ソプラノ♪7ボーイズ

 プロフィール


  平成30(2018) 年 10 月、ボーイ・ソプラノユニット「ソプラノ♪7(セヴン)ボーイズ」が結成されました。これは、女優、声優、歌手であり、ディズニー映画で、歌の部分の吹き替えを担当することが多い伊藤えりがプロデューサーとなり、振り付け:武藤寛 楽曲アレンジ:小林早織の指導陣で、変声期前の少年たちで編成するユニットで、理念としては、古くから伝わる日本の童謡・唱歌を中心に、後世に伝えるべき歌を斬新にアレンジし、歌とダンスを交えたパフォーマンスを届けるというものです。コンセプトは、「ボーイソプラノ男子たちが発信する、美しく元気な日本。」平成31(2019)年1月現在11名のボーイズ達が登録。常時選抜を実施してステージでは7名編成で活動します。ミュージカルなどの舞台やテレビCMで活躍中の子どもたちを中心にオーディションを実施し、「美しく、素晴らしい日本」を「歌の力」で伝える実力を備えた歌の上手な少年たちを選抜して、レッスンを積んでいます。そのような意味で、青少年の健全育成を目的とする教育委員会が設立した児童合唱団とは理念を異とします。創設期のメンバは、ミュージカルでも活躍しているCD「めざせ! ミュージカル☆キッズ」に参画した少年歌手たちが中心です。

 日本にはかつて、ビッグ・マンモス(1975~1982)やYa-Ya-yah(2001~2007)といったボーイ・ソプラノの少年によるコーラスユニットがありましたが、それらとも理念の異なるユニットです。また、童謡を中心に歌う児童合唱団には音羽ゆりかご会(1933~     )等がありますが、それとも理念を異にしています。まだ誕生したばかりなので、今後の方向性は未知の部分もありますが、既にプロモーション動画として「汽車」「富士の山」をYouTube配信しており、同年4月7日青松寺観音聖堂 花まつりコンサートで、デビューし、その後もメンバーを少しずつ変えながら、いろんなステージやイベントに出演しています。

 さて、日本の演劇界では10年くらい前から、ミュージカル「ライオンキング」のヤングシンバ、「レ・ミゼラブル」のガブローシュ、「エリザベート」の皇太子ルドルフ、「ビリー・エリオット」のタイトルロールなど本格的に歌って踊れる少年を求める動きが出てきて、倍率の高い厳しいオーデションに参加する少年達も増えてきているようです。同年10月横浜音祭り 街に広がる音プロジェクト2019 @里山ガーデンは、野外コンサートのためか、撮影者によるYouTobe映像によってそのステージのかなりの部分がわかってきました。一人一人にしっかりとした歌唱力がついているだけでなく、振り付けが入ることによって、聴覚だけでなく視覚からも楽しめる歌を歌っています。一般的に日本の少年合唱団(児童合唱団)は、みんなで声を揃えて歌うことを重視し、部分ソロやソリはあっても、ソリストを育てるという発想があまりない傾向がありましたが、ソプラノ♪7ボーイズは、はっきりと、ソリストを前面に立てています。それは、メンバーの一人一人が愛称まで入れて自己紹介しているところにも表れています。これは、既存の少年合唱団(児童合唱団)にはなかったことです。また、令和元(2019)年10月には、2020年度レッスン生募集をし、現時点で何人合格したかは公表されていませんが、採用されました。これからは、変声期に入って、「ソプラノ」を看板に掲げるこのユニットとして活動できなくなる年長のメンバーも順次出てきます。平成元(2019)年度は卒業1名でしたが、今後、年度によっては4人ぐらい変声期を迎えることもあるでしょうから、このようにして毎年のように新メンバーを入れながら、同時にリーダーを育成して発展していくことでしょう。


 また、令和2(2020)年1月13日には、川崎市の溝の口劇場で、1stはっぴょうかいを行いましたが、そこでは、出演者全員が独唱し、ミュージカルのナンバーも歌われ、トークや観客も参加するゲームを採り入れるなど、従来の少年合唱団(児童合唱団)のコンサートとは違った画期的なコンサートになりました。


            
   
                 7人揃って決めポーズ                                     花まつりコンサート 港区青松寺(デビュー)                      横浜音祭り 里山ガーデン               

 ソプラノ♪7ボーイズのレパートリー


 ソプラノ♪7ボーイズのレパートリーは、基本的に童謡・唱歌ですが、演奏形態は、7人で振り付けを入れて歌うもの、独唱、あるいは二重唱を背景に振り付けが入るもの、特に振り付けのない独唱に大別されます。それがイベントの場合、30分(15分)ぐらいの持ち時間の中で組み合わされて演奏されます。なお、最初と最後は、「汽車ポッポ」のような7人全員で歌い踊る歌です。最初の歌の後、一人一人が自己紹介をするところも特色の一つです。これは、少年合唱団の演奏会と違うところです。それは、メンバーが毎回変わるためでもありますが、一人一人のメンバーに光を当てるという方針の現れでもありましょう。また、1stはっぴょうかいでは、独唱にミュージカルのナンバーなども公開され、レパートリーの広がりを見せました。
 それでは、令和2(2020)年1月の1stはっぴょうかいまでに歌われた歌(映像で確認できるもの)を分類してみましょう。ただ、この分類は、「大きな古時計」を童謡と分類してよいのかどうか、映画『天空の城ラピュタ』より「君をのせて」は、既に合唱曲になっているのではないか、「see you tomorrow」は、この分類に入らないといった課題もあり、かなり便宜的なものですので、ご了承ください。

 童謡

「汽車ぽっぽ」 「汽車」 「かわいい魚屋さん」 「にんげんっていいな」 「ドロップスのうた」 「小犬のプルー」 「大きな古時計」
(動物シリーズ)「うさぎのダンス」 「おさるのかごや」 「小鹿のバンビ」 「あめふりくまのこ」 


 唱歌

「ふじの山」 「春の小川」

 歌曲

「赤とんぼ」 「待ちぼうけ」

 フォークソング

「翼をください」 「四季の歌」

 ミュージカルナンバー

ミュージカル『オリバー!』より「オリバーのマーチ」  ミュージカル『ピーター・パン』より「アイム・フライング」   
ミュージカル『モーツァルト』より「僕こそ音楽」
          ミュージカル『ライオンキング』より「早く王様になりたい」

 映画音楽

映画『天空の城ラピュタ』より「君をのせて」

 その他

「see you tomorrow」

 ソプラノ♪7(セヴン)ボーイズの出演状況

  ソプラノ♪7ボーイズは創設当時登録されていたのは11人でしたが、常時選抜を実施してステージでは7名編成で活動しています。そこで、それぞれのイベントに登場したメンバーを一覧表にまとめてみました。なお、1stはっぴょうかいでは、10人が出演しています。また、この日で山口れんは卒業しました。

 イベント名 花まつりコンサート  HOPE CHARITY CONCERT  横浜音祭り
街に広がる音プロジェクト2019 
横浜音祭り
 街に広がる音プロジェクト2019 
 京王駅伝フェスティバル 
 年・月・日 平成31(2019)年
4月7日(日) 
令和元(2019)年
6月8日(土) 
令和元(2019)年
10 月5日(土) 
令和元(2019)年
11 月2日(土)
令和元(2019)年
11月17日(日) 
場所  港区青松寺  東京キリストの教会
メインホール  
里山ガーデン  クイーンズガーデンスクエア
横浜 
 味の素スタジアム
 出演
メンバー
山口 れん
岡村   要
吉浦   陽
中館 翔一
中村 海琉
竹内 彰良
平賀   晴
山口 れん
岡村   要
深澤 幸也
竹内 彰良
中館 翔一
矢野 新太
平賀   晴 

岡村   要
山口 れん
吉浦   陽
竹内 彰良
中館 翔一
大橋 冬惟
平賀   晴

 
岡村   要
山口 れん
吉浦   陽
竹内 彰良
中館 翔一
矢野 新太
平賀   晴
岡村   要
山口 れん
竹内 彰良
中館 翔一
中村 海琉
小林 佑玖
平賀   晴 


 イベント名 1stはっぴょうかい
 年・月・日 令和2(2020)年
1月13日(月・祝) 
場所  川崎市
溝の口劇場
 出演
メンバー
平賀   晴
大橋 冬惟
矢野 新太
吉浦   陽
深澤 幸也
中村 海琉
竹内 彰良
中館 翔一
岡村  要
山口 れん
(独唱順)
















                                                                                                                                                                                           戻る