実務の友 実務の友資料
賃金センサス(賃金構造基本統計調査)による「平均賃金」
男女計
学歴計
性別 学歴計 中卒 高卒 高専・短大卒 大・大学院卒
2013年
(平成25年)
4,689,300 5,241,000 3,902,800 4,540,800 4,775,400 6,405,900
3,539,300 2,446,200 2,959,400 3,769,300 4,406,600
2012年
(平成24年)
4,726,500 5,296,800 3,839,600 4,585,100 4,841,300 6,481,600
3,547,200 2,426,500 2,942,300 3,812,100 4,434,600
2011年
(平成23年)
4,709,300 5,267,600 3,883,100 4,588,900 4,775,500 6,460,200
3,559,000 2,410,100 2,957,700 3,830,600 4,482,400
2010年
(平成22年)
4,667,200 5,230,200 4,019,500 4,619,000 4,700,300 6,332,400
3,459,400 2,469,900 2,940,600 3,762,800 4,284,900
2009年
(平成21年)
4,705,700 5,298,200 3,966,600 4,613,800 4,724,000 6,544,800
3,489,000 2,473,000 2,957,200 3,775,000 4,400,000
2008年
(平成20年)
4,860,600 5,503,900 4,275,500 4,877,200 4,954,800 6,686,800
3,499,900 2,490,800 3,011,600 3,845,700 4,384,300
2007年
(平成19年)
4,882,600 5,547,200 4,312,400 4,924,000 4,913,100 6,807,600
3,468,800 2,495,300 3,005,200 3,774,600 4,461,200
2006年
(平成18年)
4,893,200 5,554,600 4,395,400 4,926,500 5,019,600 6,767,500
3,432,500 2,551,800 2,971,700 3,781,700 4,401,100
2005年
(平成17年)
4,874,800 5,523,000 4,382,000 4,903,400 4,939,500 6,729,800
3,434,400 2,544,300 2,961,500 3,787,000 4,429,000
2004年
(平成16年)
4,854,000 5,427,000 4,521,100 4,901,300 4,838,500 6,574,800
3,502,200 2,680,100 3,123,400 3,769,300 4,374,800
2003年
(平成15年)
4,881,100 5,478,100 4,598,600 4,972,700 4,936,600 6,587,500
3,490,300 2,665,200 3,118,100 3,791,200 4,458,900
2002年
(平成14年)
4,946,300 5,554,600 4,649,600 5,027,100 5,011,200 6,744,700
3,518,200 2,712,100 3,167,400 3,833,400 4,465,000
2001年
(平成13年)
  5,659,100 4,852,300 5,197,800 5,018,300 6,804,900
3,522,400 2,728,000 3,230,300 3,791,600 4,530,100
2000年
(平成12年)
  5,606,000 4,854,800 5,193,300 4,934,700 6,712,600
3,498,200 2,742,300 3,233,500 3,779,100 4,485,400
1999年
(平成11年)
  5,623,900 4,873,800 5,204,400 5,009,500 6,774,400
3,453,500 2,701,500 3,217,500 3,750,800 4,450,900

  各年度の賃金構造基本統計調査結果は,政府統計の総合窓口「賃金構造基本統計調査」から検索できる。
  上記表の給与額は,各年度の統計調査表中の「全国産業大分類」の「表番号1 年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」 の「(産業計・産業別)」ファイル中から,「企業規模計(10人以上)」の欄で,男女計・学歴計,男性労働者・女性労働者各別の(1)学歴計,(2)中学卒,(3)高校卒,(4)高専・短大卒,(5)大学・大学院卒の項に従い,次の算式で得た額をまとめたものである。
「きまって支給する現金給与額」×12+「年間賞与その他特別給与額」

[ 逸失利益計算機室 ]

[ HOME ]