支部長の越智建之です。



本名は、宣之(ノブユキ)、俳号の建之(ケンシ)は父が若い時、健康回復を願って名乗っていた名です。

俳句どころの愛媛県松山市出身で俳句は身近にありました。

東京に単身赴任中の平成10年天穹俳句会白鵬会支部に入会。幸鷹会を経て、みをつくし会創設に参加。

平成17年天穹俳句会同人

平成19年「みをつくし会」支部長

平成26年俳人協会会員



「みをつくし会」は、天穹俳句会の関西支部として平成19年9月に創設されました。現在は、15人の仲間が毎月1回の句会、新年句会、春・秋の吟行会を楽しんでいます。

皆さん、ご一緒に俳句を楽しみませんか。現在、会員募集中です。初心者も大歓迎です。親切にてほどき致します。共に楽しみ、向上していきましょう。

俳句は年齢を問わず、時々の人生に寄り添ってくれます。思い切って一歩踏み出せば、誰にでも俳句を楽しむことができます。

「みをつくし会」では、月例句会に出席される一般会員の他、お仕事等で出席できない方のために通信会員制度を設けています。通信会員は、投句をすれば投句一覧表を還元して選句をしていただき、後日、例会報告をお送りします。また都合の付く場合は、句会・吟行会など行事にも参加できます。

一般会員の方は、句会での俳句談義や句会後の懇親会をお楽しみ下さい。
「みをつくし会」の上部団体である「天穹俳句会」の会員になっていただくと、投句した句が掲載された月刊俳誌「天穹」の購読と多彩な行事に参加でき、俳句のある生活を満喫することが出来ます。

詳しくは、リンクの「天穹俳句会ホームページ」をご覧ください。
俳句は皆さまの生活を必ず豊かにしてくれます。「みをつくし会」へのご入会をお待ちしています。


戻る