YGGDRASILL SOFT

Windows/Linux/Mac 用のフリーソフトやゲームを製作、公開しています。

ソフトウェア・コンテンツ

ドット絵ナニカ
online
ClipboardProcessor
走るミク
大連鎖チャンス
あならいざあ
ドット絵ナニカ
Boss Clone
Boss Clone-D
Death Note
タイピングゲーム
リモートコントロールソフト
pink
game 放課後の爆弾魔
game 目からビーム!!
game 集会
spanner gendoc
なんでも書き込んでください -
ダウンロードはこちら 2015.06.15
JavaやJavaScriptソフトなど 2005.03.21
過去行った企画やテキスト系コンテンツ 2002.02.24
動かない、できない、のトラブルシューティング 2013.01.12
リンク集 2014.01.05

技術書典6に行ってきた!

前回(10月)はシステムのサービスイン対応が入って行けなかったのだけど、 今回は万障繰り合わせましたぜ! 技術書典6

11時の開場にあわせてちょっと早めに池袋に着いたんだけど、そこから長蛇の列…っ!
会場入り口からずーっと外に出てながいながい通路の向こう、 階段を上り、下り、また上り、踊り場ごとに形成された列の断片を超えた向こうに55分並んで、入場。

ブースの数がむちゃくちゃ多かったけど、今回も下調べなしのフィーリングで買い漁ってきました!

買った本

技術書典、楽しかった!
ふきさらしで思ったより長く並んだから、上着着てって良かった!#技術書典 pic.twitter.com/SEBppuLOpN

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
マンガでわかるDocker
マンガでわかるDocker2 開発環境を作ろう編
マンガでわかるDocker3 AWS編

Docker本。前々回買いそびれてたら、3まで増えてた。
てか俺は入門本ばっかり買ってないでそろそろ手を動かさなきゃいかん。 pic.twitter.com/su7sIsrcz9

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Juliaでふつうの統計解析

統計関連の引き出しをちょっとだけ広げるため。Rも使えないのだけど。
ぱらぱら見た感じでは、全然理解できなそう。
とりあえず「何ができるどんなもの」てのだけ把握しよう。 pic.twitter.com/xbnxHNepDq

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
mixi tech note #01

無料配布。mixiのエンジニアが書いた本。
特定のテーマに絞ってるわけじゃなく、開発・サービス展開回りの知見とか教訓とか。 pic.twitter.com/ifvZD3n1ia

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
OSGirls

小説の体で、OSの基礎、というか仕組みを学ぶ本。
システムコールがー、とかファイルディスクリプタがー、とかよりもっと低レベル側がテーマ。CASL2を思い出すかんじ。 pic.twitter.com/2qmA5HqENa

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Google App Engine Webアプリ開発入門

AWS派だけど、GCPの使い方も覚えておきたい。
本の作りがすごい丁寧。すごく読みやすい。カバーや帯もある。
シンプルなイラストで図示するとか大事なとこボールドするとか、細かいところまでそつがない。てかこれ本業の編集者入ってない? pic.twitter.com/vmeyyPz1eQ

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
バージョン管理 with Pijul

Gitじゃない分散バージョン管理システム、だそうな。初めて聞いた。
まだバージョン0系らしいので、本業には使わないつもり。思想だけ把握するる。 pic.twitter.com/F47OrmDv0u

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Nuxt.jsとPythonでつくるぬるさくAIアプリ開発入門

AIアプリ開発のHowto本。理論とか思想とか関連情報も解説してて、丁寧。
単純な手順書とか「やってみた」系ではなくていいかんじ。

AIに手を出すつもりはいまのところ無いんだけどね。 pic.twitter.com/2BDSNniWPz

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Python Live Coding

コーディングでリアルタイムに演奏する、、らしい。
正直あんまりよくわからなかった(けど買った)。
従来のMMLと違うのは「ライブ」ってトコかな。MMLでリアルタイムに演奏できる感じなんだろうか。 pic.twitter.com/Og6OYhA5TI

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Shellスクリプトでサーバ設定を自動化する本

タイトルどおり。Ansibleをつよく意識していて、真っ向から否定してる印象。
筆者も述べているとおりシェルスクリプトは手段に過ぎないので、自分の中の”手段”を充実させるために。
しかし考えてみるとパズーの勤め先はブラックだな。 pic.twitter.com/suBpefcHyW

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
まんがではじめるKubernetes

Docker本。漫画だと安心するよね。読みやすくて。
てかおれは入門書ばっかり読んでないでそろそろ手を動かさないといかんぜ(本日2回目)。 pic.twitter.com/8tS8Fehaqd

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
実践Re:VIEW

markdown や Re:VIEW でいつか設計書を書いてみたい。
表現力考えると Re:VIEW かなあ、と思う。
markdown + 絵(PlantUMLでもいい)とかでもいけそうかなぁ。
色々思うけど、行動に移せてない。 pic.twitter.com/qqugxBRrxH

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Tech Do Book #1

無料配布。Web系とその基礎技術をメインに、テーマはいろいろで、10項目。
読み応えありそうなので、のんびり読む。 pic.twitter.com/wuH5HDsezd

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
ドメイン駆動設計再入門

もう3,4年、ドメイン駆動設計の現場にいるはずなんだけどいまだちゃんと理解できてないDDD。
てかウチの現場のドメインモデルは思想が一貫してないのかもしれない。
てことで俺自身、ここらで足場を固めたい。 pic.twitter.com/z0CxU2XPN8

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
カスタマインガイドブック

無料配布。kintoneのカスタマイズをノンコーディングでやる手段の紹介。
コンサル案件の提案ネタにできるかも。 pic.twitter.com/esSuarvqzL

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Process Scheduler Blossom

ここで扱う「プロセス」は、OS上の実行単位のこと。
マルチタスクOSにおけるCPUリソース割り当ての話し。
マルチスレッドプログラミングとかでも同じような概念があるので理解しときたくて購入。 pic.twitter.com/jMEzRNlE7O

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Markdownで構築手順書やQiitaを書くときのたったひとつの冴えたやりかた。

たったひとつかどうかはともかく、筆者が思う冴えたやりかたが紹介されているので参考に。横書きなのに右綴じなのはご愛嬌。 pic.twitter.com/1YudOrkAux

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Visual Studio Code Extension Start Book

VSCodeの拡張機能を開発するためのhowto本。
いまのところ作る予定はないのだけど、あまり見ないテーマだから手元に置いておきたかった。 pic.twitter.com/sAJxIJIpcb

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
とらラボ!

無料配布。虎の穴のエンジニアたちが書いた本。
インフラとか監視の話、AWS、あとアキバ飯。
これも読みごたえありそうなので、のんびり読む。 pic.twitter.com/Wx8fKMxiBb

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Spring boot + Nuxt で Webサービスを作る本

タイトルのとおり。フロントページとバックエンドのAPIサーバを組み立てる流れの説明。あまり詳しくはない。なんとなくこんな流れで作るよ、って内容。文章も若め。
Nuxtを使うことがあったら、イメージを把握するために。 pic.twitter.com/8DDDdugzRf

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
Developers Magazine Vol.1

AWS本。認証(Cognito)とセキュリティの話を読みたくて買った。
コスト見直しの話も載ってるんだけど、ウチではあんまり関係ないかも。 pic.twitter.com/lr6dY1Qy1B

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

#技術書典 戦利品。
YOMOYAMA Book Vol.1

GCPのBigQuery、AppEngine、Cloud Storageの本。GCPをそろそろ覚えようと思って。表紙がおしゃれだ。 pic.twitter.com/2Bk0jIDXne

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

てことで今回の #技術書典 6では総計24冊の本を手に入れた!(無料配布、電子版のみ含む)。ダウンロード版はスマホにも入れたし、ゆっくりじっくり読もう!
サークル、一般参加の皆様、運営の皆様、ありがとうございます、おつかれさまでした!

— YGGDRASILLSOFT (@yggdrasillsoft) 2019年4月14日

過去の雑談

share YGGDRASILL SOFTをシェア

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

更新履歴

calendar 2019.04.01

制作過程にドット絵ナニカを使った動画が公開されました。

calendar 2016.11.12

オンライン版ドット絵ナニカを公開しました。

機能はPC版と同じですが、スマホやタブレット上で動作します。アクセスはこちら
従来のPC版も、当面公開を続けます。

calendar 2016.03.25

ClipboardProcessorがマルウェアとして検知される可能性があるようです。

本サイト、または Vector から配布しているバイナリには改ざんがないことを確認しています。
いうまでもなく、意図的な攻撃コードは仕込んではいません。
ソースについて再確認しましたが、なんらかの危害を与えそうなコードは見つかりませんでした。

クリップボード監視のために次の Win32API を用いているため、キーロガーと誤認されている可能性があります。

これらのAPIで取得したクリップボードの情報が、利用者の意図に反してインターネット等に送信されることはありません
(そもそも ClipboardProcessor は通信の機能を持ちません)。
情報はメモリ上でのみ使用され、「CTRL+ALT+S」で意図的に保存する場合以外、ファイルに書き込むこともありません。

calendar 2015.06.15

ClipboardProcessorをバージョンアップしました(version 1.61)。

キューモードのふるまいを少し変更しました。
いままでは改行を区切りとしてキューに入れていましたが、改行とタブを区切りとするようにしました。
これにより、Excel で作った表をキューに読み込むのが簡単になりました。

calendar 2015.06.08

走るミクをバージョンアップしました(Ver 1.1.7.0)。
ダウンロードはこちら

ミクさんをつまんで動かせるようにしました。あと、リモートデスクトップから使ってるときに 画面描画がおかしくなる問題を解消しました。

calendar 2015.05.18

ソフトウェアがダウンロードできない問題を解消しました

ページの改修時に upload の設定誤ってスクリプトが動かないようになっていました。
ソフトウェア配布サイトでダウンロードできないなんて...すみませんでした。

calendar 2015.01.28

Markdown を HTML に変換するユーティリティ「gendoc」を更新しました
詳細はこちら

また自分のための修正です。H4, H5, H6 を同列に扱うようにしたり、readme直したり。

calendar 2015.01.14

Markdown を HTML に変換するユーティリティ「gendoc」を更新しました
詳細はこちら

スタイル変えたのと、上付、下付の許可など。自分のための修正です。

calendar 2014.08.10

ClipboardProcessorをバージョンアップしました(version 1.60)。

クリップボード履歴を参照し、再利用する機能を追加しました。こんな感じです。

cbp_historydemo.gif

calendar 2014.08.06

Markdown を HTML に変換するユーティリティ「gendoc」を公開しました
詳細はこちら

ちょっとしたマニュアル、メモ作りに。

calendar 2014.07.19

TOP PAGE だけリニューアル
デザインを変更しました。
徐々にすべてのコンテンツを同じテイストに変えていきたいです。

calendar 2014.07.13

ふるいソフトウェアの公開を終了しました。
MS-DOS専用ゲームなど、2001年以前のものを整理しました。

calendar 2014.01.05

走るミクをリリースしました(Ver 1.0.5.0)。
ダウンロードはこちら

初音ミクがデスクトップを駆け抜けます。
Windows 7, Vista, XP, Windows Server 2008 R2 で動作確認。

ミクのイラストはあっさむさん(Twitter)が描いてくれました!

calendar 2013.09.16

大連鎖チャンスあならいざあをリリースしました(Ver 1.01)。
ダウンロードはこちら、紹介とオンラインマニュアルはこちら

「ぷよぷよ!!クエスト」のだいれんさチャンスを自動で解くプログラムです。
キャプチャした画像を解析できるほか、パソコンに繋いだWebカメラから リアルタイムにゲームの画面を判定してこたえを出すことができます。

calendar 2013.05.07

ClipboardProcessorをバージョンアップしました。

クリップボードにある文章やファイルをプレビューする機能を追加しました。
あとキューモードのウィンドウがWindowsのテーマによってうまく表示されない問題を解消しました。



Copyright (c) 1994-2019 YGGDRASILL SOFT mail yggdrasill@mub.biglobe.ne.jp