YRPの裏山

YRP裏山地図
撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 撮影点 四ッ田御稲荷 光の丘2番バス停 YRPセンターバス停 光の丘5番バス停。YRPから乗ると、ここまでは170円。この先180円。10円分歩くかどうかがみんなの悩み。 富士通前バス停 パナソニック前バス停 この階段きついぞぉ〜 横須賀市長沢二五四四、かろうと山古墳。
かろうと山古墳は、南東に延びる尾根上に位置し、南側に張り出した平坦面の南端に築造さている。一九五〇年十二月には横須賀市考古学会によって埋葬施設が発掘調査され、一九八三年一二月には横須賀市立人文博物館によって墳丘の測量調査が行われている。
墳丘は楕円形を呈する円墳で、長径約一二・五メートル、短径約一〇メートルを測る。封土の流出が著しく、現状での高さは約一メートルと低い。埴輪や葺石等の外表施設は認められないが、墳丘の東西には周溝の一部と思われるくぼみが見られる。埋葬施設は、墳丘の中央に構築された凝灰岩切石組みの箱式石棺である。ほぼ南北方向に主軸をもち、内法で南北二・五七メートル、東西〇・八六メートル、深さ〇・七一メートルの規模を測る。蓋石はすでに失われているため不明であるが、妻石は切石の二段積み、側壁は東側が三枚、西側が二枚で構築されており、底面は四枚の切石が敷かれている。
副葬品については、幾度かの盗掘を受けていたものの、直刀・刀子・鉄鏃の他金銅製弓弭金具・鑿状鉄製品・金銅製刀装具・銅製薄板等が検出された。築造時期については、埋葬施設の構造や副葬品等から七世紀前半頃と考えられる。なお出土遺物は横須賀市人文博物館が保管し展示している。
埋葬施設の箱式石棺は、墳丘の流出や風化作用の進行により崩壊の危険が生じてきたため、埋め戻す事によって保護を計っています。 道の舗装は繋がっていますが、岩戸町内会で道路が通過すると車が岩戸町内を通過するので困ると反対運動があり、現在柵がしてあります。で、この道はちょうどいい駐車場になっています。 粟田と岩戸はかなり高度に差があります。だからここの通り抜けはできません(多分)。 自然保護のための池です。生物を取ったり、外来生物を放してはいけません。 ホテルYRP。ビジネスホテルですね。近くに住んでるので、泊まったことはない。 「うちくら」。蕎麦屋だったか懐石料理だったか。1500円ぐらいで食べれたと思う。 鳥公。焼き鳥屋かな。 光龍。中華料理屋かな。入ったことない。 ローズテリア。YRPの社食?誰でも入れます。 第2ローズテリア。YRPの社食?誰でも入れます。 ラ・ルーヴル。フランス料理レストラン。お昼は3000円ぐらい。 YRPベンチャー棟。ここの入居者の名前を見ると、よくもまあ、いろいろありますよ。
野比からの冒険へ戻る
[番目]記述内容について一切保障しません。リンクは自由に行ってかまいません。
Since 2004/6/2, Final update 2005/8/15, Presented by Ishida So