越後鶴亀醸造元 越後鶴亀 -Introduction-


越後鶴亀
当酒造場は、明治二十三年に上原武七(初代蔵元)によって創業されました。武七は、幕末から明治にかけての大きな時代のうねりを敏感に感じ取りつつ人々に喜ばれる美味しい酒造りを目指しました。銘も、わかりやすく、おめでたい商標をと思い「鶴亀」という名を冠したそうです。

当社はお客様に満足いただける最高酒質を求め、敢えて小仕込にこだわります。米の選定から適切な洗米条件、最適な吸水条件をその都度設定し、熟練の技を駆使して原料米の特性を引き出しています。

また、酒造りは麹に始まり、麹に終わるといわれています。越後鶴亀の麹造りは米の特性にこだわって「こうじ箱」を使用しています。これは熟練した杜氏の技、感性を活かすことができ、きめ細やかな対応が可能となり、豊かで力強い麹を造ることができます。こうして味わいが深く、伸びやかな越後鶴亀をお客様に召し上がって頂く事ができるのです。
越後鶴亀 越後鶴亀
越後鶴亀

▲このページの先頭へ