おたずね
 次のことについて、ご存じのことがありましたら、掲示板かメールで情報をご提供ください。
お願いいたします。

1、このサイトを応援してくださっているある方から、「独立少年合唱団」の「康夫」の歌声をふきかえているカウンターテナーの横田裕一さんは、昭和63年の童謡コンクールで村上友一さんと同じときに出演した少年ではないでしょうかというお便りを頂いています。どなたかこのことについてご存知ないでしょうか。

     
つきこさんより

「おたずね」のページの横田さんは、
今年の毎日ファミリーソング歌唱の部で最優秀賞の横田さんなのでは…?
多分、独立少年〜に声出演していた方と思いますので、逆算していって、昭和63年の童謡コンクールに出場したお年があっていれば、同一人物なのではないでしょうか?(と言っても私は計算はしていません^-^;)

だからといって、その村上さんと一緒に出ていたのかは私も分かりかねますが…

実は私は横田さんのファンで、ぜひ機会があれば生で横田さんの声を聞きたいと思っているのですが、
地方はなかなか情報が巡って来ず、毎日検索サイトで探しているのです。

先日(10月9日)東京で横田さん出演のイベントが行われたようですが、知る由もなく、終わってから気がついて口惜しい思いをしました。これからきっと活躍される方だと思いますので、めげないで応援したいです。

     
ちっちさんより

横田さんカウンターテナーになられているのですね。実は昔、ある方に童謡のCDを頂きまして好きでよく聴いていました。最近出産してまたよく聴いております

そのCDとは横田裕一さんと現在NHKのおかあさんと一緒の歌のお姉さん拝田祥子さんが中学生1年時に一緒に歌ってるCDなのです。プロフィールには確かに童謡コンクール優勝歴など書いてあります。

とても素敵なCDなのですが、最近傷が入ってしまい(TT)2曲ほど聴けなくなってしまったので、どこかで手に入らないものかと探していました・・・どなたかご存じありませんか〜??

私の持ってるCDにある横田さんのプロフィールです

(1979年)1月7日千葉市に生まれる
現国立音楽大学付属中学ピアノ専攻
全国童謡歌唱コンクールに於いて
1987年 中国・四国大会 (グランプリ)
1988年 中国大会 (グランプリ)
      全国大会 (のびのび賞)
1990年 関東甲信越大会 (最優秀賞)
      全国大会 (金賞・三笠宮牌)
1988年 若い芽のコンサート出演 (岡山市)
1989年 日本の子守歌フェスティバル 選抜出演 (井原市)

 その後、横田裕一さんについては、カウンターテナーの声楽家としてご活躍しておられるだけでなく、品川区教育委員会で教育相談員をされていたということがわかりました。


2、西宮少年合唱団のOBの方より、次のようなメールをいただきました。
「・・・ホームページを拝見し、母団である「西宮少年合唱団」を見つけました。少年合唱団から少年少女合唱団へ変った、と紹介して頂いていますが、私の記憶では、設立当初から「少女もいる(というより少女の方が多い)少年合唱団」だったと思います。現在も、後輩達の頼もしい活躍振りを嬉しく思いつつ、OBとして応援しています。・・・」
  「西宮少年合唱団」のことは、桃太郎少年合唱団が研究された「日本の少年合唱団の現状と課題」から引用しました。それによると、少年合唱団から少年少女合唱団に移行した団体として書かれています。どなたかこのことについてご存知ないでしょうか。

♪♪♪さんより

 初めまして、私は西宮少年合唱団関係の者です(^−^;
 今回はおたずねに書いてあった事について、少し書きたいことがあって参りました!西宮少年合唱団は、今も昔も“西宮少年合唱団”です。
 そもそも「少年合唱団」の「少年」とは、少年少女を指すのではなく、少年期の少年を指すそうです。ですから、『少年の合唱団』ではなく、『少年期の人の合唱団』の意味の「少年」なわけなのです。しかし英語等で書くとboys and girlsとなるみたいです。なんか上手く書けないのですが、そんなところです。分かりにくいですよね…?

3 立教小学校聖歌隊についてどんなことでも結構ですから情報提供ください。

tosiさんより

 立教の聖歌隊は、学校法人 立教学院(明治10年創立)のなかに、英国国教会系の日本聖公会・立教学院諸聖徒礼拝堂がある。学生キリスト教団体として「立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊」というのがあって、演奏会などで合唱しているようです。また教会音楽の充実と発展及び普及を目指して、立教大学教会音楽研究所というのがあり、公開講座や、コンサートコンファレンスなどが行われているそうです。
男子のみの立教小学校と、女子の立教女学院小学校、ともに聖歌隊があり、夏休みには合同交流会があるようです。立教女学院小学校の聖歌隊は、オーデッションを受けて入るといいます。また、立教小学校の聖歌隊はイギリスに行ったりして交流があるとかですが、詳しいことはわかりません。

 
 ぽこぺんさんより

 立教小学校の聖歌隊は、クリスマスらへんに大学のタッカーホールで礼拝のときに歌ったりしてるぞぃ〜クリスチャンの方はどうぞ。小学校だけじゃなくて高校と大学の聖歌隊も歌う曲あるのでどうぞよろしく。

4 ボーイズ・エコー・宝塚の指導者 辻 潤子先生より次のようなお問い合わせがあります。辻先生が記憶されているおよそのストーリーを紹介しますので、この映画についての情報提供をお願いします。

 「山の子の歌(詩?)」という映画を見た記憶があります。
 山奥の小さな学校に東京から少年が転校してきます。父親がダムかトンネルの工事の仕事をしています。シャイな少年はなかなか山の子になじめません。
 彼が東京で合唱団に入っていたことを知っている先生が音楽の時間に彼に独唱させます。すばらしいボーイソプラノで独唱しますが、級友たちは
「女みたいな声だ。」
と、笑います。先生は
「彼の歌い方が正式な歌い方で・・・」
と、説明します。
 何かがきっかけで一人の山の少年と仲良くなります。
 一方、東京では、合唱団(西六郷?)の仲間が転校した彼のことを心配して、夏の合宿場所を彼の居る村にすることにしました。合宿に来た合唱団の演奏会には転校生も加わって歌います。初めて聴く少年合唱のすばらしい歌とハーモニーに村の大人も子どもも大感激!

 細かい筋も結末もすっかり忘れています。主題歌は短調のメロディで、
「歌声が 山の小道に響けば、
 あの森 この・・・?
 山の子は 山の子は 歌が好きです」
というような歌でした。

フルヤマさんより

 おそらく,,この作品のことではないかと思われます。
http://syougai.tokushima-ec.ed.jp/slibdl/SLib/FILM/f07geki.pdf
残念ながら上記作品は未見です。 DV化等についても不明です。

 ちなみに、その作品の主題歌は、1964年頃「みんなのうた」で流れていた(歌:倍賞千恵子)と思われます。
西六郷少年少女合唱団によって歌われた、
ぼくらの町は川っぷちが発売されています。
(※こちらのCDにも収録有)

 上記楽曲の楽譜も、全音から出ています。
(※MIDIも有ります。直リン不可なので「なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡」で検索してみて下さい)

 4.現在、日本の少年合唱団で小学生だけの合唱団は2団体ですか、それとも3団体ですか?昨日のボーイズ・エコー・宝塚の定期演奏会で来賓の方のあいさつの中で2団体と言う方と3団体と言う方がいましたが、どちらが正しいのでしょうか?

 館長より

 TOKYO FM 少年合唱団とボーイズ・エコー・宝塚の2団体だけです。フレーベル少年合唱団は、現在も中学生の団員もいます。ちなみに平成25年度は中学生の団員が3名いました。合唱団創立の時点では小学生だけという団体もありましたが、団員の要望と人数の確保のため、ある時期から混声合唱団や変声後はファルセットを駆使した少年合唱団になった団体もあるというのが事実です。このあたりに、日本の少年合唱団の課題があります。フレーベル少年合唱団は、初期は中学1年生まで在団しないとOB会に入れないという時期もありましたが、少年の変声期の早期化(成長の前傾現象)を考慮して10数年前から小学6年生まで在団したらOB会に入会できるように改善しました。若いOB会員が参加してくれることを期待しています。TOKYO FM 少年合唱団とボーイズ・エコー・宝塚は、小学校卒業時期が変声期を迎えていなくても「卒団」となっています。まだこれからボーイ・ソプラノの頂点に向かってのぼりつめると思えるような団員もいますが、小学校の卒業を一つの区切りとしています。

 5.新居浜少年少女合唱団のホームページを見ると、愛媛県で5番目の少年合唱団として誕生したと書いてありますが、それならば、あと一つは、どこなのでしょうか?

 
 館長より

  直接、新居浜少年合唱団のホームページのゲストコーナーに質問してみましたところ、管理者様からご丁寧に調査して、その結果をご報告頂きました。それによると、次のようです。

 愛媛県でウイーン少年合唱団の日本公演に刺激を受けた音楽の教師たちが少年合唱団を立ち上げた当時を知らないので、詳しいことはわかりませんが、手元の資料によると、今は消滅している合唱団に伊予市の少年合唱団があったようです。昭和58年頃からその活動が休止状態になったようです。@今治S36・A宇和島S37・B松山S39・D新居浜S41・E西条S42・F四国中央(以前は伊予三島)S43・G大洲S44と続いているようです。

 従って、あと一つは、伊予少年合唱団ということになります。









戻る