我が家にぴったりお気に入りのキッチンにしたい。お気に入りのキッチンにするには?
キッチンのプランニングをする際、どんなレイアウト・使い方をするのか重要になってきます。
間取り・使い方よりレイアウトを検討してみてください。
新築・リフォーム等住まいに関する工事を行っております
お問い合わせはお気軽にどうぞ

TEL 046-274-3931  FAX 046-275-5294

E-mail : tf-reds@mub.biglobe.ne.jp

神奈川県大和市南林間で新築・リフォーム等住まいに関する工事を行う藤田工務店

コンテンツ
会社案内 住まいの健康診断 エクステリア特集 リフォーム特集 施工例 実況中継 ご相談・お見積もり TOP コンテンツ

キッチン(キッチン プラン編 設備編

床暖房(床暖房って何だろう? 床暖房の方式) トイレ(ウォシュレット) 塗装工事  収納
 地震対策(棚の転倒防止



TOPご相談・お見積もり実況中継施工例リフォーム特集エクステリア特集住まいの健康診断会社案内

お問い合わせはお気軽にどうぞ   有限会社 藤田工務店
TEL 046-274-3931  FAX 046-275-5294   E-mail : tf-reds@mub.biglobe.ne.jp

テーブル
収納
収納
1列型 2列型 L型 U型 アイランド型
1列型 2列型 L型 U型 アイランド型
コンパクトで機能的なキッチン、限られたスペースの場合に適しています。長すぎると1人での作業では効率が悪く疲れやすくなります。 1列型と比べて作業動線が短くなるため動きやすさを求める方にお薦め。クローズドキッチン向きのレイアウトです。 作業しやすい人気のタイプ。コーナー部の奥行きが深くなるためデットスペースになりがちですが、使い方によっては特徴を生かせます。 独立型キッチン向きのレイアウト。作業能率をアップできるタイプです。 アイランド部を囲むようにして作業できるので、家族全員で調理と食事を楽しめます。また、料理教室やホームパーティーをするのに適しています。
キッチンの平面的レイアウトは、大きく分けて5つのパターンがあります。
それぞれに特徴がありますのでショールームなどで実際に寸法や作業動線を確認すると
自分に合ったものが分かります。
キッチンのスタイルを考えましょう。
大きく分けると4つのスタイルがあります。ライフスタイルや周囲の部屋(キッチンの空間タイプ)
とのつながりも考慮して下さい。

独立型      → クローズドキッチン
DK型・LDK型 → セミクローズドキッチンセミオープンキッチンオープンキッチン
我が家にぴったりのキッチンにするには、まず我が家を知りましょう。
あなたのお家はどれに当てはまりますか?
キッチンを変える際、他の部屋も模様替えしたいという方は、それぞれの
長所・短所を参考に、どのタイプがよいか考えてください。
コンロ
冷蔵庫
シンク
キッチンの動線計画 @収納
A下ごしらえ
B洗浄
C調理
D加熱
E盛付け・配膳
F食事
G後片付け
キッチン動線計画 ワークトライアングル
リビング
(居間)
ダイニング
(食事室)
ダイニング
(食事室)
ダイニング
(食事室)
キッチン
キッチン
キッチン
独立型 DK(ダイニング・キッチン)型 LDK(リビング・ダイニング・キッチン)型
独立型 DK(ダイニングキッチン)型 LDK(リビングダイニングキッチン)型
長所
調理する場を独立させるため、煙・臭い・視線をさえぎるため調理作業に専念できる。

短所
調理する人が孤立しやすい。
長所
調理と食事が1部屋でできるため、作業が合理的になる。

短所
煙・臭いがこもる。
食事をする人に調理で使用した食器等が見えてしまう。
長所
家族で食生活を中心に楽しめる空間ができる。

短所
煙・臭いがこもる。
食事をする人に調理で使用した食器等が見えてしまう。
食材・食器や調理器具の収納から、下ごしらえ、加熱調理、盛付け、配膳、食事、後片付けまで、一連の作業で行えるとよいですね。無駄な動きを最小にし、効率よく動けるようにレイアウトができると使い勝手のよいキッチンになります。調理作業の基本収納(冷蔵庫)・洗浄(シンク)・加熱(コンロ)の3要素を結ぶ3角形の距離を短くし、他の動線との交差を少なくすることで、無駄な動きが減ってきます。

キッチンの動線

キッチンのレイアウト

クローズドキッチン
クローズドキッチン ダイニングが完全に分離するため、料理に専念しやすく、多少散らかしてもダイニングから見えることがありません。
セミクローズドキッチン
セミクローズドキッチン1 セミクローズドキッチン2 キッチンとダイニングをカウンター・吊戸棚で間仕切りるため、ほどよい落ち着きが生まれます。料理にも専念でき、会話も楽しめます。
セミオープンキッチン
セミオープンキッチン1 セミオープンキッチン2 キッチンとダイニングをカウンターで間仕切ります。

右図のシンク位置だと、ダイニングからもシンクが使えます。(話題のアイランド型キッチンもこのタイプです。)
オープンキッチン
オープンキッチン キッチンとダイニングが1つの部屋になります。誰でも気軽に料理に配膳に参加することができます。

キッチンのスタイル

キッチンの空間タイプ

キッチン プラン編

キッチン
床暖房(床暖房ってなんだろう? 床暖房方式の比較) キッチン(キッチン プラン編 設備編) トイレ(ウォシュレット) 
塗装工事  収納 地震対策(棚の転倒防止