自動車レース用部品の研究開発及び製造・販売のことならトレーシースポーツへ!

COMPANY PROFILE INQUIRY ・   

レーシングチーム

TRACY SPORTSは数々のレースステージでのレースサポートやマネジメントを行い、多数のチャンピオンを獲得してきました。

レーシングチーム

TRACY SPORTSが参戦しているレース情報をお知らせしています。
みなさまの応援をお願いいたします!
  • 2017.04.29-30 スーパー耐久シリーズ2017 第2戦 スポーツランドSUGO
    • スーパー耐久シリーズ 2017 第2戦 スポーツランドSUGO 3時間レース 結果報告

      #38 muta Racing TWS IS350 - 予選5位/決勝5位
      #39 ADVICS TRACY RC350 - 予選3位/決勝4位
      #40 ゴーゴーガレージ TRACY 86 SSR ings - 予選6位/決勝4位

      #38 muta Racing TWS IS350はもてぎでの開幕戦で優勝した事により、今回のいSUGO戦は20kgのウェイトを積む事が義務づけられ、大きなハンデを背負っての参戦となりました。
      予選ではクリアを取る事が出来ず、タイムは堀田選手が1’31.958、阪口選手が1’31.256、合算タイムの結果により5位となりました。
      決勝は5位からのスタートとなりましたが流石は阪口選手、僅か5周でトップを奪い、2位との差を広げ続けその差は24秒以上となり、あっという間に独走状態になりました。
      その後堀田選手も安定感抜群の走りでマージンを守りましたが終盤で行われたSCランでSCとのポジショニングが悪く、ピットアウト時にトップとは周回遅れとなってしまい、残念ながら5位という結果になりました。


      #39 ADVICS TRACY RC350はオフシーズン期間に行ったサスペンションセッティングの大幅変更、軽量化、そして今年からメインスポンサーになって頂いたADVICS様のブレーキシステムの導入により、去年とは比べものにならない程に戦闘力が跳ね上がっています。
      今戦の予選では手塚選手と前嶋選手が共に30秒台をマークし3位となり、決勝グリッドでは初めて同チームの#38 muta Racing TWS IS350より前からスタートを切る事となりました。
      決勝序盤ではスタートドライバーの手塚選手が2位を走る#62 DENSO Le Beausset RC350の背後につき続け、熱い同車種争いが繰り広げられました。その後、鈴木選手の快調な走りで2位に浮上し順調な運びとなっていましたが、レース終盤で前嶋選手が運転中にセンサートラブルが発生し、 1コーナーでマシンが制御不能になりスピン。ポジションを2つ落としてしまいセンサートラブルを抱えたままの走行を強いられましたが、前嶋選手の高度なマシンコントロールでペースダウンを最小限に抑え、そのまま4位でフィニッシュとなりました。


      #40 ゴーゴーガレージ TRACY 86 SSR ingsは開幕戦でマシントラブルが続き、新スペックになったタイヤでのセットアップとポイント面でライバルに大きなリードを許してしまいました。 そのロスを挽回するために当チームは特別に入念なマシン修復とメンテナンスを行って今戦に挑みました。
      決勝では全てのドライバーが快調な走りを見せ、さらにピットストップでは時間短縮を狙った作戦を採用し、最終的に4位でチェッカーを受ける事が出来ました。
      開幕戦でのリタイアを経て確実に成長した#40のチーム。次戦の鈴鹿こそは表彰台を目標に更なる成長を成し遂げたいと思います。


      Super Taikyu Series 2017 Rd.2 Sportsland SUGO 3H Results

      #38 muta Racing TWS IS350: QF 5th, Race 5th
      #39 ADVICS TRACY RC350: QF 3rd, Race 4th
      #40 55-Garage TRACY 86 SSR ings: QF 6th, Race 4th

      By winning the first race of the season at Motegi, #38 muta Racing TWS IS350 had to put 20kg of weight on the car as a handicap.
      In the qualifying session, #38 couldn't get a clear lap, and became 5th.
      #38 started the race session from 5th place, but with Sakaguchi's excellent overtaking skills and race pace, we became 1st in just 5 laps. At the end of his stint, he was more than 24 seconds ahead of the car behind.
      Hotta also done a great job by keeping the gap between the car behind, and in the final stint, just as we thought we were going to win the race, the safety car was deplyoed.
      Since we were in a bad position on the track when it was deployed, unluckily, we were lapped by the race leader (STX Class car) when coming out of the pit stop during the safety car period. Thus, we had to end the race in 5th place.

      By doing a lot of things to the car in the off season such as drastically changing the suspension setup, weight reduction, and installation of the ADVICS brake system, #39 ADVICS TRACY RC350 became almost as fast as the #38 muta Racing TWS IS350.
      In the qualifying session, both Tezuka and Maejima marked a lap time faster than 1'30, and became 3rd. It was the first time for the #39 to start the race in front of #38.
      In the first stint, Tezuka was continuously battling with #62 DENSO Le Beausset RC350, who was in 2nd at the time. After that, with Suzuki's fantastic race pace, we were able to become 2nd.
      But in the final stint, one of the sensor failed, and by that, the car became uncontrollable at the first corner, and Maejima spun out. But with his phenomenal driving skills, he maintained a decent pace with an unfixed car, and we were able to finish the race in 4th position.

      #40 55-Garage TRACY 86 SSR ings suffered from a major mechanical failure in the last race at Motegi.
      After that race, we rebuilt the car with extra care and precision to prepare for the race at SUGO. Because we couldn't gather enough data to figure out the right setup for the new spec tires from the last race, we had to do it during the practice sessions very quickly.
      During the pit stop in the race session, we only changed the left tires to minimize the pit stop time. With that strategy and the excellent race pace of the drivers, we were able to go up in 4th place in the final race results.
      It's certain that the #40 team became stronger by overcoming the issus we experienced in the last race.
      We will do our best to become strong enough to win the podium in the next race.
  • 2017.04.02 スーパー耐久シリーズ2017 第1戦 ツインリンクもてぎ 3クラス1-2フィニッシュ
    • スーパー耐久開幕戦、TRACY SPORTSから3クラスに参戦した#38 muta Racing TWS IS350がポールトゥーウィン、#39 ADVICS TRACY RC350が予選2位、決勝2位、見事レクサス2台が1-2フィニッシュとなり、素晴らしいシーズンのスタートを切る事が出来ました!
      #38 muta Racing TWS IS350は今年から新しいシャシーの導入、さらに昨年チャンピオンという重圧がチームに掛かった状態での開幕戦となりましたが、堀田選手、阪口選手コンビの終始安定感抜群の速さで見事優勝する事が出来ました!
      #39 ADVICS TRACY RC350はシーズン開始前からADVICS製の新しいABSの開発とテストをADVICSと共同で行っており、遂に今シーズンからレースに導入となりましたが、その恩恵をフルに活かす事が出来、見事2位を獲得する事が出来ました!
      #40 ゴーゴーガレージ TRACY 86 SSR ingsはフリー走行時に重大なマシントラブルが発生してしまい、急ピッチで復旧作業を行い、何とか最後の予選セッションと決勝に間に合いましたが、決勝途中で再びマシントラブルが発生し、残念ながらリタイアとなりました。次戦までに問題を克服し、菅生での第2戦は良い結果を残したいと思います。

      ご協力、応援して下さった皆様、ありがとうございました!
      菅生での第2戦も応援よろしくお願いします!

      The LEXUS cars from TRACY SPORTS has dominated the first race of the season of Super Taikyu Series 2017 class-3, at Motegi Twin Ring!
      #38 muta Racing TWS IS350 has won the race from pole position, and #39 ADVICS TRACY RC350 has finished 2nd place from 2nd on the starting grid.
      There was a lot of pressure on the #38 muta Racing TWS IS350 team, since it was the first race with a brand new chassis, and from the fact that it won the championship last year, but thanks to the drivers, Hotta and Sakaguchi's stable and excellent race pace, we managaed to win the race from pole position without any trouble.
      We were doing a lot of testing and development of a new ADVICS ABS for the #39 ADVICS TRACY RC350 with the ADVICS team before the beginning of the season, and finally, it was ready for use for the race.
      The drivers were able to fully make use of the benefit of the new ADVICS ABS, and managed to finish 2nd place for both qualifying and race session.
      #40 55-Garage TRACY 86 SSR ings suffered from a major mechanical failure during the whole race weekend.
      The car failed on the first few laps during the practice session. The mechanics worked all night to fix the car, and it was ready for the last qualifying and race session, but during the race, another different mechanical problem has occurred, and we had no choice but to retire from the race.
      We will analyze and solve the issue by the next race at Sugo Circuit, and do our best to achieve a good result!

      We're looking forward for your support!




  • 2017.03.06 2017年 SUPER GT GT300クラス 参戦発表
    • エヴァンゲリオンレーシングは今年もRn-Sportsとタッグを組み、スーパーGT300クラスに参戦します。
      そのレースサポートチームとしてTRACY SPORTSの参加が決定しました。
      車両は前年に続き初号機カラーのMercedes AMG GT3を使用し、「エヴァRT初号機Rn-s AMG GT」として戦います。
      ドライバーは15~16年と全日本F3を戦い、16年の鈴鹿1000kmでは第3ドライバーにも抜擢された石川京侍がAドライバー、そして86/BRZレースプロクラスやスーパー耐久ST-Xクラスでレース経験を積み今年SUPER GTデビューとなる山下亮生がBドライバーに決定しました。
      昨年ドライバーとしても活躍をした植田正幸選手が、2017年度は監督としてチームの指揮官を務めます。
      さらに、第2戦富士と第6戦鈴鹿1000kmレースでは、植田正幸監督自ら第3ドライバーとして参戦いたします。

  • 2016.12.11 MOTUL Sepang 12H Race 結果
  • 2016.11.20 S耐 ST3 シリーズチャンピオン獲得
  • 2016.11.20 S耐 最終戦 @ Autopolice 結果
    • スーパー耐久シリーズ2016 オートポリス大会の結果
      ★ ST3クラス 【優勝】⇒ #38 Mutaracing TWS IS 350
      ★ ST4クラス 【7位】⇒ #40 ゴーゴーガレージ RAMD 86 AGE↑AGE↑RACING SSR ings
      ★ ST4クラス 【2位】⇒ #41 TAKUMI & HERO'S SSR ings S2000

      《関連リンク》スーパー耐久最終戦リザルト

有限会社 トレーシースポーツ

レース及びチューニングカーの製作、パーツ取付及びパーツの販売ならトレーシースポーツ へ!

Copyright © TRACY SPORTS. All rights reserved.