切手収集ことはじめ

目 次 収集スタンス 記念切手編1 -2 -3 -4 通常切手戦前編 戦後編 補足編1 -2 TOPICS-1 -2

U 切手コレクションへのお誘い 

1 コレクションの原点となった美しい記念切手(その4)


 切手ブームの立役者となった記念切手

第1回切手趣味週間記念小型シート

それにしても、わが国の記念切手の美しさを国内外に認識させると同時に、切手収集のきっかけを作ってくれたのは、多色刷りの大型記念切手であったことは先に述べたとおりです。

 そして、なんといっても、歌麿・写楽・広重・北斎など日本を代表する浮世絵版画を題材とした切手趣味週間、国際文通週間に発行されたシリーズものが、その際たるものではなかったかと思います。

 記念切手の章の締めくくりとして、現在も続く二つの人気シリーズを取り上げることにしましょう。


切手収集のきっかけを作ってくれた 切手趣味週間切手

切手趣味(収集)の健全なる普及をはかるために出された初めての切手が、切手趣味週間切手です。第1回発行は、1円の北斎・冨嶽三十六景「山下白雨」の富士の図柄の通常切手(第1次新昭和切手)5枚を組み合わせた小型シートでした。(冒頭写真 1947.11.1発行。これはあまり評判がよろしくなかった)

 そこで、その翌年・翌々年に発行されたのが、第一章で紹介したとおり、世界中のコレクターを驚かせた「5円見返り美人」、「8円月に雁」でした。そして、その5年後の1954年に、法隆寺金堂の壁画観音菩薩像を使った10円通常切手(第2次動植物国宝円単位切手)の10枚綴りの切手帳ペーン発行でこのシリーズが復活し、翌年から本格的なシリーズが始まりました。
 これはご承知のように現在も続いています。今までの切手趣味週間切手 発行内容の概容については、別掲のとおりです。


切手趣味週間切手

上の写真左から
喜多川歌麿「ビードロを吹く娘」1955.11.1発行(550万枚) 東洲斎写楽「市川蝦(えび)蔵」1956.11.1発行(550万枚) >鈴木春信「まりつき」1957.11.1発行(850万枚) 鳥居清長「雨中湯帰り」1958.4.20発行(2,500万枚)細田栄之「浮世源氏八景」1959.5.20発行(1,500万枚)。

カッコ内は発行枚数ですが、とくに鳥居清長の切手の発行枚数 2,500万枚に注目しましょう。
 この頃が第1次の切手ブームで、その後東京オリンピックの前後(1963-64)にもうひとつのピークを描いていきます。


切手趣味週間切手その2

10年ほど時代は飛びますが、上の写真左から
岡田三郎助「婦人像」1970.4.20発行(3,500万枚) 鏑木清方「築地明石町」1971.4.19発行(4,300万枚) 中村岳陵「気球揚る」1972.4.20発行(5,000万枚) 岸田劉生「住吉詣」1973.4.20発行(5,000万枚) 伊東深水「指」1974.4.20発行(5,000万枚)。

なんと5,000万枚という驚異的な切手趣味週間切手の発行枚数となりました。まさにこれらの切手は、切手収集人気度をはかる指標でもあったのですね。
 因みに、1990年代に入ったところがこのシリーズの発行枚数の最大ピークとなったのでありました。


国際的な約束事で始まった 国際文通週間切手

1958年に、先に述べた切手趣味週間切手の発行が、郵政記念日と定めた4月20日(わが国郵便制度創設の日で旧暦の3月1日にあたる。以前は逓信記念日と言っていた)に変更され、新たに国際的な約束(万国郵便連合の勧告)にもとづく国際文通週間切手が10月に発行されることになりました。

 このシリーズも、現在まで続いています。これまでの国際文通週間切手 発行内容の概容については、別掲をどうぞをご覧ください。


国際文通週間切手

上の写真左から
安藤広重* の東海道五十三次から京師 1958.10.5発行(800万枚) 桑名 1959.10.4発行(800万枚) 蒲原 1960.10.9発行(500万枚) 箱根 1961.10.8発行(500万枚) 日本橋 1962.10.7発行(500万枚)。
 切手額面は、国際文通週間の趣旨にのっとって、外国向け書状の料金としたのでした。
 *
1797-1858 歌川広重 東京都千代田区生 葛飾北斎の影響を受け、この「東海道五十三次」(1833-34の作品)は彼の代表作。


国際文通週間切手その2

上の写真左から
葛飾北斎* の冨嶽三十六景から神奈川沖浪裏 1963.10.6発行(750万枚) 保土ヶ谷 1964.10.4発行(950万枚) 三坂水面 1965.10.6発行(1,200万枚) 隅田川関屋の里 1966.10.6発行(900万枚)。
 *1760-1849 東京都墨田区生 彼の代表作ともいえるこの「富嶽三十六景」は71歳の時に完結したという。ヨーロッパの絵画に大きな影響を与えた。


国際文通切手その3

上の写真左から
葛飾北斎の冨嶽三十六景から甲州石班(かじか)沢1967.10.6発行(800万枚) 尾州不二見原1968.10.7発行(900万枚) 甲州三島越1969.10.7発行(900万枚) 三代広重の東京府下名所尽から駅逓寮図 1970.10.6発行(1,160万枚)。
 この駅逓寮は東京日本橋四日市駅逓寮のことで、明治10年(1877)には駅逓局と改称、明治18年には創設された逓信省に組み入れられた。
 因みに、この中に東京郵便役所* があったようです。(郵便役所は明治8年に郵便局と改称され、東京郵便役所は東京中央郵便局の前身で、現日本橋郵便局の場所にあった)


切手ブーム・バブルの後遺症を逆手にとる

誰でも欲しくなるような美しい切手を国内外に見せてくれたこれらの切手政策は、皮肉にも国中に異常ともいえる切手ブームをまき起こし、郵便局では発売と同時に売り切れ、事前に予約した通信販売でようやく買えたというような事態にまで過熱していったのです。

 本来の郵趣家にとって、これはまさに受難の時期だったのですね。でもこの夢物語は、今は昔の話。値上がりを見込んで、みんながシート買いして、タンスのこやしにしてきた結果が、なんとすべてが額面割れ。
 一回に何千万枚、しかも一年に何回も濫発してきたのですから、冷静になってみれば、これは当たり前といえば、当たり前の話です。

 期間・数量限定販売が記念切手の生命であり、最大の魅力であったのに、です。せめてもの救いは、この時代はまだ切手の質がそれほど落ちていなかったのだから、まぁ良しとすべきか。

 そして、本当に郵趣を楽しんできたものにとっては、バブル崩壊後に、やっと落ち着いて本来のコレクションができる時代になったということで、これはこれで大変に喜ばしいことではなかろうか・・・とわたくしは考えています。

 今まで買いだめしてあった切手とか、アルバムコレクションなどが、これから市場にどっと出回ってくるはずです。もう一度、昔を思い出して始めるも良し、少しでも切手に興味や関心がある人たちは、今が新規参入の最大のチャンスではないかと思うのです。

次章は、永年のコレクションの中で、いつでも買える通常切手の意外な魅力について、お話をすすめてまいりましょう。これは、じつはあまりにも深淵で、不勉強のわたくしには荷が重くて簡単に終わらないかもしれませんね。

  本ページ冒頭へ    前ページ(記念切手編その3)へ

「V 切手コレクションの醍醐味 1 通常切手の尽きない魅力・戦前編 」へつづく (2005.10.10記 追補 10.20 Copyright (C) 2005-2013 TOKU All Rights Reserved.)


目 次 収集スタンス 記念切手編1 -2 -3 -4 通常切手戦前編 戦後編 補足編1 -2 TOPICS-1 -2

    表紙(コンテンツ)へ