新潟少年合唱団
 少年合唱団の解散や少年少女合唱団への移行が相次ぐなかで、新しく少年合唱団が誕生したという嬉しいニュースが入りました。その名は「新潟少年合唱団」。新しい少年合唱団の誕生を祝い、その前途に幸多からんことをお祈りします。
 平成12(2000)年10月に誕生し、スタート時はわずか団員は5人だったそうですが、その後25人にまで増えました。平成25年現在は14人です。
 平成14年11月17日(日)だいしホールで第1回演奏会を行いました。(団員はこの時点では小2から中2までの20名) 指導者は、スタート時は久住和磨(作曲家、新潟大学名誉教授で、毎年新潟市で演奏される「メサイア」の常任指揮者) 相川高子 樋口由起子 吉村陽子(ピアノ)の4名でしたが、現在は長川絢子も加わって5名の先生方でしたが、久住和磨の逝去により、新たな指導者を迎えたようです。
 毎年11月に定期演奏会を行っていましたが、平成25年度は平成26年1月に行いました。
 

   
                                       戻る