キハ40系山陰本線
     Series DC40 Sanin Line

国鉄の印象を色濃く残すキハ40系。(撮影:デューク 著作権フリー)。
写真をクリックすると、1280*897ピクセルの画像が表示されます。
●国鉄末期に大量増備された標準気動車
提供サイズ:1280*897ピクセル
※もっと大きいサイズを希望される方はご連絡ください。

 キハ10系の時間切れに合わせて、キハ66・67系のデザインを踏襲しつつ、ローカル線での使用を考慮した形式としてキハ40系が登場しました。
 電車並のアコモデーションを誇り、その点では乗客には好評だったようですが、エンジンが大型の車体に見合わない低出力なもので、走行性能に難があったといわれています。
 JR化後にエンジンを換装した車輌も多く、登場から間もなく40年になろうとしていますが、本格的な置換えは一部にとどまっており、当分の間は活躍するようです。

 山陰本線では現在でも普通列車の主力として運転されており、ラッシュ時などは国鉄時代を髣髴させる長編成での運転もあります。

 ここのページに掲載した写真はすべて著作権フリーです。ご自由にお持ち帰りください。
 ただし、必ずダウンロードしてください。

 もし、写真の利用に関してわからないことがございましたら、こちらからお問い合わせください。