山縣洋建築設計事務所
WORKS >USU
                   
 
 
   

5年の歳月を経て2つの家をつくった。 1つ目の家USは5年前に竣工したご両親の家でご主人のお母さんとの2世帯住宅だった。 2つ目の家USUはご実家の隣地につくられたご長男家族のための住まいである。敷地は18坪しかないため、建蔽率いっぱいの3階のボリュームを道路側に寄せて配置した。矩形平面の中央に直階段を配置した単純な構成であるが、階段により分節された2つの空間の床レベルを40cmずらしている。1階と3階は細かく空間が仕切られているが、2階のリビング・ダイニングは大きな一つの空間となっている。中央の階段はスチールのロッドで吊られていて空間をやわらかく分節している。 2階部分の北側に、柿の木に隣接するテラスをつくった。このテラスから柿の木の向こう側にある隣地のご両親の家のテラスやダイニングに視線が通り、お互いの気配が感じられる距離感を生み出している。また外部階段により2つの家の2階のテラスが結ばれ、2階レベルで2つの家を直接行き来できるようになっている。 家族の長い記憶が刻まれた柿の木のまわりに4世代にわたるご家族が寄り添うように住むために、外部空間のネットワークが生まれるように考えられた住宅である。

 
 
(C) Forward Stroke Inc.