折角好きな音楽、バンドをやっているのならワンランクアップしませんか?

どうしたら、バンドがまとまるのかがわからない・・・
なんか違うのは分かるのだけれど、どのように伝えればよいのか・・・


ただ曲をベルトコンベアー式に流す練習で終わっていませんか。
これでは進歩は望めません。


今やっている曲(オリジナル曲以外)は、テンポ、リズムパターン、曲の進行など
全てをコピーし、原曲の全てが正しいという考えを持つ傾向にある様に思います。

原曲を掘り下げて研究することはとても大切な事です。 そこで提案です。

原曲をやっているプレイヤーの技量や楽器もメンバーも違います。原曲を題材にして、
自分たちの今いるメンバーの技量の範囲内で、一歩進んだ自分たちのオリジナルサウンドを
作っみてはどうでしょうか。

会社の上下関係で作っているバンドなどは、練習においてもその関係が引きずること事が
多々あるようです。

ビッグバンド等は指導者をおき、悪い部分を指摘してもらい、
アンサンブルを整理してバンドをまとめて貰っているバンドが沢山あります。

ビッグバンド、コンボバンドのジャズに限らず、J-Pop、フュージョンバンドなど
アンサンブルに必要なアイテム、練習方法などをスクール暦27年以上、プロ37年の
キャリアを活かし、各パート・メンバーの良さを引き出し、 まとまったサウンドを
出せるよう、長谷川が出向き指導致します。

お問い合わせは、メールにてお願い致します。



dr-kiyo@mvb.biglobe.ne.jp

 

 

 

 


 

 
プロフィール  
 
スケジュール  
 
フォトグラフ  
 
ディスコグラフィー  
 
ドラムスクール  
 
セミナー  
 
教則本  
 
ティックスティック  
 
お問い合わせ  
長谷川清司
長谷川清司