不登校・非行専門 カウンセリング

心理カウンセラーによる「不登校」「非行」のページ


所在地=大阪府豊中市 公開日=2002.04.17
  最終更新日=2013.05.16


ようこそ、淀屋橋心理療法センターの不登校と非行の専門ページへ。

あなたは  人目の訪問者です。


「心身症」タイプの不登校

「お腹が痛い」「頭が痛い」と言われると無理じいできなくて・・。そのうち体調不良を理由に不登校に。

「対人緊張」タイプの不登校

「人の目が気になる」「うまくしゃべれない」から行けないって、ほんと?。でも、これが思春期特有の不登校の原因なのです。

「明るい」不登校

 家では明るくしているのに、どうして不登校なの?

「いじめ」不登校

 「えっ!うちの子が!」。慌てて動くととりかえしのつかない事に。いじめられて不登校になった子は親や教師の初期対応が重要です。

「家庭で荒れる」タイプの不登校

 昔はおとなしくて良い子だったのに・・。思春期になるとおとなしさが裏目に出て不登校になることも。

「非行」タイプの不登校

 やっている事や、見た目とはウラハラに意外な面が・・。親の根気強い対応で非行も不登校も解決。

□ 子どもの「非行」は親の対応で大きく変わる

「憎たらしい、でもかわいい」。子どもの非行に悩む親御さん必見!

「非行」の解決 その1

 さびしがり屋の居場所探し。これなら親御さんにもできるのでは。

□ 非行解決の【必須条件】

 私どもの得意な「非行タイプ」は。【必須条件】

□「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。【前編】

 挫折をきっかけにみるみる悪い方向へ。しかし、意外な真相が・・・。

□「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。【後編】

「非行」から焦点を外し、両親の力で「会話の弾む親子」に!

「小学生」の不登校

 小学生の不登校は、低学年ほど担任の先生と親の連携が効果的です。早期対応・早期解決で。

□ 再登校にこぎつける「三段階」

 親子の会話を促進して再登校に。これが不登校対策の基本中の基本です。

□ チェックリスト(学校の先生むけ)

 不登校のタイプ別チェックリスト。タイプを知って対応して下さい。

□ ひきこもり

 ひきこもりの子は磨けば光るダイアモンドの原石です。不登校の子ならではの持ち味(良さ)があるのです。

□ ギリギリ再登校

 せっぱ詰まらないと動けない(登校できない)子が意外と多いのです。そんな子の特徴をうまく活かして再登校へ。

□ 親がめいっている不登校

 子どもさんの不登校でめいってしまっている親御さんへ

□ 担任の先生の協力

 担任の先生やクラスメートからの「情報提供」が大いに役立ちました。

□ 休み始めたらすぐ動く

 「自立を待ちましょう」「見守りましょう」の落とし穴。不登校解決には積極的な対応を。

□ 夏休みの「非行」対策  <不登校防止>

 夏休みは非行(不良とのつき合い・喫煙・外泊・万引き等)への誘惑が多いもの。親の対応で非行防止+9月からの不登校も防止。

ご意見・ご感想は・・・

 ypc@mvh.biglobe.ne.jp までどうぞ

 Web担当者:小川和夫(不登校・非行専門 心理カウンセラー)

*メールを送っていただく場合は、子どもさんの学年・性別・住所(都道府県のみ)を明記して下さい。メールでのアドバイスはお出しできません。
*不登校・非行のカウンセリングのご相談は淀屋橋心理療法センターのHPをご覧下さい。無料の事前相談もございます。
*このページへのリンクをご希望の方はメールにてお問い合せ下さい。
*不登校と非行の専門ブログを開設しました。あわせてご覧下さい。
「不登校のカウンセリング治療」
「非行のカウンセリング治療」

*このサイトの内容の全て、又は、一部の転用・転載を禁じます。
Copyright (C) 2013 淀屋橋心理療法センター All Rights Reserved