愛知県の主要活断層帯

このページの一覧表と位置図は地震調査研究推進本部(文部科学省に設置された政府の機関)によって公表された資料を基に編集したものです。

詳しくは地震調査研究推進本部のこちらのページへ


主要活断層一覧表

算定基準日 平成28年(2016年)1月1日

< メモ >

発生確率順位は、30年以内の発生確率の最大値の順位で、発生確率が算出されている138の活断層(区間)を対象としています。順位に大きな意味があるわけではありませんが、相対評価の色区分を補うものとしています。

主要活断層帯の概略位置図

(上記の表の色と活断層の位置を示す線の色は対応)

愛知県の活断層マップ

【参考】海溝型地震

東海地震に係る地震防災対策強化地域(58市町村)

新城市、名古屋市、豊橋市、岡崎市、半田市、豊川市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、常滑市、東海市、大府市、知多市、知立市、高浜市、豊明市、日進市、東郷町、長久手町、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、一色町、吉良町、幡豆町、幸田町、額田町、三好町、設楽町、東栄町、津具村、鳳来町、作手村、音羽町、一宮町、小坂井町、御津町、田原町、赤羽根町、渥美町、津島市、七宝町、美和町、甚目寺町、大治町、蟹江町、十四山村、飛鳥村、弥富町、佐屋町、立田村、八開村、佐織町

東南海・南海地震防災対策推進地域(51市町) H24.4.1 更新

名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町