105系可部線
     Series EC105 Kabe Line

103系0番台からの改造車も存在した105系。(撮影:デューク 著作権フリー)。
写真をクリックすると、1280*897ピクセルの画像が表示されます。
●ローカル線の新性能化を推し進めた105系
提供サイズ:1280*897ピクセル
※もっと大きいサイズを希望される方はご連絡ください。

国鉄末期に釣掛駆動の80系等で運転されていたローカル線の置換え用として登場した105系ですが、当時の国鉄の財政状況は厳しいものであり、新製車を投入することがなかなか難しい状況でした。
そのため、首都圏で201系や203系の投入で余剰車が出始めていた103系を、105系に改造することでコスト削減を図ることになりました。
改造の対象となったのは、主に常磐線各駅停車から撤退し始めていた1000番台でしたが、0番台からの改造車も存在していました。
可部線にも0番台からの改造車が投入されており、制御車の見た目は103系の低運転台車と変わらないものでした。もともと車齢が高かったこともあり、同線の105系の中では最も早く廃車となっています。

 ここに掲載した写真は著作権フリーです。ご自由にお持ち帰りください。ただし、必ずダウンロードしてください。