ひらめ戦法
戦法概要
ひらめ戦法基本
美濃囲いと違い4九、5九に金を
2枚ひらべったく付いているのが特徴。
飛車の打ち込みに強い形なので
飛車交換を狙い8筋を明渡す。
そして5筋8筋から突破を目指す。
詳細はこちらに
ひらめ戦法7七銀
早目に角交換されたため7七銀と
上がっている形。今▲5五歩△同歩と
した所。次の手は▲6六銀として、
ひらめ特有の8筋を明渡す。
先に金を5九としておくのがポイント。
詳細はこちらに・・・(上と同じ棋譜の変化手順)
 

戻る