競技をやる前提での準備や、クルマのチューニングに関するウンチク

はじめに

 
■このページの想定する読者
・自動車競技を始めたいが、周りに知っている人がいない
・競技を始めたばかりだが、クルマのチューニングについてもう少し知りたい
という人向け。
■このページの趣旨
・自動車用語を「定性的」に説明しています。
・参考として、おおよそかかるコスト(部品価格+工賃)を記載しています。

すなわち、あんまり厳密じゃない表現や、わかりやすさ優先で書いています。
○:この辺をいじるとこういう風になるということが一般的。
○:”ウリ坊のおすすめ”として「この辺はこういじりはじめる」と良い。
×:この設定を・・mm変更すると、△△に□Nmの力が作用する。

はじめに

競技に参加しよう

 
F1から順に説明しています。単に書くほうも読むほうもそのほうがドキドキするから。
ヘルメット、グローブなど、これだけはそろえなければならないもの。
最初は持っていなくても平気です。
『なぜライセンスが必要なのか?』という疑問を理解できるように書いたつもり。

クルマ選び

 
自分の愛車(もしくはこれから買うクルマ)はどんなメリット・デメリットがあるのか?を確認しよう。
どれだけチューニングしても、クルマの駆動方式(とサイズ)は変更が非常に困難なので、この章にいれました。
のちのちクルマを買い換える場合も、最初に選んだクルマの駆動方式を乗り継いでいく人が多いです。

なんとなくイメージ写真。よしださん撮影の筑波ビギナーズカップの写真です。

部品別の解説

 
下の項に詳しく説明する内容の前フリです。
仮にあなたが、”全部チューニングショップにお任せ”だとしても、簡単なツールは持っていたほうがより楽しいですよ。
この写真に写っている工具で、整備士の資格の要らない部分なら全部済みます。

クルマの挙動

 
※以下の説明はクルマの大きさや駆動方式に関係なく、すべてのクルマで発生しますが、”出やすい・出にくい”はベース車両とチューニングしだいで大きく変わります。
すべて同じページです。

ドラテク

 
※覚える順番通りに並べました。あくまで推奨ですが。
すべて同じページです。

ラインどり

 
※わりと下の項に持ってきてしまいましたが、実は”脱・初心者”はここからです。
しかしながらラインどりの理屈を分かっても実践できないのがモータースポーツの奥深さ。
すべて同じページです。

このサイトで紹介しているイベントの特徴
(ウリ坊の感想です)

 
こちらからどうぞ