山縣洋建築設計事務所
 
WORKS > YG
   
   
丹沢山系を望む傾斜地に建つ住宅。斜面に逆らわない勾配屋根とし、内部空間は床のレベル差によりゆるやかに分節しつつ、各領域の開放性を調節した。山並みに向かう眺望だけを手がかりとせず、移動によるシーンの展開を大切にした計画となった。
(C) Forward Stroke Inc.