107系日光線
     Series EC107 Nikko Line

日光線で活躍していた107系。(撮影:デューク 著作権フリー)。
写真をクリックすると、1280*897ピクセルの画像が表示されます。
●JR東日本の車輌製造の礎となった107系
提供サイズ:1280*897ピクセル
※もっと大きいサイズを希望される方はご連絡ください。

長く急行列車の主力として活躍してきた165系は急行列車の大幅削減と共にローカル線での普通列車での運用が主体となってきました。しかし、ラッシュ時の運用には無理があり、遅延の原因ともなっていました。
また、車輌の多くが1960年代の製造で、老朽化も目立ち始めてきたため、JR東日本は165系の足回り等を再利用することでローカル線の運用に適した車輌を製造することにしました。
これが107系で、JR東日本が初めて自社で製造した車両であり、その後の209系に始まる自社工場での大量製造のための貴重なデータを提供することになった形式でもあります。
107系は日光線でも活躍し、2013年まで運用されていましが、末期にはレトロ調の塗装となって活躍しました。

 ここに掲載した写真は著作権フリーです。ご自由にお持ち帰りください。ただし、必ずダウンロードしてください。