HOME初心者のヨガ体験記 >  ヨガマットの選び方




ヨガマットの選び方




■ヨガマットの選び方

<1ヶ月後に欲しくなるヨガマット>


『人とは違ったヨガマットが欲しい…』


ヨガをはじめて1ヶ月以上、フローリングでヨガしてました。 想像できるかと思いますが、これってチョット痛いです(泣)  ゴリッとくるぶしや背骨があたり、ときにはズルッと滑ります。


最初は様子見ということで我慢してやってましたが、 テレビでヨガシーンが映るたびに必ずマットも映ってて…購買意欲が上がりました。


どうやらはじめて1〜2ヶ月でヨガマットを買う方は多いようです。 理由は私と同じようで…どうせこの先続けるなら早メに買ったほうが良いかもです。



ヨガマットランキング
ヨガマットランキングその2



今は1000円台で買えるヨガマットもだいぶ増えてきました。



<ヨガマットの選び方/ポイント>
ここではせっかくなので、もう少しヨガマットについて調べてみます。


思ってたよりヨガマットにはブランド品?があるようで、選び方にも5つほどポイントがありました。 これからヨガマットを買う方は参考にしてみてください。


■1.値段
■2.品質(すべらないか?)
■3.色、デザイン(人とは違うモノを…)
■4.厚さ、寸法(収納性 or クッション性?)
■5.におい


以下、詳しく見ていきます。


■1.値段

はじめたばかりなのでとりあえず一番安いものを…という方はこちら 私の知るかぎり最安です


また送料込みだとアマゾンが安いかもです。 レビューが60ヶを超えてるヨガマットが1つあります。



アマゾンのヨガマット



 ⇒ 値段を重視するなら“送料込みで1500円以下”が目安になると思います。



■2.品質(すべらないか?)


『ヨガマット → ナイキ』


私がヨガをはじめたとき、このようなイメージを持ってました。 というより、ヨガマットのブランドを全然知らなかったのですが、 ナイキのクチコミ評価を見ると『汗かくと滑る…』というのが結構見られました。 今ではそんなこともないようですが、やはり下調べは必要なようです。


というわけで。買ってから後悔したくない方…評価の高かったブランドは “prAna/プラナのマット”です。値段は少々張りますが、インストラクターの方たちも好んで使っているようでした。


しかしプラナのマットは現在日本で取り扱われていないようで… プラナの詳細はこちらで確認してみてください。



■3.色、デザイン:品揃えが豊富なブランドは?

続いてはやはり色/デザインが気になると思います。 やはりいろいろなラインナップの中から選びたいかと…できれば隣の方とは別のマットがうれしいです。


デザインについては“ヨガワークス”というブランドが一番ラインナップ豊富でした。 ウィンドウショッピングしてみると、鮮やかさなマットが並んでいます。 日本初のヨガグッズ専門店のようです。



日本初のヨガグッズ専門店。ヨガワークス
送料無料でヨガワークス。アマゾン



 ⇒ 色、デザインを重視したい方は、ヨガワークスで探してみてください。



■4.厚さ、寸法:収納性 or クッション性?


『身長よりも少し長いヨガマットを…』


私は最初このように思いましたが、長さに関してはあまり選択肢はないようです。 175cm前後のモノが多く、感想を見ても“長すぎず短すぎず十分”なようでした。



考えてみれば…めいいっぱい寝ながら背伸びするポーズってあまり無いかも。



で、どちらかというと長さよりも“マットの厚さ”が大事とあります。 マットは大きく分けて“薄いもの3mm”と“厚いもの6mm”です。


3mmのものはクルクル丸めたときに嵩張らなく、持ち運ぶときに便利です。 一方6mmマットは、よりクッション性がUp↑します。


というわけで。 スタジオ通いの人は3mmのマット、自宅の人は6mmのマット このような目安があるようです。 ただ3mmだとちょっぴり痛い…このような感想もよく目にしますので、 失敗が少ない選び方は6mmかナと思います。


ちなみに。最近は8mm、9mmのマットも出てました。



8mmのヨガマット
9mmのヨガマット



レビューを見て“8mmでも嵩張らない”と判断できれば…8mm、9mmでも良いかと思います。



■5.におい


『ゴム独特のにおいがする…』


ヨガマットの評価を見ていると、このような記述がときどきあります(特に安いマット)。 使ってるうちにニオイは無くなる&感じ方には個人差があるようですが、やはり…クサイのはイヤです(笑) 


なんかゴムくさい…子供に言われたらショックです。


というわけで。いろいろ書きましたが、ブランド別にまとめてみました。


※天然マット志向の方にはスリア、Jade、エコヨガ社のマットが良いようです。
ブランド
価格
品質
品揃え
厚さ
におい
特徴
プラナ 3、4mm インストラクターにも人気
スリア 3、4mm プラナより色が豊富
ヨガワークス 3、3.5、6mm マットの色がとにかく豊富
GAIAM 3、6mm アメリカ最大ロハス企業
Jade 3、5mm 天然素材です。
ナイキ ブランドの中では一番安い
エコヨガ 天然ゴム素材


品揃えは下記のショップが豊富です。ヨガマットの選び方も載ってますので参考にしてみてください。
ヨガマットの正しい選び方。スタイルデポ。


<ブランド別ヨガマット>
■プラナ(prAna)… プロもすすめる本格派。 ※現在プラナのマットは買えなくなってしまったようです。

・キャッチコピーは『しっかりしたグリップ力』 と『抜群のクッション性』
・スタジオで使っている人が多く、インストラクターにも人気。
・マット表面に空気を含んだ凹凸処理。すべり止め&流れた汗を逃がす。
・厚さ3mmでも厚手のマットと同等のクッション性。
・ただし値段は少々高め。



■スリア(Suria)…プラナと同様人気ブランドです。


・キャッチコピーは『インストラターの意見を元に生まれたマット』。
・求められる『厚さ』と『クッション』のベストなバランスを研究した成果だそうです。

   
スリアのマットはプラナよりもバリエーションが豊富です。



■ヨガワークス…  色、種類、価格が3拍子揃ったマットです。

・本場アメリカのパワーヨガプロダクトが上陸した日本初のヨガグッズ専門店。
・スタンダード、エコ仕様、グラディエーション仕様? とバリエーション豊富。
・エコ仕様:通常のヨガマットに含まれるPVC素材の含有量を限りなくゼロに近づけ、ビニール臭さをカット。 また、人体への安全性を厳しく審査したFDA(米国食品薬品局)の食品基準にも適合し、より肌にやさしく、 安全に、エコにやさしくなったマット。
・値段もお手頃です。

   

またヨガワークスのショップは買ってる人が多いのか 多くのレビュー/感想 を読むこともできます。参考にしてみてください。




■ガイアム(GAIAM)… アメリカの有名ブランド


・LOHASの生みの親とも言われるガイアム社のマット。ヨガ関連商品でみればアメリカ最大のブランド。




■Jadeハーモニー… ひとことでいうと“天然ゴムで地球にやさしいマット”

・ジェイドが会社名で、ハーモニーは商品名?  ・会社のHPを探しても見つかりませんでしたが、ジェイドの扱うマットは天然ゴムで有名です。




■NIKE

・初期のモノは滑りやすかったようです。
・リバーシブルタイプのものが新しく出たようで、それは滑らないと評判でした。

 



■Anandaエコヨガマット、ハガママガー、ワイラナ、マンドゥカ… 現在調べ中



マットの厚さは、持ち運びに関しては3mmが良さそうですが、 ポーズによっては多少痛いということなので…個人的には6mm以上のマットがおすすめです。



また最後に自宅派の方はこちら。 ヨガも流行りだしてからしばらく経ちますので、評価が定着しているモノがあります。




クチコミ評価の高いおすすめヨガDVDの比較
クチコミ170件以上の定番。綿本彰のパワーヨーガ



初心者用、チョト上級者用といろいろあるので参考にしてみてください。





↑ HOME   ← ターボセルとは ヨガスタータキット →

初心者のヨガ体験記ヨガマットの選び方ヨガウェア/ルルレモンおすすめヨガDVD