みをつくし会員の作品です。
   

令和2年年2月    

   御降りの朱色深むる太鼓橋   建之    

   実千両和装絶えざる六角堂   まさを    

   清水の舞台で弾む寒雀   善清

   寒雀ちよこんと肩に西郷像   早苗       

令和2年新年会    

   年酒受く鶴亀の軸讃へつつ  俊童    

   嫁ぐ子の父へなみなみ酌む年酒  早苗    

   燕尾服の鴉の闊歩お元日  早苗       

   恵方さす水の都の澪標  修一

令和元年12月    

   漱石忌漢一人のスイーツ店  建之    

    電車の音軋む路地裏おでん酒  早苗    

   湯気に溶け和解に至るおでんかな  ごろう       

    短日や買ひ物メモの走り書き  俊童    

   手を炙る仕草もせはし飾売  国太郎

    おでん屋の一子相伝出汁の味  善清    

   見巧者に歌仙絵蘇生冬の京  まさを  

令和元年11月吟行会    

   祇王祇女目覚めぬやうに踏む紅葉  早苗       

    小春日や句碑に抱かれ去来墓  建之        

令和元年11月    

   翳を描き山茶花の白生まれけり  ごろう    

    大杉に鴉の謀議神の留守  国太郎    

   カクテルを高く翳して神の留守  早苗       

    朝市のカット林檎の光る白  尚子    

   暮の秋生簀の魚の無表情  勤   

令和元年10月    

   鐘鳴るや古りし土塀に大和柿  俊童    

    秋高しまた廻り来る竿竹屋  国太郎    

   秋高く天橋立股のぞき  拳人       

    小鳥来るスイーツ店に老夫婦  建之    

   龍田姫摩周ブルーと競ひあふ  まさを   

令和元年9月    

   新涼や磨く眼鏡がきゆると鳴く  国太郎    

   湯上りの合せ鏡や酔芙蓉  俊童    

   酔芙蓉ふと老僧の恋語り  早苗       

   箒目で青海波描く飛騨の秋  ごろう       

   酔芙蓉郡上の唄に下駄鳴らし  咲子       

   二拍子で踊る駒下駄緋の蹴出し  善清       

   秋涼の裸婦のモデルの膝かしら  拳人

令和元年8月    

   激辛のカレー大盛り暑気払ひ  俊童    

   持ち帰る砂や球児の夏終る  早苗    

   二度づけは禁止を守り暑気払  国太郎       

   見渡せば老人元気暑気払ひ  治彦       

   入相を待ちて灯の入る宵飾  建之       

   墨染めの衣も清し解夏の朝  尚子

令和元年7月    

   揺蕩ふ海月海に落ちたる千切れ雲  まさを    

   風鈴屋千の音色を競はしめ  俊童    

   幕間の風分かち合ふ京扇子  早苗       

   小扇や進学校の保護者会  国太郎

令和元年6月       

   梅雨空を見上ぐる猫の大欠伸  尚子        

   梅雨の街堀出しものの古書を抱く  国太郎       

   ガラス器の薄き曇りや梅雨の入り  恵奈       

   あぢさゐの揺れは喝采女坂  早苗       

   股上の浅きジーンズ若葉風  俊童       

   満天の大樟若葉日の斑揺る  建之    

令和元年5月    

   シャンソンにパンの匂ひや若葉風   建之    

   咲き誇る蔭に花守土づくり   勤    

   片恋や草笛途切れとぎれなる   早苗       

   十階の眺めはどうだ鯉幟   国太郎       

   今年竹己の空を探しをり   政弘

平成31年4月    

   春愁や猫背の母の独り住む  恵奈    

   退院も知らせて友の花便り  国太郎    

   東山ゆるりと越ゆる春の月  建之      

   颯爽とタカラジェンヌの花の道  早苗      

   春愁の顔をたたんで三面鏡  早苗    

   春愁や宇宙の果ての先の闇  広生

平成31年3月    

   朝東風や草食む馬の耳動く  俊童    

    冴え返る今日またひとつ物忘れ  勤    

   山笑ふ和尚名指しの般若湯  善清       

    ひらがなのまだたどたどし山笑ふ  国太郎    

   王子社の絵馬からからと山笑ふ  和美     


戻る