているのです。
 あなたの直感で、早く気づいてあげてください。内なる魂の声を聞いてあげてください。

 アセンションの進行とともに、時間がだんだんと短くなっているという。誰もが最近「時間が経つのが早い」と感じていることは、どうやら本当のようだ。

 宇宙の法則では、『自分が出したもの(善悪)は、必ず自分に戻ってくる』と言いましたが、以前であれば、何回も何回も生まれ変わらなければ解消できなかったカルマが、今はすぐに浄化の嵐となって押し寄せてくるという。
 善悪の基準とは、この世の法律、ルールではなく、魂から見た善悪ということになる。
 そうかもしれない。現に、偽造、偽装、不正など、今まで隠されていたものが、毎日のように、これでもかこれでもかと衆目のもとにさらされているのだから。

 痛いかもしれない。苦しいかもしれない。つらいことかもしれない。体調もおかしいかもしれない。でも、これは、浄化のために通らなければならない関門、試練なのだ。
 これらは、そのまま素直に受容することで、自然に解消されていくものなのだ。言い訳したり他人のせいにして、逆らったり、逃げたりすると、さらにきつい厳しい波が、つぎからつぎへと押し寄せてくることになる。

 アセンションするためには、欲とか、執着とか、怒り、妬み、恨み、恐れ、嘘などのネガティブな想いは、すべて、捨て去らなければならない
 出てきても、判断したり、考え込まないで、感じてあげて、ひたすら流す、手放すこと。これがいちばんの解消策なのだ。これまでの自分を、許してあげる。癒してあげる。そして、感謝すること。これらを自分にしてあげることで、おのずと解消されていく。
 要は、あなたの「気づき」にかかっています。どんなに些細なことでも、見逃さないでひとつひとつ気づいてあげることです。

 もちろん、新たな因を作らないよう、つとめていくことも必要になります。魂を傷つけない生き方、魂がよろこぶ生き方をしていけばいいのです。それは、魂に嘘をつかないで、正直に生きることです。
 『あなたの想いは、現実を創造する』のです。あなたの想い、想念はそれ自体、とてつもなく大きな力を持っていることを知らねばなりません。いつもポシティブに、正直に、愛の光を放ち続けることです。


地球とともに五次元世界へ誘う


選択は、あなたに委ねられている

思い出すときが来たらしい。あなたは急がなければならない。アセンションするときが、もう間近に迫っており、そんなに猶予はないという。

 これからどうなるのか、ちまたのサイト、ブログなどで、いろいろなことが言われていますが、本当のところは、誰にもまだ分からない。人類の誰もが経験したことのない、初めての大変革なのだから・・・。
 でも、怖れたり、不安になったり、ネガティブになることはないという。

 ただ、アセンションするには、みずからその道を選択して、真剣に実践、実行していかないとむずかしい という。
待っていれば、誰かがしてくれることでもないし、助けてくれるのを待っていても誰も助けてはくれない。ゴマかしたり、こびへつらったり、もちろんお金を積んだからといって、入場切符を手にできるものではない。
 すべては、自分自身の力でやらなければならないのだ。どっちつかずの中途半端なことでは、はっきり言って、ムリだという。

 今、宇宙からたくさんの存在がサポートしに来ていることも確かですが、アセンションすることは、とても個人的なことなので、三次元世界へのサポートには限界があるのだという。
 三次元に肉体を持つ人間でなければ、これはできないことなのだそうです。

 仮に、できなかったらどうなるのか、選択しなかったらどうなるのか。
 これもいろいろなことが言われていますが、誰にもじつは分からないのです。確かなのは、次元上昇したこの地球には、今のままでは残れない、ということらしい。

 とすれば、似たような太陽系以外の他の惑星にでも行くのかもしれない。そこで輪廻転生を繰り返していくのかもしれない。
 では、それは不幸なことなのか、とてもつらいことなのか。
 そんなことはないと思います。魂がみずから望んだ結果なのですから。みずからの進化のために選択したことなのですから。それはそれでいいのです。

 でも、今生の今いる人たちは、わざわざこのグッドタイミングに、みずから選択して、生まれてきたのだという。かなり狭い難関中の難関をクリアーして、この世に生を受けたのだという。
 肉体をまとわなければできない課題を、みずからすすんで背負って。

 とすれば、できれば、いや、絶対にアセンションしないと、この千載一遇のチャンスを逃してしまうことになるのではないだろうか。宇宙のみんなが、仲間が、五次元世界の入口で、その勇敢で一途なあなたを、もうすぐにも祝福してくれようとしているのに。

 自分は、もともとは「光の存在」であることに気づいて、まわりに光を放つことを、すぐにも始めれば良いのです。ただ、それだけのことです。魂が、そのことを今いちばん望んでいることなのだから。

 長い間、暗闇に閉じ込められていた魂、世間常識とか、見栄とか、しきたりによって押し殺されていた魂を、ここで開放してあげればいいのです。意識している、いないにかかわらず、コントロールされている現実、制約されている現実、縛られている現実に、早く気づいて、そこから解き放ってあげることです。

 そうすることによって、キラキラと、もともとあったあなた固有のすばらしい光が、放たれることになるのです。
 そして、この光は、すべてのまわりの人を、あたたかく、やわらかく包んでくれることでしょう。この強い光は、照らす相手に影を映し出してくれて、そのことを気づかせてくれることでしょう。

 この光は、とても精妙で、高い波長を持っています。次元の高いその波動に同調して、そこにいる存在たちとつながることができるのです。
 でも、気をつけなければなりません。重くて粗い波動を持つ闇の影におおわれて、その光がさえぎられないように注意しなければなりません。そのためには、あなたの感覚を信ずることです。直感でその影に気づいてください。そして、決して否定したり、反論したりして、相手にしてはなりません。

 波動を落とさないためにも、慈悲のこころ、愛のこころで、あなたのあたたかい光を、ひたすら当て続けてください。闇は強い光が苦手です。悪いところが照らし出されてしまうのですから。
 この今、あなたはあなた自身に集中することが、何よりも重要なのです。


神々しいアルプスの山々

わたくしは、今、真摯にアセンションと向き合っています。そして、自分自身を見つめなおしています。
このことは、とても大事なことだと思っています。五次元世界を目指して、四次元の川を渡っているわれわれに、あの手この手で近づいてくる影とか、闇を寄せ付けないためにも・・・。

 今のわたくしにとって、他人に依存しない自立心、受容のこころ、しっかりとしたグランディング(地球と一体になること)が、いちばんのキーワードだと思っています。
 そんなに気張らないで、ゆったりとラクな気持ちでやったら、とありがたいことにまわりの方々は心配してくれるのですが、やはり、地球とともにアセンションするということは、わたくしの人生の最後を賭けた選択と思って、一途にいるのです。この三次元(物質界)に囚われ身の「あるがまま、なすがまま」の自然体では、程遠いことをわたくしは知っているのです。
 これは、まさに命がけの最後の大事業なのです。

 「アトランティスのトラウマだ」と言われる方がいらっしゃいます。そうかもしれません。
一万年以上も前に、いちどアセンションを試みたようですが、このときはものの見事に失敗しているのです。それも、闇の勢力* の巧妙な誘惑作戦にまんまと乗せられて、完敗してしまったのです。結果は、大陸全体が海中に沈むという一大カタルシスで、この第一幕は、閉じられているのです。

人類を奴隷として思いのままにコントロールしてきた存在たちと、我欲を満たすためにそうした存在たちにすり寄り協力してきた人間たち。

 今またこの時代の人たちが、大勢この世に生まれ変わってきているのだそうです。今回は、太陽系そのものがアセンションするという、宇宙あげての大いなる計画だそうですから、失敗は絶対に許されない。とても遊び半分でやるという気持ちには、わたくしはなれないのです。このステージの幕が下りるまで、真剣勝負というところでしょう。いっときも気が許せないのです。

 下の写真は、現代をはるかに超える文明が栄えたという大陸「アトランティス」が眠っているギリシャ・エーゲ海。なぜかエーゲ海に惹かれてきた わたくしは、2007年6月、この場所に奇しくも導かれ、エーゲ海で一番大きなクレタ島のイラクリオン市内の大聖堂で、はからずも囚われた「過去生のわたくし」の封印を解いたのです。


わがふるさと、ギリシャ・エーゲ海


エピローグ ・・・今は自分自身に集中すべきとき

ここに来て、ちまたのサイト、ブログで、いろいろなことがアセンション情報として、まことしやかに流されています。いったいどれが真実で、どれが闇なのか、とてもむずかしい事態になっているのです。

 アセンションの核心* を、ことば巧みにはずさせよう、そらせようとする意図を持ったものには、とくに注意しなければなりません。人類をコントロールし続けようとする低次元の闇系は、この今、真実から目を背かせようと躍起となっていることを忘れてはなりません。あなたは完璧だよとか、そのままでいいよ、あるがままでいいよ、なんていう甘い言葉にはとくに注意しなければなりません。
 五次元の入口はもうすぐ目前だというのに、四次元世界の幽界(袋小路)に、誘い込まれないようにしてください。

  * T カルマの浄化(魂のクリーニング) U 他人に依存しない自立心 V 無償の愛から出た行為

 情報の見極め、選択、それは、あくまでもあなた自身の直感にかかっていること。そして、地に足をつけて、しっかりと見据えなければならない大事なときだと、わたくしは思うのです。この今、ふわふわ、うきうきするような甘い状況には、決してないことを。
 真実の中に、巧妙に散りばめられた嘘、たとえわずかであっても、それは死に至らしめる猛毒であることを知らねばなりません。それが真実か、本物か、あなたの直感を澄まして、しっかりと見極めてください。

           *       *       *


専門知識がなくても誰にでも分かるような内容で、と思って筆を進めてきたのですが、もともと理屈とか言葉では言い表せない精神世界のことですから、それには限界があるのです。
 信ずる信じないは、もちろんご自身が決めることですが、「信ずること」「受け入れること」が、じつは物質世界を超えた異次元世界への扉を開けるカギ でもあるので、理解することがとてもむずかしい世界と思われるかもしれません。でも、想えば必ず現実を創造できるのです。
 勇気を持ってその扉を開けたとたん、「確信」ともいえる すばらしいサインを、間違いなくあなたは受け取ることになると思います。

 アセンションは、現在確実に進んでいます。この事実を波動で感じている人、知った人は、できるだけ多くの方々にこのことを伝える義務と責任があります。選択するかどうか、それは宇宙の法則から言って、まったく自由です。でも、アセンションを悟った人がそのことを伝えていくことは、魂にとって もっとも望むところであり、とてもうれしいことでもあるのです。

 本サイトが論理的でない、独りよがりだとのご批判はあると思いますが、舌足らずのところは、ぜひハート(=直感)で読んでいただければ幸いです。皆様のご意見もどうぞお聞かせくださいね。
 じつは、わたくしもつい最近までは、一般の社会通念とか、知識とか、今までの経験に縛られ、物質欲も人一倍強いものがありました。でも、人生六十数年の体験は、決してムダではなかったと、今も思っています。それはそれで楽しかったし、今生でのすばらしい学びの場であったのですから・・・。

 それでも、です。ここ四、五年の間にわたくしの身に起きた数々の出来事は、ショッキング以外の何ものでもありませんでした。論理的に説明することができなかったからです。
 今まで精神世界のことを少しでも聞きかじってこなかったならば、間違いなく病院のお世話になっていたことでしょう。クスリ漬けにもなっていたことでしょう。そして、もしネットという世界がなかったならば、孤独の中で打ちひしがれて、間違いなく自分は気が狂ってしまったと思ったことでしょう。今はすべてに感謝、感謝です。

 わたくしは、とてもまだその全容をご披露できるようなレベルではないかもしれませんが、アセンションするということの知識は、もう十分に教えていただいた、と思っています。
 そして現在も、「急げ急げ。アセンションに向けて、課題を着実に実践・実行していくことが、今もっとも大事なことなのだよ。」との強いメッセージを、今回のアセンションをサポートしてくれている宇宙の存在たちから受け続けています。本サイトの掲載にあたっても数々のインスピレーションをいただき、不精なわたくしの背中を押してくださいました。本当にありがたいことです。


さわやかな初夏の高原

これからは、自分にしか分からない、自分にしかできない それぞれの道を進む段階に移行したのですよ、ということです。
自分自身に集中すべきときなのです。自分の感覚、これは、他人様には分からないことなのですから。

 わたくしたち人類、そして、地球はいったいどうなるのか、と心配される方も多いのですが、どうなるのか、これは誰も経験したことはないのですから、正直のところ分からない、というのが本当ではないでしょうか。*

 *大変革のシナリオについて、わたくしなりきに確信を持ちつつあります。宇宙から降り注ぐ光(生命)エネルギーの増大が、精神だけでなく今のままの肉体では耐えられない状況にまでなるのではないかと。 からだが瞬時にバラバラになってしまうかもしれません。そうならないためにも、わたくしどもが今すぐにもしなければならないこと、それが気づき、目覚めであり、からだの変容ではないかと。人類は、期限が迫ったアセンションを早く選択し、この地球の波動上昇についていけるかどうかにかかっています。
 地球破滅・人類滅亡などショッキングな出来事が必ず起こると巷に流布する類いのものは、いたずらに不安、怖れを煽りアセンションを阻害しようとする闇系の情報と思ったほうがいいでしょう。また、現実のつらさから逃避させようとする甘味な囁きにも注意しましょう。そんな情報に囚われたりしていたところで、少しもあなたは変わることはありません。要は、それまでにわたくしたちひとり一人が覚醒しておく必要があり、来たるべきアセンションを平穏に乗り切ることにいま集中すべきでしょう。誰も助けてはくれません。

 忌まわしいことですが、太古にわたくしども人類の遺伝子、DNAの一部が、ある目的 …人類をコントロールするために高次元との繋がりを断つ、そのために切断されたのだという。 三次元(物質界)に閉じ込められてしまった大きな要因は、じつはここにあるのです。現在降り注いでいる光(生命)エネルギーを十分に吸収することにより、切断されたDNAの修復が可能になるというのです。深呼吸、瞑想も大いに効果があるそうです。
 切断された六感以上の感覚がまた復活するなんて、とってもワクワクしませんか? これって、もとの自由自在の身になるってことですよね。


 何が起こってもおかしくはないのですが、これは、今から考えても、どうなるものではありません。怖わがったり、不安がったから、どうにかなるものでもありません。 たとえ、起きたとしても、現実の出来事として しっかりと受けとめ、冷静に対処していくしか、術(すべ)はないのです。
 そこで、われわれひとり一人の魂が、本当に試されるときが、来るのかもしれませんね。

 ここで言えることは、五次元に向けて上昇している地球の波動についていけるよう、着実に自分自身の波動を上げていくことに集中すべきでしょう。意識も、肉体も、両方にです。
 そのために、この今、自分は何を想い、何をしていくか、が大事なのではないでしょうか。「我良し」ではなく、常に明るく前向きに、毎日の生活の中でしっかりと精進していくことです。自分を信じて、怖れとエゴをすべて開放することです。地にしっかりと足をつけつつも、物事に執着しないことです。
 からだの違和感・不調も、変容の一環、進化の兆しとして素直に受け入れて、これから体験していく変化を楽しんでまいりましょう。自ら進んで過去生、そして今生を選んで来たのは、まさにこの今、このアセンションを迎えるためだったのですから。

 わたくしは、思うのです。結果としての「アセンション」をいくら求めても、何も起こらない。そこに向かうプロセス(生きざま)こそ、「アセンションするということ」ではないかと。

 現実の世界では、なかなかむずかしいことですが、こうすれば、ああなる、ああすれば、こうなると、結果(どうなるか分からない未確定の未来) のために行動しようとすることは、「今を生きる」ことにはならないのです。それは、「過去の自分」を生きているに過ぎないと。
 今、この瞬間、必要なこと、できることをしてこそ、「想いは現実を創る」こと、因の結果を生む のです。「因の世界」の住人に早くなることです。

       *       *       *


アセンションのためだけに、何かをしようとしたり、つらい現実から逃避することは、結局は「我欲」「エゴ」を満たすための行為となってしまうのだそうです。かたちだけでは、決して自分自身の波動上昇には繋がらない、というのです。そして、何よりも「我欲」「エゴ」そのものが、知らず知らずのうちにアセンションを阻害しようとする闇を引き寄せてしまう、というのです。もって肝に銘ずべきではないでしょうか。


マンダラの夕陽

ここまでお読みくださいました皆さま、本当にありがとうございます。皆さまに溢れんばかりの光のエネルギーが注がれますように。 (2010.4.21記)

 →魂の浄化と進化について(波動上昇するために)



NEW! アセンションの真実、この今は三次元世界で多次元の自分自身に繋がり、しっかりと行動すべきとき!  (2014.2.4 緊急追記)

 相変わらず強い光(生命)エネルギーが宇宙から降り注いでいます。数々の障壁を乗り越えて四次元の川を渡り切った方々が、わたくしの周りにも見られるようになってきました。
 この三次元(物質世界)に肉体を置きながら、多次元の意識を持つことは、時にはつらいこともありますが、長い道のりを歩いて学んできたことが結実しつつあることに、喜びと幸せを実感されておられることでしょう。

 肉体を持って五次元に移行するというアセンションの真実が、ここへ来てやっと見えて来ました。
 多次元に繋がり、この肉体が高次元の波動を感じ共鳴し、細胞の隅々まで浸み渡り、活性化しつつあるのがはっきりと分かります。この体感として感じる細かな振動は、錯覚でも病気でもありません。現実の高次元の波動であることを信じて素直に受け入れることで、初めて四次元の川を渡り切って、五次元の世界に足を踏み入れることができるのです。

 アセンションとは、この三次元世界が突然になくなり、別の世界が現れてくるものではないのです。この三次元世界で、多次元世界に生きるとはどういうことか、肉体を持ってアセンションするとはどういうことか、この今多次元に繋がっている自分自身をしっかりと実感し、行動していくことです。これこそ、わたくしたちの本来いるべき場所、五次元世界なのですから。

 巷に流れる情報に依存、執着するのをやめて、自分自身に集中しましょう。自分にもともと備わっている世界を創造する力を信じましょう。今の人類は、真実から遠ざけようとする闇の勢力の企みに、完全に はまっているということに早く気づいてください。


     →アセンションするとはどういうことか、人類にとって
     →アセンションとは自分との地道な戦いである

スカイツリー

 おすすめサイト
アセンション、宇宙からのメッセージ  アセンションの真実、現在進行中の大変革を生きる「道しるべ」が、とても分かりやすく説かれているサイトです。迷ったとき、バランスを失ったと思ったとき、私はいつも読み返しています。三次元(物質世界)の仕組み、宇宙(多次元世界)の仕組み、そして私たちがこの三次元世界で「正直に生きる」とはどういうことかを教えてくれる、現代版バイブルです。

 (風雲急を告げる ・・・アセンションに向けてなすべきこと 2010.4.21 記 [アセンションするということ 2008.1.27掲載の改訂版です] Copyright (C) 2008-2014 TOKU All Rights Reserved.)
筆者ハンドルネーム TOKUさん 1941年生まれ。永年、自己探求して行き着いた先が、なんと広大深淵なる宇宙。ここでわたくしが地球に転生してきた目的、今生での使命・役割を知ることになる。覚醒のきっかけは人それぞれだと思いますが、わたくしの場合の恥ずかしの告白「私の不思議体験」もどうぞご笑覧ください。
メール
   末尾写真 2010.6.4 13:59 撮影した建設中の東京スカイツリー 右側にUFOが…

  本ページ冒頭へ   前の画面に戻る     この画面を閉じる