中土の駅舎のそばにある駅周辺の案内図
中土の駅舎
中土のホーム
中土の駅名標
 大糸線は松本〜南小谷間は電化区間であったが南小谷〜糸魚川間は非電化区間であり、さらに前者は管轄がJR東日本だった

のに対し後者はJR西日本へと管轄が変わる。ローカル線の同一線区内で管轄が変わるのは珍しいケースである。

 その大糸線の非電化区間で最初に到着するのが中土でJR西日本の管轄と言ってもまだ長野県内の駅である。中土の周辺は平

地があまりなく、山の斜面に民家が建っていて、見ていてスリリングな感じを受ける。これも学校の地理の授業で習ったフォッサマグ

ナと言う地溝帯が織りなした景観であると言えよう。

 駅舎は木造の駅舎であるが木目が新しく、最近立て替えられたと言った感じである。その駅舎の横にイラスト調で描かれた駅周辺

の案内図があり、かわいらしくて見やすい。

 駅には小谷温泉の宿の案内があり、この駅が小谷温泉の最寄り駅ではあるが、温泉へは駅からバスで30分と言う距離にある。

                                                                 (2002.11.29)


ホームに戻ります
路線名別のリストに戻ります 都道府県別のリストに戻ります 隣の北小谷に進む